« 二日目は醍醐寺へ | トップページ | クラブ内対抗戦 »

2013年12月 8日 (日)

電気毛布と不眠症 京都の最後は東寺

ここ20年以上

11月頃からから暖かくなる春先4月頃まで

毎年、電気毛布のお世話になっていましたが

今年はまだ押し入れにしまったままです。

暑かった今年の夏

よく走って

たくさん汗をかいて

今までで一番というほどハードに

テニスの練習をしました。

そのせいで多少筋肉が付いて

代謝がよくなったのかな~とも

思ったりしていますが・・・

足がポカポカしたままで目覚めると

朝からとてもうれしいですheart

昨年秋の同窓会旅行の折に

今まで横でしゃべっていた友達が

気が付くと

「スーsleepyスーsleepy

いつのまにか

気持ちよさそうに眠っています。

           (アジカンさんです)

「どうしてそんなにすぐに眠れるの?」

聞いたら

「お布団に入ると

    背中が沈む込むような感じがしてきて

 すぐに眠くなるよ」と話してくれました。

そんな感覚を経験したことがなかったので

旅行から帰って早速

少し硬めだった私のベッドの上に敷布団を敷き

少し柔らかめにしてみました。

なんとなく身体が沈む込む感覚(リラックスする感じ)が

わかるような気がしました。

丁度そのころ読んだ本にも

同じようなことが書いてあって

それからはわりとスムーズに眠れる日が増えてきました。

そして今年の冬

冷たいお布団に入っても

気が付けば

いつの間にか

足先まで温かくなっていて

夜中に目が覚めても

また自然に眠れる日が多くなりました。

よい睡眠がとれるようになり

相乗効果で

冷え性も改善されたのかもしれませんね。

よいアドヴァイスをくれたアジカンさんに感謝です。

遅くなりましたが「ありがとう」

さて京都の3日目

東寺の様子を少しだけ。

東寺も秋の特別公開の時期と重なり

普段は入ることのできない

観智院・宝物館・五重の塔の中に入ることができましたscissorshappy01

観智院は

徳川家康が宗教政策の中で

真言宗を学ぶための

大学の研究室のような場所だったということです。

P1290857

建物全体が簡素で清潔感にあふれ

ここで多くの若いお坊さんたちが

弘法大師が唐から持ち帰った教えを熱心に学んだのでしょう。

P1290862

「廊下からだと大丈夫ですよ」と許可をいただいて

廊下の向こうに見えるお月様が描かれた襖絵を写しました。

観智院本堂に置かれた

智慧の神様と言われる五大虚空蔵菩薩像

Scn_0015

(写真は観智院の栞より)

獅子・像・馬・孔雀・迦楼羅という鳥獣の上に

鎮座している珍しい仏様

この五つの仏様を拝むと

よい記憶力が得られるとのこと。

熱心にお詣りしてきました。

観智院客殿上段の床の間には

宮本武蔵が描いたという

「鷲の図」がありました。

Scn_0015_2

説明して下さった係りの方の話では

武蔵は敵の報復を避けるために

観智院に3年間身を隠していたと伝えられているそうで

床の間に描かれた「鷲の図」と

襖絵の「竹林の図」はその時に描かれたということでした。

宮本武蔵といえば巌流島や二刀流という

剣士のイメージしか知りませんでしたが

画家としても素晴らしい才能の持ち主だったのですね

新幹線の窓から見えた

東寺の五重塔

五重塔はどこもほとんどが非公開で

中に入ったことがありませんでしたが

今回は初めて初層と言われる1階部分を

拝観することができました。

P1290899

各層をつないでいる芯柱を大日如来として

南側に宝生如来坐像

西側に阿弥陀如来坐像

東側に阿閦(あしゅく)菩薩坐像

北側に不空成就如来菩薩坐像(下の絵葉書の如来さま)

の四尊の如来さまが囲み

その周りに八尊の菩薩さまが囲んでいました。

周りの壁や柱も

どんなに美しく豪華だっただろうと

想像される彩色が残っていました。

入口から入って仏様の周りをぐるりと回ると

出口になってしまうので

また引き返して

何度も行ったり来たりしながら

それほど見学の人も多くなく

ゆっくりと拝観することができました。

A

(北側に位置する不空成就如来菩薩坐像 写真は絵葉書です)

東寺の本堂である金堂では

薬師如来像と日光菩薩・月光菩薩

他にもたくさんの国宝の仏様を拝観しました。

毎月21日に開かれている

弘法市を覘いて

P1290916

少し時間があったので

東福寺へ向かいましたが

東福寺はさすがに紅葉のメッカ

あまりの人の多さに通天橋の紅葉を逆から眺めただけでパス

境内をブラブラと歩いて

Img_4669

最後に東福寺塔頭の一つである

龍吟庵の方丈・お庭

Img_4677




即宗院の庭園を見て京都駅に向かいました。

Img_4690

P1290972

今年の予定にはなかった今回の旅でしたが

美しい京都の紅葉は今でも心に残っています。

今年は「自分の入院でウィンブルドンに行けなかったから」と

京都の秋をプレゼントしてくれたオットに感謝です。

「ありがとう」

今日の歩数は19,273歩でした。







|

« 二日目は醍醐寺へ | トップページ | クラブ内対抗戦 »

旅行」カテゴリの記事

日々のできごと」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
昨日までの暖かさから一変、今日は、寒くてどんよりの空模様。今週は、寒さも本番、雪予報も出ていますね。


さて、私も例年湯たんぽを2ヶ使って、足とお腹を温めて寝ていますが、今年はまだでした。今日当たりから、使おうかなー(*^-^)
朝は、そのお湯が、丁度良い暖かさで、それを使って洗顔します。給湯器のお湯は、調節するまで時間がかかりますが、湯たんぽの残り湯は、丁度人肌で、油分も完全に取れるほどではなくて、肌に優しい温度で、何十年と気に入って使っています。


京都のお寺めぐり、今更ながら、ちさよさんのブログを観て、色々学んでいます。
今回もまた、歩数が多くてびっくりw(゚o゚)w
ご一緒しても、付いて行けないかも。。。


春のさくらの頃も、訪れてみたいですね。

投稿: kikko( w*=*w ) | 2013年12月 9日 (月) 09時54分

Kikkoさん、こんにちは~
今日は天気予報通り、お昼から雨でしたね。
今から寒くなるのでしょうね。
今日も朝9時から13時までテニスに行って
帰りは雨になりました。

Kikkoさんは湯たんぽ派だったんですね。
残りのお湯も使えていい方法ですね。
今はかわいい湯たんぽもたくさんお店に並んでいますね。
私もいつまで暖房具を使わずに寝られるかわかりませんが
できるだけ自分で温まるようにしたいと思っています。
電気毛布より湯たんぽの方が自然の温かさで
身体にもいいかもしれませんね。

京都で最後に行こうと思った東福寺は狭い道に観光バスが
たくさん並んで道路は観光客で溢れんばかりで
タクシーも通れないほどでしたがその他のところは
平日だったせいか思ったほどは込みませんでした。
お天気もよくてよい休日を過ごすことができました。

投稿: chisayobaaba | 2013年12月 9日 (月) 16時08分

chisayobaabaさん、こんにちは~♪
体が冷えるとなかなか眠れなくなったり、
朝目覚めても疲れがとれないような気がしますね。
私もベットにお布団を敷いて寝ていますが、
体が冷えたままで寝ると寝付けないことがあるので、
冬は体が温まった状態でベットに入るようにしています。
kikkoさんのコメントに湯たんぽのことが
書いてありましたが、子供のころ同じように
湯たんぽのお湯で顔を洗っていたので、懐かしかったです。

京都旅行は特別公開の多い、春や秋にするのが良いですね。
観智院や東寺はまだ訪ねたことがありませんので、
特に興味深く拝見しました。
宮本武蔵については巌流島と五輪書位しか知りません。
昔、武蔵ブームがあり、お正月など武蔵が主人公
の長編ドラマを夫がよく見ていたことを思い出します。
東福寺の紅葉も綺麗ですね。いつかまた行ってみたいと思います。

投稿: hiro | 2013年12月10日 (火) 14時55分

hiroさん、こんばんは~
食べられなくても何とか我慢できますが
寝られないと一日身体がきついですね。
今でもそれ程寝つきもよくはないのですが
以前に比べると随分良くなりました。
でも今でも夜中に目が覚めて本を読んで
1時間、2時間起きてることも多いです。

小さい頃から血行が悪かったようで小学校に
通っている頃は冬になると足にも手にも霜焼けが
たくさん出来て靴も履けないほどでしたthink
去年までは電気毛布に入って寝ていても
早朝には足が冷たくなっていたんですよ。
今年はできるだけ電気毛布のお世話にならずに
自力で発熱?したいと思っています。

私も京都の秋は初めてでしたが旅行前に
ネットで調べたら秋季特別公開というところが
結構ありました。
普段は入れない建物の中に入れるとうれしいですよね。
東寺の五重塔内の阿弥陀様群や塔内の壁や柱の彩色は
とても美しくて拝観できて本当によかったです。
東福寺は周りにある小さなお寺も紅葉がそれはきれいでした。

投稿: chisayobaaba | 2013年12月10日 (火) 20時12分

え~~!そんなこと言ったっけ?
確かに、今でもお布団に入ったら5分で眠りに入ります。
5分で眠られるのは、眠たくなるまで寝ない、ということもありますよ。
そして、5分かかるのは、ネコがお布団に入って来て、自分の寝る体制を作るまで、モシャモシャしているからです。
ご心配かけましたが、病院でも良く寝ましたよ。何は無くても眠る才能には恵まれているようです^^;
相変わらず、優しいご主人様ですね。
秋の京都は最高でしょう?良かったですね。

投稿: アジカン | 2013年12月11日 (水) 19時57分

こんばんは!
盛りだくさんの京都紅葉めぐりでしたね。
東福寺や東寺へも行かれたのですね。
ここも、素敵な仏さまが
勢ぞろいされてますから嬉しいですよね。
弘法市も面白いでしょ?
以前、お人形を習っていた頃
縮緬の古布や小物をさがしに
弘法市へ行ったことがあります。
賑やかですよね。

先日、主人が東福寺・永観堂
銀閣寺などを参拝し
紅葉を楽しんできたようです。


投稿: くぅくぅの母 | 2013年12月12日 (木) 00時01分

アジカンさん
元気になってよかったです。
たまにはゆっくり休みなさいということですね。

そうですよ。
覚えてないかもしれないけど本当に感謝してます。
今ではほとんど薬を飲まないで寝られるようになりました。
旅行に行ったりするときは薬はいると思うけど。
でも軽い薬なので気持ちの問題だけなのかもしれません。
ネコちゃん達と一緒に寝ると暖房はいらないですよね。
超~暖かそうですね。

先回の京都は一緒に行けなかったのでまたいつか
みんなで行きたいですね。

投稿: chisayobaaba | 2013年12月12日 (木) 17時14分

くぅくぅの母さん、こんばんは~
京都の秋はよい思い出がたくさん出来ました。
錦市場や町屋などまだまだ行きたいところが
たくさんあったのですが3日間なのでこれぐらいですね。
いい季節に行けてよかったです。

東寺の仏様群は本当にもうどこを見ても国宝ばかりで
すごかったです。
金堂の中ではしばらく仏様を眺めて時間を過ごしました。
弘法市は以前から行って見たかったので21日に東寺が
一番に決まりました。
弘法市も筥崎宮の骨董市とは違う雰囲気で楽しかったです。

永観堂の紅葉、とてもきれいでした。
お庭もきれいでみかえり観音様も拝観できて
多宝塔から見た西の空に沈む太陽も心に残りました。

投稿: chisayobaaba | 2013年12月12日 (木) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222685/54121270

この記事へのトラックバック一覧です: 電気毛布と不眠症 京都の最後は東寺:

« 二日目は醍醐寺へ | トップページ | クラブ内対抗戦 »