« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月29日 (金)

二日目は醍醐寺へ

京都は行きたいところばかりで・・・ catface

さんざん迷った挙句

2日目は醍醐寺へ

今日は山にも登ります。

お天気もよさそう happy01

京都駅の大きなガラス壁面に

京都タワーと秋晴れの雲がくっきりと映っていました。

Img_4576_2

醍醐寺は境内がとても広く

山岳信仰の霊山であった醍醐山の山上に

まず開山堂・薬師堂・五大堂などが建立され

その後

山下に釈迦堂、五重塔などが次々に建てられたそうです。

Scn_0010_2

まずは醍醐寺の塔頭(たっちゅう)の一つであり

豊臣秀吉が慶長3年に再建したという

三宝院から

①玄関

(写真はここまでしか写せませんでした)

P1290723

今回の京都行きで

最も見たかった建物の一つなのですが

残念なことに

邸内はもとよりお庭も撮影禁止でした coldsweats02sweat02sweat02

F15210_3

 

お庭は写しても紅葉も松も枯れないと思うんだけど

金箔も貼ってないんだから・・・ね bearing

本当に残念でした。

気を取り直して

①玄関から

②「葵の間」・③「秋草の間」・④「勅使の間」と続き

是非見たかった⑥表書院です

Scn_0012_2
Sanbo_061a

(写真は三宝院の栞より)

上の写真 手前から奥に

三つの部屋が続いていて

一番手前のお部屋「下段の間(26畳)」は

別名「揚舞台の間」と呼ばれ

畳を上げると能舞台になっていて

豊臣秀吉が奥に見える一段高い「上段の間」から

能楽や狂言を鑑賞していたそうです。

秀吉の権力・威光がどれほどのものだったか

見当もつきません。

三宝院表書院前に広がる

桃山時代を代表するこれも秀吉設計の庭園

Sanbo_011

(写真は三宝院の栞より)

この写真の両サイドには

まだまだ庭が広がり

池の左端にはお茶室 枕流亭が建っています。

秀吉がこの書院から

日々庭を満足げに眺めていたのだろうと思いました。

表書院には案内の方が数名いらっしゃって

詳しいお話を聞くことができました。

三宝院の後は上醍醐に向かいました。

上醍醐の入口でチケットを買っていると

チケット売り場のお坊さんから

「上醍醐までは1時間半ほどかかりますよ」

言われました。

本には1時間と書いてあったのですが

年寄夫婦なので心配してくださったのでしょう。

登れなかったら途中で引き返します」

答えて出発しました。                   12時13分

P1290748

 

