« 春休みつづき | トップページ | 肥薩線の旅 »

2013年4月15日 (月)

春休み 最後

春休み最後のイベントは

昨年も大好評だった

海ノ中道ワンダーランドです。

公園内は専用の自転車道路があるので

今年は自転車を借りて走りました。

Img_3628

少し風は冷たいもののよいお天気です

最初は小山のように大きなトランポリン

すぐに上着と靴下を脱いで

夢中で飛んでいます。

誰がどこにいるのかもうわかりません。

P1260312

次に向かったのは水辺のトリム

遊具の下は池になっているので落ちるとびしょびしょです。

念の為に靴下だけは準備していきましたが

まご①Mちゃんが帽子を落としただけで

みんな、無事でした。

Img_3639

オーット!

Aーちゃん大丈夫?

Img_3652




次は林の中にあるアスレチック

今年のA~ちゃんはなんにでも怖がらずにアタックしていました。

スポーツが好きな女の子になってくれるとうれしいですが。

Img_3691

去年は見てることが多かったまご④R-ちゃんも

今年はほとんどなんでもできるようになっていました。

P1260365



岩山登りも楽しそうです。

P1260358

「去年もこの松の木にのぼったよね~」と言いながら

「ハイ、チーズscissors

P1260371_2

お弁当を食べた後

次にむかったのは「森の家」

受付のおじさんに

のこぎりやカッター・はさみ・ペンチ・マジックペンなどの

道具を貸してもらって工作室の中に入りました。

P1260374

部屋の中には小枝や枯葉・板切れ・木の実などがきちんと

分けて準備されていて自由に使うことができます。

P1260378

机の上には

電気で固形のりを温めて押し出しながら使う

グルーガンという道具も机に1台ずつ用意されていました。

P1260385

部屋の真ん中には

材料を切るときに挟んで固定する

「万力」という便利な道具もありました。

P1260377

「万力」は

「これと同じ長さに5本切ってください」とか

「薄い板を10枚お願いします」という

孫たちの細かい注文に合わせて

おじぃちゃんがいちまい一枚 きれいに切ってくれました。

P1260398

工作大好きな孫たちは

おしゃべりしながら楽しそうに作っていました。

P1260400

気が付くと

満員だった部屋は私たちだけになっていました。

P1260405

2時半から4時半まで

2時間も切ったり貼ったりしてたんだねsign03

さてどんなものができたのやら・・・

小さい順に

まご④R-ちゃんの作品

ブランコやシーソーがかわいい

「うみのなかみち かいひんこうえん」

P1260413_2

まご③Aーちゃんの作品

「とりで」

右にある葉っぱはドアだそう(黒い●はノブです)

P1260418_2

まご②A~ちゃんの作品

「ようこそ!!」の標識がアクセントの

「くまさんのゲートのある公園」

P1260421_3

まご①Mちゃんの作品

大きな木をベースに

滑り台のあるダイナミックな「広場」ができました。

Panelimg

一人ひとりの楽しい思い出が

それぞれの形になっているんだね~ happy01

子供たちの「集中力」と「創造力」に脱帽です。

4時半を過ぎて「森の家」を出発

5時までには自転車を返さないと

5時半には公園が閉まってしまいます。

なのに・・・

帰り道に

まだ遊んでいない遊具を見つけると

P1260427


「ちょっとだけ~」といいながら

またひと遊び。

P1260429_3

小さい組さんは

「森の家」でのおじぃちゃんの活躍に

感謝の大サービスですheart02

P1260443

従姉妹のA~ちゃんたちと遊べるのも

今日が最後

明日は

お父さん、お母さんが待っている東京に帰る日です。

最後の夜は

みんなが大好きないつもの焼き鳥屋さんで

ジュースで「かんぱ~い!!」

地下鉄に乗って帰るA~ちゃんとR-ちゃんを駅まで見送りました。

10日間の福岡での春休み

ゴーカートのある公園や

大きな滑り台がある公園にも出かけて

二人だけでも遊べる近くの公園も見つけたし

図書館やスケート

本物のテニスコートでテニスにも初挑戦

従姉妹の

A~ちゃん・R-ちゃん・ごいんちゃんとの

楽しい思い出もまたたくさん増えました。

今年は風邪であまり遊べなかったまご⑥Tくんも

来年は台風の目になりそうだね。

お別れの福岡空港では

ばぁばにしがみついて

大泣きのMちゃんと

Aーちゃんでしたweepweepweep

|

« 春休みつづき | トップページ | 肥薩線の旅 »

まご ろく」カテゴリの記事

コメント

楽しい時間はあっという間に過ぎて
別れる時は本当に寂しいですね。
涙・涙・・
お気持ちよくわかります。

実家に里帰りして
こちらに戻ってくるとき
新幹線のホームで
見送りにきている両親と
ウルウル・・sweat02でした。

福岡ー東京は遠いですものね。

寂しさとお疲れはもう大丈夫ですか?

投稿: くぅくぅの母 | 2013年4月15日 (月) 23時14分

くぅくぅの母さん

くぅくぅの母さんも何度も同じ思いをされたのですね。

来る日は指折り数えて待っていますが
見送るのはいつもながら本当に淋しいです。
子供たちだけで帰るので優先搭乗で一番に
改札口を通過したのですが涙をポロポロ流して泣くので
係員の方が「一番最後の搭乗にしてもいいですよ」と
配慮してくださってまた待合室の方へ戻って
残り10分程二人の肩を両手で抱いて
最後の搭乗のアナウンスを待ちました。

孫たちがいる間は一緒になって遊んでいたせいか
未だに疲れが取れません。
そのせいかどうかはわかりませんが
夜、とてもよく眠れますhappy01

投稿: chisayobaaba | 2013年4月16日 (火) 09時26分

chisayobaabaさん、おはようございます♪
お孫さんとの10日間はあっという間だったでしょう。
いろいろな体験が出来て、お孫さん達には
思い出がいっぱいの楽しい春休みになりましたね。
お別れの福岡空港では、大泣きをされたそうですが、
chisayobaabaさんとのお別れがよほど辛かったのでしょうね。
私も北海道の孫によく泣かれましたが、今年は大丈夫でした。
ホッとしたような、ちょっと寂しいような複雑な心境でした。
一番上のお孫さん、5年生ですよね。こうして長く
遊びに来られるのもだんだんと少なくなるかもしれませんね。
毎日のおでかけは大変だったと思いますが、
どうかゆっくりお疲れをとってくださいね。

投稿: hiro | 2013年4月16日 (火) 10時50分

hiroさん、こんばんは~☆
孫達とこんな風に一緒に遊べるのもあとわずかだと私も思います。
ごいんちゃんが一緒だとまだ一人では危ないので一緒に居ますが
大きい孫達だけだと連れて行って連れて帰るだけでばぁばの役目も
あまり必要なくなりました。(ちょっと淋しいですが)
別れるときに泣くのもその時々でいろいろなパターンがあって
今回は大きいMちゃんが大泣きだったのですが先回はA―ちゃんの方でした。
泣かれないのも淋しいかも・・・ですよね~。
孫たちに「どこか一緒に遊びに行こう」と一番張り切ってるのは
実は私かもしれません。
いつまで遊んでもらえるか時間の問題ですね。

投稿: chisayobaaba | 2013年4月16日 (火) 20時31分

どうもお疲れ様でした。
①②は小学校が始まりました。一緒に行ってるのかと思っていたら、それぞれ友達と通っているようです。
③は保育園に泣きながら行ってます。

投稿: 息子ですが | 2013年4月17日 (水) 00時08分

息子どの

おかげさまで楽しい春休みを過ごせました。
てっきり二人仲良く一緒に通っていると
思っていましたが
一緒に通えるお友達がいれば何よりです。
学校が近くなったので安心ですね。

ごいんちゃんもすぐに慣れて保育園が楽しく
なることだと思います。
おじぃちゃんが「今日は行けたかな~」と
毎朝、心配しています。

投稿: chisayobaaba | 2013年4月17日 (水) 09時38分

お早うございます。

三月のブログの更新が、余り無かったのは、毎日お忙しかったからですね。( ^ω^ )

いろんなところへ出かけて、お孫さんたちと、楽しい毎日でしたね、羨ましいです。
テニスもしたんですね。

それにしても、子供たちの体力には、写真を観ているだけでも、相当なものですね。
運動不足の私には、連れて行くだけでも、大変かも・・・

従姉妹同志年が近いし、女の子同士だし、話も合うのでしょう。大きくなっても離れていても、従姉妹会で、集まるようになるかもしれませんね。

笑い声が絶えない毎日がすごせただけでも、幸せに思えます。

きっと、ちさよさんや、ご主人の愛情たっぷりで優しいお孫さんに違いありませんね。

これからは、テニス三昧楽しんでください。

投稿: kikko( w*=*w ) | 2013年4月17日 (水) 10時37分

Kikkoさん、こんにちは~(^^
タイムリーにブログが書けるといいのですが
遊んでいる時は忙しくてなかなか書けませんcatface

毎日、毎日よく遊びました。
テニスは難しかったらしくあまり好評ではなかったのですが
スケートがとても面白かったと言ってました。
インラインスケートでいつも遊んでいるらしく
すぐに氷の上をスイスイ滑れるようになってびっくりしました。
4時間滑ってもまだ帰りたくなさそうでした。
子供たちのエネルギーはすごいです。

今年はまご⑥T君はまだ一緒にあそべませんでしたが
女の子たちは5人が一緒の時がやはり一番楽しそうでした。
あまり会えない従姉妹同士ですがいつまでも姉妹のように
なかよく育ってほしいと願っています。

投稿: chisayobaaba | 2013年4月17日 (水) 13時13分

お疲れ様でした
お孫ちゃんたちはお乳を搾ったり、馬に乗ったり、素晴らしい作品を造ったりと、普段できないことを盛りだくさん、目いっぱい楽しめたようですね。
いつもながら子育て孫育てに感心します。
誠実に取り組まれた結果、このような可愛い子に育つのですね。

投稿: アジカン | 2013年4月18日 (木) 22時39分

アジカンさん
まご⑥T君はまだですが
3歳から10歳までの5人の孫たちはそれぞれ個性豊かで
ただ遊んでいるのを見ているだけで心が満たされます。
いつまで体力が続くやら・・・と年ごとに感じますが
孫たちが私と一緒に遊んでくれる時間を大切に過ごしたいと思います。

投稿: chisayobaaba | 2013年4月19日 (金) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222685/51208598

この記事へのトラックバック一覧です: 春休み 最後:

« 春休みつづき | トップページ | 肥薩線の旅 »