« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月20日 (金)

放生会(ほうじょうや)

9月18日

12日から始まった筥崎宮の秋の大祭

放生会(ほうじょうや)が終わりました。

放生会 最初の日

9月12日は平日にもかかわらず

買い物の途中に通りかかった参道はすごい人出でした。

P1280711

放生会は

「万物の生命を慈しみ、殺生を戒める」神事とされ

実りの秋を迎え

すべての自然の恵みに感謝するという

1000年以上前から続くお祭りです。

そして今年は2年に一度のお神幸行列が挙行される年です。

9月12日午後6時

参道からつづく商店街に

ご神幸行列の到着を知らせる「鐘」

P1280769

「太鼓」の音が聞こえてきました。

P1280805




続いて

伶人(れいじん)と呼ばれる樂人たちが奏でる

笙(しょう)・龍笛(りゅうてき)・篳篥(ひちりき)の

雅楽の音が聞こえてきます。

なんとも優美な響きです。

P1280743

筥崎宮の御神霊を乗せ

氏子地域を守っているとされる

一ノ戸・二ノ戸・三ノ戸と呼ばれている

お神輿は3基

あまり大きくはありませんがとても美しいお神輿です。

P1280751

12日に御下りがあり

14日に御上り行列を済ませた御神輿

お祭りの間は他のお道具と共に筥崎宮境内に飾られています。

P1280891

神馬と呼ばれる馬に乗って

ご神幸行列と共に進む神職

馬の数は全部で5頭ほど。

P1280793

行列を構成するご神具たち

左 菅指羽(すげのさしは)

右 紫指羽(むらさきのさしは)

P1280763

白高張提灯

P1280736

絹傘

P1280792

他にも鉾・弓・太刀などの武具も行列に並んでいました。

お賽銭箱をかついで歩くのは

いつも中学生くらいの男の子たちです。

お賽銭を入れると

賽銭箱を大きく上下に振って

お賽銭の音を大きく響かせてお礼をしてくれます。

P1280785

行列の最後にはこんなかわいいお稚児さんたちも

Panelimg

18時に本宮を出発した

ご神幸行列御下りは

参道に続く商店街を抜け

箱崎・吉塚・千代などの街並みを

4時間をかけて練り歩きます。

P1280719

9月18日

1週間続いた放生会も今日が最後です。

2時からは稚児行列がありました。

澄み渡った空に

秋の気配が感じられる筥崎宮の境内

雅楽の雅な音が奏でられる後ろを

P1280871

可愛いお稚児さんの行列が続きます。

P1280872

本殿まで歩いて

筥崎宮史さんのお祓いを受けたあと

準備された金魚を境内の池に放ちます。

P1280896.

金魚のポットを1つずつもらった子供たち

筥崎宮内の池に「ほうじょう~」と叫んで

金魚を放ちました。

P1280901

次は舞台に上がって

舞台に据えられた鳩の箱を開け

ここでも大きな声で

ほうじょう~」と叫んで鳩を空へ放ちました。

P1280906

周りで見ている私たちにも風船が手渡され

鳩が飛ぶのに合わせて

私も

子供たち・孫たちの健康を祈りながら

ほうじょう~」と大きな声を出しながら風船を離しました。

P1280909

放生会名物と言えば

繊細なガラスで作られた

博多チャンポンです。

管の先から息を吹き込むと

「チャン」「ポン」と音がします。

P1280877

次が放生会おはじき

直径2センチほどの土でできたおはじきです。

毎年テーマが決められて

博多人形師の方々が博多人形を作るのと同じ手順で

手作りするそうです。

P1280879

そして新生姜

「放生会に詣りました」という記念に

買って帰る人が多いらしいです。

境内にもたくさんの新生姜を売るお店が出ていました。

P1280913

お料理上手なhiroさんのブログにあった

「生姜と椎茸の佃煮」を作ってみようと

私も新生姜を買ってきました。

P1280915

hiroさんのブログです。

生姜は300グラムほど

P1280917

hiroさんのブログでは小女子でしたが

冷凍室にあった縮緬雑魚を入れました。

後は椎茸と昆布

P1280919

薄く切った生姜に薄く塩をして30分程おいて

2度ほど煮こぼしました

P1280920

椎茸のだし汁が300ccほど

お醤油・お砂糖を同量に

お酢とみりんをお醤油・お砂糖の1/3ほど入れて

ぐつぐつ汁気がなくなるまで煮詰めて

最後に去年の夏から冷凍してあった山椒を

「もう香りがしないかな~」と思いつつ加えてみました。

P1280921



「わっ!!おいしい~;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

思わず声が出たほど

いいお味の生姜の佃煮が出来上がりました。


白いご飯

何杯でもいただけそうですhappy01

P1280925_2


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

暑かった(@_@;)今年の夏

今年の夏の朝顔とゴーヤ

夏の間は

全く花が咲かずに

このまま終わるのかと思っていた朝顔が

涼しくなってから急に咲き始めて

毎日20個以上お花が咲いてくれます(* ̄ー ̄*)

青・白・ピンクの三種類を植えたのですが

咲くのはピンクばかりです。


P1280693

ゴーヤも全くの不調でこんな小さいゴーヤが

全部で10個ほどしかなりませんでしたが

朝のグリーンスムージーに入れていただきました。

緑の葉はとてもきれいに茂りました。

P1280557

P1280552



夏の間

何度も何度も洗濯機に入れて

ガシャガシャ洗って

3年以上も履き続けた布草履

新しいのを作らなくっちゃと思いながら

いつの間にかこんなに汚く

3年以上も経ってしまいましたcatface

P1280844

編みこみの布草履を作る時は

姿勢が悪くなって

とても腰が痛くなるので

他の方法はないかな~~と捜していたら


NHKのテキスト「すてきにハンドメイド」の中に

鉤針で編める布草履というのが見つかりました。


鈎針で編むのなら

腰痛にならなくてできそうなので

早速、挑戦しようと思ったのですが

Tシャツでロープを作るのがとても面倒そうです。

P1280829


そこでスニーカーやテニスシューズに

同梱されていた予備の靴ひもや

長さが合わなくて買い足した靴ひも

パーカーやスエットのひもを外したりして

引き出しやお裁縫箱に眠っていたロープを

捜したらこんなにたくさん集りましたので

とりあえずロープで作ってみることにしました。

P1280824

真ん中に10目ほどの目を立てて

グルグルと編むと簡単に出来上がりました。

P1280828

端切れで鼻緒を作るとこんな感じに

あり合わせの手抜きの割には履き心地もなかなかです。

P1280833

作り方も簡単で

編みこみの草履よりも超ラクチンです。

ロープもそんなにたくさんはないので

整理も兼ねて

Tシャツや綿の布でひもを作って

鈎針布草履をまた作ろうと思います。

夏の間

あまりの暑さに少し元気がなかった

ウッチーズの花壇

先日の雨以来とても元気に色鮮やかになりました。

まだまだしばらくは楽しめそうです(* ̄ー ̄*)