歩き始めるとすぐにかなり急な坂道が始まりました。

P1290757

30分も歩くと暑くなってコートを脱ぎました。

Img_4593_2

しばらく歩くと五丁と書かれた石柱がありました。

山の頂上は10合目と思っていたので

「な~んだ もう半分来たんだ」と喜んだんですが

とんだ勘違いでした。

Img_4594

上から降りてきた人に尋ねると

「まだまだですよ~」

「もうしばらく行くちょっと広いところに出るので

 それからまた20分位です」と言われました。

久しぶりの山歩き、汗をかきながら登って行くと

やっと上醍醐寺務所の門が見えてきました。

この門からはるか下に寺務所の大きな建物がありました。

寺務所門の横の参道を行くと

P1290761

すぐに最後の石柱 19丁がありました。

ここまで1時間弱でした。

Img_4603

参道に沿って登って行くと

国宝の薬師堂

P1290765

上醍醐で一番大きい建物

開山堂

内陣には醍醐寺を開山した聖宝・理源大師が祀られている

P1290771




如意輪堂

如意輪観音・毘沙門天・吉祥天が祀られている

P1290772




五大明王が祀られている五大堂

明王さまといえば災難除けの仏様です。

今でも災難除けの祈願が行われていて

お詣りする人も多いそうです。

P1290768

清龍宮本殿

醍醐寺の総鎮守清龍権現を祀る美しい鎮守社

熱心に祈っている女性を一人見かけました。

P1290780

清龍宮拝殿

P1290786

清龍宮拝殿前の紅葉は

燃えるように赤く染まって

上醍醐で一番きれいな紅葉でした。

P1290784

醍醐水  

今も醍醐水と呼ばれる霊水が湧き出ている場所

ここが醍醐寺発祥の地と言われているそうです。

冷たくておいしいお水でした。

P1290787

山道を登りながら

「京都まで来て、なんで登山?」

ふと・・・思いましたが

数々のりっぱなお堂が

長い歴史を経て美しい姿をそのまま残し

まさに霊山の空気が漂う上醍醐

登ってよかったですhappy01

明日はきっと筋肉痛だと思います。

少し薄暗くなった帰り道

まだまだこれから登って行く人に

何人かすれ違いました。

Img_4641

下山したのは14時58分

山をゆっくり歩いてお堂を巡って

ちょっとおにぎりも食べて

往復3時間でした。

オットの同窓会の時間がせまってきて

下醍醐は駆け足で周りました。

通称女人寺と言われる

成身院(じょうしんいん)

上醍醐に登れない女性が

ここから山に向かって祈ったそうです。

P1290810

池のほとりに建つ弁天堂

音楽や学芸や知識の女神である

弁財天が祀られているそうで

孫たちのことをお願いしました。

P1290817

朱塗りの建物と

池に映る紅葉きれいでした。

P1290812

最後に

醍醐天皇のご冥福を祈るために

朱雀天皇が起工

村上天皇の時代(951年)に完成したという

京都で一番古い建造物と言われている

五重塔を見て醍醐寺を後にしました。

Img_4584

 

ここからオットは同窓会へ

私は一人で夜の高台寺へ

京都駅から

ギュウギュウのバスに乗って

高台寺へ

高台寺にはライトアップを待つ

長~い列ができていました。

あまりの長さに

一瞬ホテルに帰ろうかなと思いましたが

紅葉のライトアップは初めてだし

せっかく来たのだからと列に加わりました。

P1290826

庭園のもみじ

~幻想的です~

あちこちで「き~れ・い・・・~」とため息が聞こえます。

P1290829

鏡のような池にくっきりと映った紅葉

P1290833

秀吉とねねを祀っている

霊屋(おたまや)

P1290836

厨子内の蒔絵を施した華麗な須弥壇

Scn_0013

仕事を始めて数年後に

建築を習った先生や学友たちと一緒に

高台寺を訪れ

一番心に残っている場所です。

 


紅葉の庭に突如現れた

孟宗竹のライトアップ

とてもインパクトがありました。

美しかったです。

P1290841

 

開山堂

秀吉の船の屋根の部分と

ねねの御所車の屋根の部分を残して

使ったという開山堂の天井も

忘れずにしっかり目に留めてきました。

思っていたよりずっと広くて立派な天井でした。

今日も一日よく歩きました。

ホテルに帰ってお風呂に入り足をう~んと伸ばすと

足の裏がジンジンしびれるようでした。

歩数は29,619歩でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

秋の京都 一日目は南禅寺へ

オットの同窓会に便乗して秋の京都に行って来ました。

/

/

一日目は日本の禅寺の中で

最も高い格式を誇るという南禅寺へ

P1290531

三門前の駐車場には観光バスの列

/

石川五右衛門の「絶景かな絶景かな・・・」で

有名な三門を入ると真っ赤な紅葉が目に入ってきました。

/

三門とは仏教の修行において悟りを開くまでに

通らなければならない三つの関門を表しているとか

P1290532

/

/

三門を通り抜け南禅寺方丈へ

方丈は広縁付入母屋造り杮葺き

内陣・御昼の間・鳴滝の間・鶴の間・西の間

柳の間などの部屋が続きます。

ご本尊は釈迦牟尼仏様

Img_4478

/

/

広縁の欄間彫刻

P1290464

/

/

方丈前に広がる

「虎の子渡しの庭」と呼ばれる小堀遠州作の庭園 

P1290501

/

/

広い本坊の中

六道庭・南禅寺垣のある中庭などが配置されています。

永徳・元信・探幽など狩野派の襖絵などを見ながら歩きました。

本坊は近世宮室建築ということです。

P1290492

/

/

南禅寺方丈・法堂(天井に竜の絵)を見て

南禅寺の境内をまたいでいる水路閣へ

P1290524

/

/

琵琶湖の水を京都北部の灌漑用水にするため

引かれた水路の一部

P1290515

/

/


この水路橋が境内を通過するために

煉瓦と花崗岩でデザインされて作られたとか

古い煉瓦の風合いと周りの木々とのマッチングが

とても素敵な水路橋でした。

P1290521

/

/

金地院(こんちいん)

水路橋から南禅寺塔頭の一つ金地院へ

P1290580

/

/

大業和尚が創建し

以心崇伝(金地院崇伝)が南禅寺内の

この地に移健した塔頭。

/

以心崇伝は徳川家康の側近として

日本の外交や寺社の政策にも携わり

江戸と京都を往復して

家康の絶大なる信頼を得て

江戸幕府創立の基礎を確立した名僧

/

/

方丈前に広がる

鶴島・亀島のある小堀遠州作の鶴亀庭園

P1290540

/

/

方丈奥にあるお茶室は

非公開だと思っていたのですが

秋の特別拝観の時期と重なり

京都三名席の一つとされている

八窓席のお茶室を拝見することができました。

Scn_0007

(写真は金地院の栞より)

/

/

小書院の襖絵

長谷川等伯の「猿猴捉月図」「老松」

Scn_0006

(写真は金地院の栞より)

/

お猿さんは近くで見ると

とても小さな筆で

体毛を細かく描いていました。

/

お猿さんの伸ばした手の先に見える月は

ほとんど消えかけていましたが

お月様であることはわかりました。

/

/

お茶室は中には入れませんでしたが

隣の部屋や窓から間近に見ることができ

係りの方の詳しいお話も聞くことができて

本当によかったです

/

/

方丈を出て

明智光秀が母の菩提のために大徳寺に

建てたものを金地院に移建したという

明智門の前を通り

P1290553

/

/


金地院東照宮へ

一面苔に覆われた美しいお庭でした。

P1290539

/

/

庭園内にある東照宮への鳥居を過ぎると

P1290557

 

/

/

以心崇伝が徳川家康の遺言により創建し

徳川家康の遺髪と念持仏が祀られている

金地院東照宮

 

京都に残る唯一の権現造り様式

小さいながら凛とした風格があり

とても立派な建物だったということが想像できます。

P1290560

 

/

/

東照宮内の天井絵は狩野探幽の鳴龍

土佐光起の三十六歌仙の額が飾られています。


P1290562

 

/

/

以心崇伝を祀っている開山堂


Img_4500

 

/

/

以心崇伝の像

P1290572

 

/

/

天授庵

大満足の金地院特別拝観を済ませ

南禅寺の開山塔 天授庵へ

//

天授庵書院から見る紅葉

額に入った絵のように美しい赤と黄色の紅葉でした。

本物ですから絵より更に美しかったです。

P1290610

 

/

/

本堂前庭

P1290601

 

書院南庭に行く小道

P1290632

 

書院南側池に映る紅葉

P1290624



“錦秋の京都”のキャッチフレーズが

大納得の天授庵でした。

 

/

/

永観堂

そろそろ日暮れが近づいてきましたが

もう少し歩いて永観堂へ

P1290641

 

/

/

永観堂の紅葉も

こぼれそうなほどきれいでした。

P1290672

P1290692

 

/

/

ご本尊の見返り阿弥陀が祀られている阿弥陀堂

P1290663

 

/

/


阿弥陀堂で念佛行に励んでいた

永観律師(ようかんりっし)の前に現れた仏様に

永観律師が驚いて足を止めると

阿弥陀様が「永観、遅し」と振り返り

永観の眼を見つめられ励まされたという

首を左にかしげ振り向いている珍しい仏様です。

Scn_0009_2

(写真は永観堂栞より)

私が見たみかえり阿弥陀様は

修復がされてピカピカになっていましたcatface

/

/

阿弥陀堂を過ぎ多宝塔まで上ると

京都の街並みが一望できました。

ちょうど太陽が西の空に沈むところでした。

P1290679

 

/

/

多宝塔を下る道も美しい庭が続いています。

P1290705

 

/

/

緑・黄色・オレンジ・赤

自然の美しさに紅葉酔いしそうでした。

P1290674

 

/

/

園内にある葉先が三つに分かれている

珍しい三鈷(さんこ)の松の松葉を売店でいただきました。

P1290708

/

三鈷とは「智慧」「慈悲」「まごころ」を表すそうで

この松葉を持っていると三つの福が授かるそうです。

大事にしなくっちゃ。

P1290980

 

/

今日の歩数は19273歩でした。

明日は醍醐寺へ

/

/

/

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

冬の花壇 

夏の間、テニスコートに行く楽しみを増やしてくれた

“ウッチーズの花壇”

P1280838

お花がきれいに抜かれて元の状態に

Img_4439

そしてまた新しいネーミングボードが立ちました。

お世話するグループもずいぶん増えて

20チームほどあるそうで

公園のあちこちに新しい花壇ができていました。

“ウッチーズの花壇”

今度は2チームのグループがチューリップを植えていました。

Img_4442

新しい“ウッチーズの花壇”はここです。

           ↓

少し細長い花壇に

今度はアネモネを植えました。

P1290410_2

春にはこんなにきれいなお花がさいてくれるかな~heart

Main_00000000300a

夏の間

全く咲かなかった我が家の朝顔

涼しくなってから咲き始めて

今朝もこんなにたくさんの花を咲かせてくれました。

なんだか寒そうでかわいそうな気もしますが

必ず明日の蕾が付いているので

未だにちょっと寒げな

グリーンカーテンになっています。

Resized1_16

。°。°。°。°。°。°。°。°。°。゜ 。°。°。°。°。°

週末はブルガリアから来日した

“ソフィア・ゾリステン弦楽オーケストラ”

公演に行って来ました。

Scn_0002a_3

会場で求めたブログラムに

「名曲の花束」と名付けられたコンサートツアーについて

というコメントがありました。

ブルガリアには

「多様性の中の一体感、一体感の中の多様性」という

哲学的な言葉があります。

皆さんが目の前の花束を見るとその表現が

とてもよくわかると思います。

山の花・草原の花・控えめな花・派手な花と

どの花も全く違うのに一つに合わさると

唯一無二の花束になるように

この「名曲の花束」のブログラムも

様々な国の作曲家による、色とりどりの

美しい音楽作品が盛り込まれています。

ということで

その日の前半の演奏曲目は

バッハ : G線上のアリア

ドヴォルザーク : ユーモレスク

パッヘルベル : カノン

チャイコフスキー : 弦楽セレナード~第2楽章ワルツ

アイルランド民謡 : 庭の千草

バッハ : 幻想曲

など10曲余り

やさしく耳に慣れ親しんだ曲ばかり

まさに

「名曲の花束」でした。

Scn_0004

メンバーは

ヴァイオリン:8名

ヴィオラ:3名

チェロ:2名

コントラバス:1名

指揮者はプラメン・デュロフ

指揮者のプラメン・デュロフさんは

カノンや後半の演奏曲“ヴィバルディの四季”では

チェンバロを伴奏

ピアノの伴奏とはひと味違う

軽やかな雰囲気を感じさせてくれました。

A_2

そして

クライスラー : 愛の喜び

シューベルト : アヴェ・マリア

サラサーテ : ツィゴイネルワイゼン

ヴィバルディ : 四季

ではソリストのミラ・ゲオルギエヴァさんが登場です。

ミラ・ゲオルギエヴァさん

なんと9歳のころから

ソフィア・ゾリステンと共演を重ねているそうで

まさに家族のような存在なのでしょう。

シンプルな紺のドレスでほとんど化粧っけもなく

まるで学生さんのよう。

心に染みる素晴らしい演奏でした。

~スタンダードを彩り豊かに紡ぐソフィア・ゾリステン~

プログラムの最初にあるフレーズですが

そのフレーズに続いて

スタンダードとは

という解説がありました。

まず曲が作られて

誰かが演奏し始め

そして5年、10年、50年、100年と

歳月を重ねても

多くの人に愛し続けられている曲

作曲者が作品の背後にそっと隠れてしまうような

聞かれることを強要しないで

静かに聞かれることを待っている音楽

とでもいったらいいでしょうか

クラッシックに限らず

私たちの心にいつまでも

そしていつでも

寄り添ってくれる

スタンダードな音楽

“ソフィア・ゾリステン弦楽オーケストラ”

「名曲の花束」

まさにそんな演奏会でした。

そして

アンコールの最後の曲は

「故郷」

ヴァイオリンの美しい旋律

♪♪うさぎ追いし~  ♪のメロディが流れてくると

どこからともなくさざ波のように拍手が・・・

余韻がいつまでも心を揺さぶってくれる

中身の濃い演奏会でした(* ̄ー ̄*) 

“ソフィア・ゾリステン弦楽オーケストラ”

またの来日公演を楽しみに待ちたいと思いますconfident ribbon







| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

健康診断で・・・

8月の終わりに受けた健康診断

検査からひと月も過ぎ

10月になって結果が送られてきました。

結果は

心電図検査 異常あり 要精密検査(高度除脈・左心室高電位)

胃部 異常所見 要内視鏡検査(ポリープ疑い)

胸部X線検査 要再検査(心拡大)

血圧にも異常があります。

血液検査も再検査の必要がありますと

何とも悲しい結果でした coldsweats02sweat02

もっと早く送ってくれればいいのにと思いながら

10月18日にオットのかかりつけの医院で

胃カメラ・X線・腹部エコー・心電図・尿検査・血液検査など

一連の再検査を受けました。

再検査後の先生のお話では

「今日の検査ではそれほど悪い症状は見られませんが」

ということで少し安心しました。

問題の心臓の方は循環器の先生の受診日の予約が

少し先になりますということで

昨日心臓のエコー検査を受けてきました。

こちらも

「心臓が通常より少々大きいですがsign01心配するようなことはありません」

というお話で

胃にはポリープもなく血圧も正常の範囲

昨年引っかかった血液検査も数値が上がって

特に問題はないということで

念のため半年後にもう一度検査を受けることになりました。

再検査で受診した胃カメラ検査では

「ピロリ菌」が見つかり

駆除のお薬を1週間飲みました。

除菌結果はひと月後です。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍・胃がんなども

「ピロリ菌」がかかわっていることが多く

40代以上では7割が感染しているそうです。

「ピロリ菌」の検査料はとても高いと聞きますので

胃カメラ検査で「ピロリ菌」見つかったのはラッキーでしたねと

先生もおっしゃっていました。

ひと月以上もかかって送られてきた

悲惨な検査結果を見た時は

心臓手術をしたりテニスもできなくなるかも・・・と

落ち着かない日々で少々落ち込みましたが

やっとスッキリ 心が晴れました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。°。゜。°。°。°。

少し前になりますが

中村紘子さんのトーク&コンサートに行って来ました。

写真通りのとてもきれいな方でしたよ。

Scn_0001a

ピアノも迫力があるタッチで引き込まれましたが

クラッシックがちょっと身近に感じられる

切れ目なく続くトークがとても面白かったです。

ご自分のピアノの経験や有名な曲や作曲家に

まつわるエピソードなどもまじえながら

その時代の世界の情勢なども含めて

情報量の多さに

話はあっちこっちに飛びましたが

それがまたとても楽しかったです。

圧巻だったのは

最後の曲

ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」

「小人」「古城」「テュイルリー」「牛車」

「二人のユダヤ人、太ったのとやせたの」など

10曲の組曲の一つひとつの情景を

ピアノを弾きながら

延々と楽しそうに解説して下さり

終わったところでにこやかに

「それでは通して演奏します。」

プロムナードをはさみながらの

「展覧会の絵」

一気に45分間の超ロングバージョンでしたhappy01

お話を聞いた後の演奏は

「今、太ったユダヤじんとやせたユダヤ人が話してるんだ」

などの情景が次々に浮かんできて

曲の流れがとてもよくわかり

一味違った中身の濃いコンサートを楽しめました。

その日は夜にも

年に2回集っている恒例のテニス仲間との

ナイターゲームに参加する予定があり

後ろ髪をひかれる思いで

アンコールも聞かずに会場を飛び出しました。

渋滞にも巻き込まれて

1時間以上も遅刻してしまいましたが

30年以上も続くテニスの仲間との

テニスやおしゃべり

みんな歳を取り

「脚が痛い」「腰が痛い」と言いながらも

みんな元気でボールを追いかけ

特別な楽しい時間を過ごすことができました。

身体に気を付けて元気でまた会いましょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »