« 冬の花壇  | トップページ | 二日目は醍醐寺へ »

2013年11月24日 (日)

秋の京都 一日目は南禅寺へ

オットの同窓会に便乗して秋の京都に行って来ました。

/

/

一日目は日本の禅寺の中で

最も高い格式を誇るという南禅寺へ

P1290531

三門前の駐車場には観光バスの列

/

石川五右衛門の「絶景かな絶景かな・・・」で

有名な三門を入ると真っ赤な紅葉が目に入ってきました。

/

三門とは仏教の修行において悟りを開くまでに

通らなければならない三つの関門を表しているとか

P1290532

/

/

三門を通り抜け南禅寺方丈へ

方丈は広縁付入母屋造り杮葺き

内陣・御昼の間・鳴滝の間・鶴の間・西の間

柳の間などの部屋が続きます。

ご本尊は釈迦牟尼仏様

Img_4478

/

/

広縁の欄間彫刻

P1290464

/

/

方丈前に広がる

「虎の子渡しの庭」と呼ばれる小堀遠州作の庭園 

P1290501

/

/

広い本坊の中

六道庭・南禅寺垣のある中庭などが配置されています。

永徳・元信・探幽など狩野派の襖絵などを見ながら歩きました。

本坊は近世宮室建築ということです。

P1290492

/

/

南禅寺方丈・法堂(天井に竜の絵)を見て

南禅寺の境内をまたいでいる水路閣へ

P1290524

/

/

琵琶湖の水を京都北部の灌漑用水にするため

引かれた水路の一部

P1290515

/

/


この水路橋が境内を通過するために

煉瓦と花崗岩でデザインされて作られたとか

古い煉瓦の風合いと周りの木々とのマッチングが

とても素敵な水路橋でした。

P1290521

/

/

金地院(こんちいん)

水路橋から南禅寺塔頭の一つ金地院へ

P1290580

/

/

大業和尚が創建し

以心崇伝(金地院崇伝)が南禅寺内の

この地に移健した塔頭。

/

以心崇伝は徳川家康の側近として

日本の外交や寺社の政策にも携わり

江戸と京都を往復して

家康の絶大なる信頼を得て

江戸幕府創立の基礎を確立した名僧

/

/

方丈前に広がる

鶴島・亀島のある小堀遠州作の鶴亀庭園

P1290540

/

/

方丈奥にあるお茶室は

非公開だと思っていたのですが

秋の特別拝観の時期と重なり

京都三名席の一つとされている

八窓席のお茶室を拝見することができました。

Scn_0007

(写真は金地院の栞より)

/

/

小書院の襖絵

長谷川等伯の「猿猴捉月図」「老松」

Scn_0006

(写真は金地院の栞より)

/

お猿さんは近くで見ると

とても小さな筆で

体毛を細かく描いていました。

/

お猿さんの伸ばした手の先に見える月は

ほとんど消えかけていましたが

お月様であることはわかりました。

/

/

お茶室は中には入れませんでしたが

隣の部屋や窓から間近に見ることができ

係りの方の詳しいお話も聞くことができて

本当によかったです

/

/

方丈を出て

明智光秀が母の菩提のために大徳寺に

建てたものを金地院に移建したという

明智門の前を通り

P1290553

/

/


金地院東照宮へ

一面苔に覆われた美しいお庭でした。

P1290539

/

/

庭園内にある東照宮への鳥居を過ぎると

P1290557

 

/

/

以心崇伝が徳川家康の遺言により創建し

徳川家康の遺髪と念持仏が祀られている

金地院東照宮

 

京都に残る唯一の権現造り様式

小さいながら凛とした風格があり

とても立派な建物だったということが想像できます。

P1290560

 

/

/

東照宮内の天井絵は狩野探幽の鳴龍

土佐光起の三十六歌仙の額が飾られています。


P1290562

 

/

/

以心崇伝を祀っている開山堂


Img_4500

 

/

/

以心崇伝の像

P1290572

 

/

/

天授庵

大満足の金地院特別拝観を済ませ

南禅寺の開山塔 天授庵へ

//

天授庵書院から見る紅葉

額に入った絵のように美しい赤と黄色の紅葉でした。

本物ですから絵より更に美しかったです。

P1290610

 

/

/

本堂前庭

P1290601

 

書院南庭に行く小道

P1290632

 

書院南側池に映る紅葉

P1290624



“錦秋の京都”のキャッチフレーズが

大納得の天授庵でした。

 

/

/

永観堂

そろそろ日暮れが近づいてきましたが

もう少し歩いて永観堂へ

P1290641

 

/

/

永観堂の紅葉も

こぼれそうなほどきれいでした。

P1290672

P1290692

 

/

/

ご本尊の見返り阿弥陀が祀られている阿弥陀堂

P1290663

 

/

/


阿弥陀堂で念佛行に励んでいた

永観律師(ようかんりっし)の前に現れた仏様に

永観律師が驚いて足を止めると

阿弥陀様が「永観、遅し」と振り返り

永観の眼を見つめられ励まされたという

首を左にかしげ振り向いている珍しい仏様です。

Scn_0009_2

(写真は永観堂栞より)

私が見たみかえり阿弥陀様は

修復がされてピカピカになっていましたcatface

/

/

阿弥陀堂を過ぎ多宝塔まで上ると

京都の街並みが一望できました。

ちょうど太陽が西の空に沈むところでした。

P1290679

 

/

/

多宝塔を下る道も美しい庭が続いています。

P1290705

 

/

/

緑・黄色・オレンジ・赤

自然の美しさに紅葉酔いしそうでした。

P1290674

 

/

/

園内にある葉先が三つに分かれている

珍しい三鈷(さんこ)の松の松葉を売店でいただきました。

P1290708

/

三鈷とは「智慧」「慈悲」「まごころ」を表すそうで

この松葉を持っていると三つの福が授かるそうです。

大事にしなくっちゃ。

P1290980

 

/

今日の歩数は19273歩でした。

明日は醍醐寺へ

/

/

/

|

« 冬の花壇  | トップページ | 二日目は醍醐寺へ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

chisayobaabaさん、こんばんは!
紅葉真っ盛りmaplemaple
どこもとてもきれいですね。
ちょうどいい時に行かれましたね。

わたしは19日~21日
福岡旅行してまして
20日は筥崎宮へお参りしました。
chisayobaabaさんのお宅は
この辺りかしら・・なんて思いながら・・。

醍醐寺編のブログを楽しみにしています。

投稿: くぅくぅの母 | 2013年11月24日 (日) 23時16分

くぅくぅの母さん、おはようございます。
福岡に来られていたのですね。
私も京都を歩きながらくぅくぅの母さんも
京都のどこかで同じ紅葉を楽しんでいらっしゃる
のではと思ったりしていました。
筥崎宮、我が家から徒歩10分です。
私も19日~21日が京都でした。

くぅくぅの母さんにはお馴染みのところばかりだと
思いますが秋の京都は初めてだったので
天授庵や永観堂の紅葉の美しさは感動ものでした。

投稿: chisayobaaba | 2013年11月25日 (月) 08時46分

おはようございます。
先週の英語、欠席だったのは、京都旅行だったのですね。


秋の京都、何処へ出かけても、美しいですね、趣があって、さすがに古都、そして秋ですものね。
実は、先月末に京都に行ってきたのですが、その時は、まだ紅葉には少し早すぎて。。。
でも、南禅寺は行ってきました。三門の上に上がり、京都市内を一望しましたが、生憎雨が酷くなってきたので、奥までの散策は出来ませんでした。錦市場や夜バスツアーで、ライトアップされた寺社の眺めは、格別でした。
上賀茂神社や、美術館、資料館めぐりをしてきました。日本画の竹内栖鳳展がすばらしかったです。
京都大学へも行き、同志社大学の煉瓦の後者も観てきました。


京都は、何度も訪れたい場所の一つですね。


次回のブログの更新も楽しみにしています。

投稿: kikko( w*=*w ) | 2013年11月25日 (月) 10時05分

Kikkoさん、こんにちは~
英語は休みたくなかったのですがちょうど
重なってしまいました。

Kikkoさんも先月、京都だったんですね。
京都大学や同志社大学に行ったんですか?
古い建物は素敵だったでしょう。
京都は美術館、博物館、お買い物、古い町屋など
見たいところばかりですが主人と一緒なので
お寺巡りばかりでしたが初めての京都の秋を
楽しむことができました。
福岡の“はやかけん”が地下鉄やJRでも使えて
とても便利でした。
いつか一緒に行けるといいですね。

投稿: chisayobaaba | 2013年11月25日 (月) 15時55分

chisayobaabaさん、こんばんは~♪
わぁ~、京都にいらっしゃったのですね。
今年の秋のJR東海のCMは南禅寺・天授庵の紅葉ですが、
良い時期に行かれましたね。
京都は娘の大学卒業記念に、娘と一緒に行ったのが最後です。
銀閣寺から哲学の道経由で南禅寺まで歩きました。
3月だったので、お寺はゆっくり見ることができましたが、
やはり紅葉のころは良いですね。
ブログを拝見しているうちに、忘れかけていた記憶が
一気によみがえりました。
八窓席のお茶室と金地院東照宮は記憶にないので、
多分行っていないと思います。
天授庵の紅葉は上品で優しく、素晴らしいですね。
特に書院から見る紅葉は素晴らしく、じっと魅入ってしまいました。
永観堂の紅葉も素晴らしいですね。
私が行った時は拝観することができなかったのですが、
このように美しい阿弥陀如来像があったのですね。
いつかぜひ行ってみたいです。
19273歩、良く歩かれましたね。
私も3日間よく歩き、指の間やかかとに水ぶくれが
できてしまいました。次回も楽しみにしています。

投稿: hiro | 2013年11月27日 (水) 19時41分

hiroさん、こんにちは~
今日は英語の日でした。英語の日は地下鉄で
天神まで出かけるのですがとても寒い一日でした。

京都は3日間ともお天気が良くてウールのコートで
ちょうどいいくらいでした。
JR東海のCM 私も見ましたが天授庵の紅葉
お天気が良かったせいもあると思いますが
あのCMよりもっときれいでしたよ。
特に書院側のお庭の紅葉がため息が出るほど
きれいでした。

hiroさんのお嬢さん、京都の大学に行かれたのですね。
京都で学生時代を送られたなんて羨ましいです。
私は京都の私立の大学を受験しましたが敢無く
沈んでしまいました。
京都で学生時代を過ごしたかったです。

金地院の東照宮は庭のかなり奥の方にありました。
今度の京都行は事前にチェックを入れてから
出かけたのでかなり中身の濃いものになりました。
八窓席のお茶室は見られないとあきらめていたのに
時間もちょうど間に合って運よく拝見することができて
とてもラッキーでした。

永観堂も紅葉の木が多くてお庭がきれいでした。
みかえり阿弥陀様は修復されてピカピカになっていましたが
とてもやさしい顔の阿弥陀様でした。

京都は行きたいところがたくさんありすぎて
困りますね。

投稿: chisayobaaba | 2013年11月28日 (木) 16時39分

調べたら、2009年12月始めに哲学の道、法然院、永観堂、高台寺など廻っていますが、
やはり紅葉が素晴らしかったと記憶しています。
皆の集合顔写真が無いので残念ですが。

良い時期にオットさんの同窓会があって良かったですね。

投稿: アジカン | 2013年12月11日 (水) 20時52分

アジカンさん
2009年は博史のところの3番目が生まれる時期と重なって
一緒に旅行に行けませんでした。
その時生まれた織花が先日4歳になりました。
早いですね。
主人の同窓会に一緒に行く予定は全然なくて
たまには一人でのんびりしようと思っていたのですが
「そうだ、あの時も参加できなかったし・・・」と思い直して
くっついていくことにしました。
次の旅行はいつ?どこですかね?

投稿: chisayobaaba | 2013年12月12日 (木) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222685/54026330

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の京都 一日目は南禅寺へ:

« 冬の花壇  | トップページ | 二日目は醍醐寺へ »