P1280840

13日・14日・15日の3日間にわたり

日本とコロンビアとの間で

ワールドグループ入りをかけて

争われたテニスの国別対抗戦 デビスカップ

2勝2敗となった最終戦で

添田選手が見事に勝利

来年は日本チームが

ナダルのいるスペイン

フェデラーのいるスイス

マレーのいるイギリスなどの強豪国のチームと

デビスカップという大きな舞台で戦うことができます。

2020年のオリンピックに向けて

日本のチームも

チーム入りを目出す若い選手たちにも

大きな励みになる素晴らしい勝利でした。


20130915_546_380_02


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

今年も合宿

今年もK大学職員の皆さんの合宿に参加しました。

朝、8時45分に大学キャンパスを出発

大雨の影響で高速道路が1部通れない区間があり

大渋滞に巻き込まれて予定より2時間遅れて

13時30分に熊本阿蘇にある

高森町民体育館に到着しました。

P1280667

体育館の入口近くに

有森裕子さんの足型のモニュメントがありました。

「へぇー有森さんってこのあたりの出身なの?」

単純に思っていましたが

帰って写真をよく見ると

高森町を有森さんが訪れた折の記念のモニュメントで

有森さんは岡山出身で日本体育大学の卒業でした。

それにしても女性にしては大きな足型でした。

P1280662

渋滞で車が動かない間は

「今日、テニスできるのかな~・・・」と心配でしたが

2時間遅れで体育館に到着

そそくさと着替えをすませ2時にスタートできました。

P1280672

今回も参加者は

ほとんどが30代・40代で男性11人・女性5人

私たちの子供みたいな人ばかりです。

1174701_621886351167880_978971275_3

2時から3時までは

ストローク・ボレー・スマッシュ・サーブの練習

3時から5時まではゲームをしました。

外は大降りの雨ですが

体育館の大きな窓からは木々の緑が見えて

快適な室内コートで3時間しっかり汗をかきました。

土・日に室内コートを取るのは大変だったと思います。

幹事さんに感謝です。

練習のあとは車で5分程の今日の宿泊地

休暇村 南阿蘇に移動しました。

P1280660

早速、館内のお風呂へ

生憎の雨で

露天風呂から見える

阿蘇五岳は霞んでいましたが

疲れた足がジンジンと温まっていい気持ちでした。

Img_4275

お風呂の後のお食事はバイキングでした。

ビールをおいしくいただいて

炭火で焼いた山女魚の塩焼き

だご汁・田楽・地元の野菜を使った郷土料理

オープンキッチンでシェフが焼いてくれるステーキも

若い人たちに好評でした。

P1280573

甘さ控えめの手作りっぽいデザートも

とってもおいしかったです。

大好きなおぜんざいもあったのに

別腹にもはいりませんでした。

P1280572




食事の後はお部屋に集まって恒例の2次会です。

毎回 なにかしら

サプライズがあって楽しみなのですが

今年のサプライズは

妙齢のお嬢さん二人と

男性一人のユニットの「昭和時代」でした。

P1280614_2

「昭和時代」???も

「少女時代」・・・・も

初耳の私でしたが

P1280618_2

素知らぬ顔で踊る3人のパフォーマンスに

お部屋は一気に盛り上がりました。

動画でお見せしたいくらいですが

You Tubeで本物の「少女時代」と「昭和時代」を

こちらからの画像で

http://www.youtube.com/watch?v=xiQxEYTHmjQ

アカペラでの「サマータイム」のソロあり

テニス談義あり

ウィンブルドン観戦裏話あり

途中でバレーボールの対中国戦に一喜一憂しながら

あっという間に11時

明日のテニスに備えてお部屋に戻りました。

2日目は6時に起床 お風呂に入って

7時半から玄米ご飯とお野菜たっぷりのお食事をいただいて

P1280644

9時からコートに入り

コート中を走り回らされての練習

そして

ゲームを1時まで

4時間テニスを楽しみました。

P1280681

コート整備をすませて近くの月廻り温泉館へ

さっぱりと汗を流し着替えを済ませて

少し遅めの昼食をとりました。

太麺の山菜そば

お出しがとてもおいしい薄味のおそばでした。

P1280692

K大学職員の皆さんのお仲間に入れていただいて

雲仙

山口長浦

英彦山 添田

湯布院に続いて

合宿参加も5回目になり

1年に1度の我が家の大きな楽しみの

恒例行事の一つになりました。

おじぃさんとおばぁさん二人に

やさしく接してくださる若い皆さんに

感謝・感謝です(* ̄ー ̄*)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »