« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月28日 (日)

肥薩線の旅 つづき(-_-;)

肥薩線の旅

二日目は

青井阿蘇神社を参拝しました。

/

青井阿蘇神社は

本殿・廊・幣殿・拝殿・楼門の

5棟の社殿群からなっています。

/

青井阿蘇神社の楼門です。

屋根は茅葺で勾配がとても急です

小ぶりな建物なのにとてもバランスが良くて

堂々とした構えです。

/

P1250368_2

/

楼門を飾る組み木は

黒と赤に塗られていて華やかさもあり

隅木の下には「人吉様式」と呼ばれる神面が取り付けられています。

P1250367a_2

/

/

/

/

楼門をくぐると「拝殿」と呼ばれるこちらも茅葺の建物があります。

P1250445

/

拝殿を抜けると幣殿があり

幣殿の内部はとても華麗な装飾で飾られていました。

P1250379

/

5棟の社殿群からなる

青井阿蘇神社の隣接地には

平安時代から明治時代まで

58代にわたり大宮司を務めた青井家所有の屋敷があり

神社と青井家の屋敷は

むすび回廊と呼ばれる通路で結ばれています。

P1250440_3

/

/

/

むすび回廊を渡ると

大宮司家のゆかりの品が納められた

「尚古蔵」という土蔵があり

内部を見せていただくことができました。

P1250385

/

/

「尚古蔵」の中には大宮司家の家紋にゆかりの

鷹の生涯を描いた絵馬や

その他にも獅子面やお祭りの道具などが

展示されていました。

P1250401

/

/

「尚古蔵」の奥には

「集古蔵」と呼ばれるこちらも壁が厚い立派な蔵があり

P1250398_2

/

ここには神仏習合の遺品や

5色の竜神像が納められていました。

Panelimg

/

/

「尚古蔵」「・集古蔵」のある

日本邸園を過ぎると

「継承殿」と呼ばれる青井家の住宅があります。

西南戦争では薩摩の人吉隊の宿舎としても使われた

歴史上にも残る建物だそうです。

P1250427

/

/

継承殿の玄関を入ってすぐの広い座敷にも

豪華なお雛様が飾られていました。

P1250416_3

/

/

継承殿内にある茶室は

壁面すべてが網代編みに設えられていました。

あまり見たことのない茶室の体裁です。

P1250419

/

/

/

太刀や兜や鎧などの装束が飾られた部屋には

月・雁・葦・鴨などの模様が描かれた

見事な4枚1組の襖絵がありました。

P1250424_3

/

/

「継承殿」座敷から見える槇の大木や梅の老木がある庭園

P1250426

/

青井阿蘇神社は

楼門や拝殿などの建物だけではなく

幣殿・廊などの内部の華麗な彫刻や

隣接地に広がる青井家の住宅・蔵・庭など

コンパクトながら見どころがいっぱいでした。

/

/

人吉城址に始まった人吉の旅もそろそろ終わりです。

人吉の旅の最後は球磨川を船で下ります。

/

球磨川を1時間半で下る川下りは

人吉城址を目の前にした発船場から出発です。

P1250451

/

途中、川岸の桜や人吉城址の石垣

P1250455_2

/

/

/

水辺で美しい姿を見せているアオサギ?の姿を見ながら

P1250463_2

/

/

時々 流れの速い

「栗林の瀬」

「涼戸の瀬」

などの瀬を通過して

ゆっくりとした川下りを楽しみました。


P1250466_2

/

/

/

1時間半の清流コースの終点に着くと

トラックが待っていて

私たちが乗ってきた船をクレーンで積み込み

P1250482_2

/

/

再び発船場へ運んで行きます。

私たちも帰りはマイクロバスに積まれて

ホテルまで戻りました。


P1250483_2

/

/

次は人吉から肥薩線を利用して

観光列車「いさぶろう号」と

「はやとの風」に乗って

鹿児島中央駅までの電車の旅です。

/

鹿児島では

同窓会仲間の鮫島さんのお宅に宿泊

なんと本物の武家屋敷だったお宅です。

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

肥薩線の旅

いつの間にか恒例になった同窓会

今年は3月の終わりに

熊本県にある「人吉」と

鹿児島の「知覧」に行って来ました。

博多駅を9時58分に発車した新幹線は

熊本の新八代までわずか49分

10時47分には新八代駅に到着しました。

新八代からJRの在来線に乗り換えて八代まで

八代からは肥薩線の旅です

(一番下に路線図を載せています)

八代駅を11時09分に出発

1両だけのとてもローカルな電車です。

P1250119_3

線路沿いは桜や菜の花が満開でした。

球磨川に沿って各駅停車の のんびりした電車なので

「ホラホラ、桜 きれいだね~」と眺めながら写真が撮れます。

八代から人吉までは73分

「旅をしてる~note気分満喫です。

P1250142_3

人吉駅には12時22分に到着。

なんと、その日は見られないはずの

「SL人吉」号が目の前に停まっていて

黒い煙を吐きながらバックしていきましたpaper

P1250149_2

人吉駅でお弁当を買って

P1250160

別名「繊月城」または「三日月城」とも呼ばれた人吉城址へ

人吉城址の桜の下でお弁当を広げました。

P1250182_2

旅行の1週間前に足の親指の爪を剥がしてサンダルで参加した人も

この旅行に備えて仕事をしながらウォーキングに励んだ人も

この急な階段を元気に上って

さあ、今から「歩くよ~」

P1250168

人吉城は人吉球磨地方を700年あまり統治した相良氏の居城です。

今はお城はないけれど鎌倉時代から明治維新まで続いた

相良家700年の歴史を感じることができる

このりっぱな杉木立と

P1250184

P1250185_2

美しい凛とした佇まいを見せてくれた石垣を見ながら

石段を三の丸まであがりました。

P1250179_2




新緑の楓やもみじもとても鮮やかでした。

P1250195

おしゃべりをしながら歩いている

みんなの後姿を見ているだけで

なんだかホッ~とした

とても気持ちのいい時間が過ぎて行きました。

P1250201_7

人吉城を後にして

小さな橋を渡り武家蔵に向かいます。

P1250306

人吉城内にあった堀合門を移設した武家蔵の門

茅葺二階建ての屋敷は相良藩歴代藩主の狩の際の休憩所として

150年ほど前に建てられたもの

P1250248

門の内側

美しい屋根の形を作っている垂木のカーブ

日本建築の技が光っています。

P1250253_6

邸内にある

切腹の間と呼ばれる和室

P1250274_2

天井の棹の向きや畳の敷き方でこの部屋が

武士が切腹をするときに使った部屋だということが推察されるそうです。

床の間の戸袋には敵の首を入れることもあり

違い棚を少し斜めに取り付けて

上から落ちてくる血が溜まらないようにしているとか

また廊下の奥には抜け道に通じる狭い急な階段があり

敵に追われた時にはその階段の上にある部屋から

外に逃げられるようになっていて

争いの多かった時代の武士の日常を偲ぶことができました。

P1250281_3

ちょっとリアルな怖い話を聞いた後で

この武家蔵でしか味わえないという

焼酎アイスとバラアイスをいただきました。

お酒を全然飲めない人も平気なさっぱりアイスでした。

P1250302

武家蔵の後は鍛冶屋町通りへ

人吉市は蔵の多い町で

鍛冶屋町通りには

鍛冶蔵・みそ 醤油蔵・お茶蔵などがあって

今でもお店になっているところが多く中にも入ることができます。

山に囲まれた盆地で寒暖の差が大きい人吉はお茶の生産に

適した場所で昔ながらのお茶やさんも多い町です。

P1250334

お茶屋さんの店内には

りっぱなおひなさまが飾られていました。

P1250328

みそ、しょうゆ蔵のある釜田醸造所の店内

時間が遅くなり醤油造りの工場は見学ができませんでした。

P1250320_2

みそ蔵の中にも

お座敷いっぱいにりっぱなお雛さまが飾られていました。

P1250319_2

鍛冶屋町通りの名前のとおり

ここには60数軒もの鍛冶屋さんが軒を連ねていたそうです。

今も現役で包丁や農機具を作っている鍛冶屋さんのお店

よく切れそうな刃物が店先に並べられていました。

P1250314

人吉の街は

歩いていると

ほとんどどこのお店もお雛さまを店内に飾っていました。

これは時計やさんに飾られていた江戸時代のお雛さまです。

Panelimg_4




そろそろ

お腹もすいてきて

今日の宿「あゆの里」へ向かいました。

ホテルの玄関にも

P1250335

ロビーにも他の場所にも素敵なお雛様がたくさん飾られて

私たちを迎えてくれました。

P1250341

宿に落ち着き

温泉に入りお食事をいただいて

その後のお楽しみ

鹿児島に住んでいるお鮫島さんが

今年も手作り作品を作ってきてくれました。

今年は「匂い袋」です。

P1260592


みんな柄が違うので真剣勝負のじゃんけんで順番を決めました。

私は一番に勝ってとっても可愛い縮緬の袋をゲットしました。

会うたびにみんなの分をひとつ一つ丁寧に作ってきてくれる

鮫島さんのやさしさがとてもうれしいです。

「いつもありがとうhappy01heart

明日は球磨川「川下り」と

国宝に指定されている青井阿蘇神社に参拝します。

その後は

人吉から吉松まで

観光列車 赤い車体の「いさぶろう号」

吉松から鹿児島中央までは

こちらも観光列車 漆黒のボディの「はやとの風」に乗って

肥薩線の旅を楽しみます。

Scn__5

明治42年に開通したという肥薩線

Scn_syuku_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

春休み 最後

春休み最後のイベントは

昨年も大好評だった

海ノ中道ワンダーランドです。

公園内は専用の自転車道路があるので

今年は自転車を借りて走りました。

Img_3628

少し風は冷たいもののよいお天気です

最初は小山のように大きなトランポリン

すぐに上着と靴下を脱いで

夢中で飛んでいます。

誰がどこにいるのかもうわかりません。

P1260312

次に向かったのは水辺のトリム

遊具の下は池になっているので落ちるとびしょびしょです。

念の為に靴下だけは準備していきましたが

まご①Mちゃんが帽子を落としただけで

みんな、無事でした。

Img_3639

オーット!

Aーちゃん大丈夫?

Img_3652




次は林の中にあるアスレチック

今年のA~ちゃんはなんにでも怖がらずにアタックしていました。

スポーツが好きな女の子になってくれるとうれしいですが。

Img_3691

去年は見てることが多かったまご④R-ちゃんも

今年はほとんどなんでもできるようになっていました。

P1260365



岩山登りも楽しそうです。

P1260358

「去年もこの松の木にのぼったよね~」と言いながら

「ハイ、チーズscissors

P1260371_2

お弁当を食べた後

次にむかったのは「森の家」

受付のおじさんに

のこぎりやカッター・はさみ・ペンチ・マジックペンなどの

道具を貸してもらって工作室の中に入りました。

P1260374

部屋の中には小枝や枯葉・板切れ・木の実などがきちんと

分けて準備されていて自由に使うことができます。

P1260378

机の上には

電気で固形のりを温めて押し出しながら使う

グルーガンという道具も机に1台ずつ用意されていました。

P1260385

部屋の真ん中には

材料を切るときに挟んで固定する

「万力」という便利な道具もありました。

P1260377

「万力」は

「これと同じ長さに5本切ってください」とか

「薄い板を10枚お願いします」という

孫たちの細かい注文に合わせて

おじぃちゃんがいちまい一枚 きれいに切ってくれました。

P1260398

工作大好きな孫たちは

おしゃべりしながら楽しそうに作っていました。

P1260400

気が付くと

満員だった部屋は私たちだけになっていました。

P1260405

2時半から4時半まで

2時間も切ったり貼ったりしてたんだねsign03

さてどんなものができたのやら・・・

小さい順に

まご④R-ちゃんの作品

ブランコやシーソーがかわいい

「うみのなかみち かいひんこうえん」

P1260413_2

まご③Aーちゃんの作品

「とりで」

右にある葉っぱはドアだそう(黒い●はノブです)

P1260418_2

まご②A~ちゃんの作品

「ようこそ!!」の標識がアクセントの

「くまさんのゲートのある公園」

P1260421_3

まご①Mちゃんの作品

大きな木をベースに

滑り台のあるダイナミックな「広場」ができました。

Panelimg

一人ひとりの楽しい思い出が

それぞれの形になっているんだね~ happy01

子供たちの「集中力」と「創造力」に脱帽です。

4時半を過ぎて「森の家」を出発

5時までには自転車を返さないと

5時半には公園が閉まってしまいます。

なのに・・・

帰り道に

まだ遊んでいない遊具を見つけると

P1260427


「ちょっとだけ~」といいながら

またひと遊び。

P1260429_3

小さい組さんは

「森の家」でのおじぃちゃんの活躍に

感謝の大サービスですheart02

P1260443

従姉妹のA~ちゃんたちと遊べるのも

今日が最後

明日は

お父さん、お母さんが待っている東京に帰る日です。

最後の夜は

みんなが大好きないつもの焼き鳥屋さんで

ジュースで「かんぱ~い!!」

地下鉄に乗って帰るA~ちゃんとR-ちゃんを駅まで見送りました。

10日間の福岡での春休み

ゴーカートのある公園や

大きな滑り台がある公園にも出かけて

二人だけでも遊べる近くの公園も見つけたし

図書館やスケート

本物のテニスコートでテニスにも初挑戦

従姉妹の

A~ちゃん・R-ちゃん・ごいんちゃんとの

楽しい思い出もまたたくさん増えました。

今年は風邪であまり遊べなかったまご⑥Tくんも

来年は台風の目になりそうだね。

お別れの福岡空港では

ばぁばにしがみついて

大泣きのMちゃんと

Aーちゃんでしたweepweepweep

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

春休みつづき

突然ですが

孫たちが来る4日前に

我が家に赤・黒ツートーンの小さな車がやってきましたhappy01

6年前に車を手放して以来

自転車生活をしていましたが

「やっぱり、車が欲しいな~」

オットを説得

まぁ

いろいろありましたが

「なんでもいいから好きな車を買っておいで」

と言われて・・・

一人で決めて買ってきました。

P1260487_2

「納車は6月ごろですよ~」と

言われていたのですが

意外に早く孫たちの春休みに間に合いました。

春休み中の日曜日に

さっそく

息子の車と一緒に

「もーもーらんど油山牧場」に行ってきました。

息子の車には

大きい組の

まご①Mちゃん

まご②A~ちゃん

ごいんちゃん

我が家の車には

小さい組の

まご③Aーちゃん 

まご④R-ちゃんが乗って出発です。

「もーもーらんど油山牧場」は牛や羊、ヤギなどが放牧されていて

搾乳体験や乗馬体験などもできたり

動物に餌をやったり

チーズを作る教室があったり

アイスクリームの手作り教室などもあって

遊具も充実しています。

おまけに入園料もタダで季節の花が楽しめて

駐車場代を払えば一日中遊べます。

「もーもーらんど」に着くと

すぐに「搾乳体験のチケットを配布してますよ~」

という放送が聞こえてきました。

すぐに並んで先着50人というチケットをゲットしました。

搾乳の時間になるまで

牛さんや山羊さんが餌を食べている小屋をのぞいたり

P1260064

座り込んで四葉のクローバーを捜したりしながら

順番を待ちました。

P1260067_2

時間になると

係り員さんの

「大きい声を出すと牛さんがびっくりするので静かにしようね」

「手はこんな形でお乳をしぼってね~」

「写真はこの角度でお願いします」

などの注意を聞いて

手を洗って牛さんのいる場所へ移動します。

Img_3518

ちょっと不安げなごいんちゃん

Img_3540_2




「初めてー!!」とMちゃんも

P1260078_4


全員次々に牛さんのおっばいを搾る体験ができましたtaurus

牛さんもとてもおとなしくて

係りのお兄さんも一人ひとりやさしく教えてくれました。

搾乳体験が終わると

遊具のたくさんあるふれあい広場に移動です。

P1260021_3

途中、放牧されている牛さんに草をあげたり

P1260012

ふれあい広場の羊さんに藁をあげたり

P1260129

お気に入りの

うさぎさんとワンちゃんのぬいぐるみで遊んだりしながら

坂道をどんどん歩きます。

P1260174_2

広場には長~いスライダー滑り台や

大きい子も小さい子も遊べる遊具がたくさん揃っています。

ごいんちゃんも頑張っています。

P1260034

Mちゃんがよく面倒を見てくれて

高い滑り台や急な滑り台、こんな小さな滑り台まで

二人で手をつないで

何度もなんども走って上っては滑っていました。

P1260028_4

広場で遊んでいると

「2時から乗馬体験ができますよ~」というアナウンスが聞こえて

「乗りた~い」

「乗りた~い」と大合唱

次は乗馬体験です。

こちらだけは有料で一人500円でした。

P1260131

大きい順に

まご①Mちゃん

P1260139

まご②A~ちゃん

Img_3568

まご③Aーちゃん

P1260164_2

まご④R-ちゃん 

Img_3584

みんな格好よく乗りこなしています。

途中、お弁当を食べて

また広場でテニスをしたり

日暮れ近くまでよく遊んで

息子家族と別れて家路に着きました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

今年も春休みがやってきました。

今年の春休みも

東京から

まご①Mちゃんと 

まご③Aーちゃんがやってきました。

3月28日

ばぁばの英語クラスのお花見に

福岡にいる従姉妹たちの 

まご②A~ちゃん

まご④R-ちゃん

まご⑤ごいんちゃん

と5人揃って出かけました。

お天気も上々で

舞鶴公園の桜も青い空の下

こぼれんばかりに満開でした。

P1250863

1年ぶりに会った

まご①Mちゃん(小5)と

まご②Aちゃん(小3)

P1250869_2

最初はちょっと恥ずかしそうな二人でしたが

少し時間が経てばすっかり打ち解けて

二人だけの楽しそうなおしゃべりが続いていました。


小学生4人組(小1・小3・小3・小5)は

城址の石垣の上を上がったり下りたり

じぃじとばぁばは遠くから見守っているだけでした。

Img_3487_4

ごいんちゃん(3歳)

お姉ちゃんたちに遊んでもらったり

おばぁちゃんと二人

きれいなさくらの花びらを

手のひらにいっぱい集めたり

タンポポを摘んだり

いつものマイペースです。

P1250889

楽しいお花見のお昼は

みんな大きなおにぎりをほおばり

おばぁちゃんのお友達から

手作りの桜もちやチョコレートをいただきました。

Mちゃんはお弁当を食べたあと桜餅を2個もペロリ

チョコレートはもちろん、みんな大好きです。

(Kikkoさん、Sachikoさんごちそうさまでしたhappy01

P1250848_2

お昼ご飯のあと

また桜の下でしばらく遊び

おばぁちゃんのお友達と別れて

帰り道の途中にある公園でまたひと遊び。

子供たちのエネルギーは無尽蔵ですcoldsweats01

P1250847_2

ごいんちゃんはここでもマイペースnote

一人で自分の遊べるところを捜してご機嫌です。

P1250919_4

いいお天気に恵まれたお花見もそろそろ終わりです。

来年も一緒に来れるといいね (* ̄ー ̄*)

Img_3494

地下鉄駅に向かう帰り道も

かけっこをしたり

楽しそうにひっつきもっつき

池で亀さんの甲羅干しを見つけてはまた道草です。

P1250924_3



春休みはまだまだこれからです・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »