« 「表現発表会」とエジプト料理 | トップページ | ハッピーバレンタインデー »

2013年2月13日 (水)

お天気に誘われて

我が家からJRで40分ほどの宗像市にある

伊豆酒造本店の酒蔵開きに行って来ました。

最寄りの赤間駅で降りると

駅と伊豆本店をつなぐシャトルバスが待っていました。

バスを降りて小さな坂を上っていくと

高い煙突が見えてきました。

とても大きくて立派な建物です。

P1230946

早速、中に入ってみると

大きな釜のうえに樽がどーんと置いてあって

地下ではボイラーの重油が赤々と燃えていました。

P1230953

この樽の中で酒まんじゅうをふかしているそうで

しばらくするともくもくと湯気が上がってきました。

P1230972

近くにいる人が見えなくなるほどの湯気です。

Img_2331

15分経って樽の上を覆っていた布をはずすと

P1230999_4

ふかふかに蒸し上がった酒まんじゅうがでてきました。

Img_2335

樽の奥では一つひとつ手造りでおまんじゅうが作られています。

P1230960



このセイロ6箱があの大きな樽に納められて蒸しあげられます。

Img_2338

蒸し上がったホカホカの酒まんじゅうは

庭先のテントの中で販売していましたが

Img_2363

長蛇の列でしたcatface


P1240084

お酒や甘酒の試飲会場も大変な人出です。

P1240031

お米と麹で作った甘酒がとてもおいしかったです。

P1240077_2

貯蔵蔵の入口には

歴史を感じさせるこんな標識が

これもひょっとしたら我が家の近くのホーローやさんで

作ったものかもしれません。

P1240073




りっぱな梁がある貯蔵蔵の中は

今まさに発酵しているお酒の樽が並んでいました。

P1240070

P1240069_4

仕込んで17日目のお酒 

中でムクムクと動きながら発酵してました。

P1240068_2

酒やさんに行くとどこでも下がっている

杉玉

こちらの酒蔵の杉玉には

藁で作ったかわいい亀がたくさん付いていました。

お店の人に伺うと

「甕の尾」のお酒を作っているお米の穂と藁で

農家の方が毎年作って届けて下さるとのこと

こんな可愛らしい杉玉初めて見ました。

Img_2343_2

貯蔵蔵の中には昔からの道具もたくさん展示されて

道具の名前や使い方の説明も書かれていました。

P1240046

お酒大好きなオットが試飲をして

「これはおいしい!」と絶賛した

ちょっと辛口の初しぼりの原酒とにごり酒を買って

JRに乗っての小さな旅 の一日でした。

P1240100_2

|

« 「表現発表会」とエジプト料理 | トップページ | ハッピーバレンタインデー »

日々のできごと」カテゴリの記事

コメント

こういう処に行くときは車じゃない方が良いですね。

ここが実家のお友達がいます。蔵開きの時は手伝いに行くそうですよ。
酒かすが美味しいですね。
ただし、私は奈良漬けでも酔ってしまうのであまり飲めませんが。

サスガにオットさまは口が肥えていらっしゃいますね。

今日はお天気は良かったのですが冷え込んでいましたが、お酒で温まりましたか?

投稿: アジカン | 2013年2月13日 (水) 23時01分

アジカンさん
赤間駅からシャトルバスがあったのでよかったです。
酒まんじゅうがとてもいい匂いで食べたかったのですが
長い列ができていたのであきらめました。
甘酒は今まで飲んだ中で一番といっていいくらいおいしかったです。
試飲に2度も並びました。
酒粕と米麹を買ってきました。
アジカンさんと一緒に飲めるといいのにね。
夫も試飲のお酒がおいしかったようでいつ飲もうかと楽しみにしてます。
建物が古くてとても立派だったので酒蔵の中を見るだけでも楽しかったです。

投稿: chisayobaaba | 2013年2月14日 (木) 15時38分

こんにちは。(o^-^o)
今日行ったレストランにグァム出身のウエイターさんがいて、日本語がまだ上手くなくて、良子さんが、いろいろ話しかけて、、、、
会話が通じて、楽しかったです。

私はお酒は飲めませんが、薄めのかす汁が大好きです。
23日に、宗像のお友達の家に御呼ばれなのですが、開いているのかな?
近ければ、行ってみたいです。酒饅頭も大好きです。

来週は、英語がお休み、息子さん家族のお引越し、お手伝い大変ですね。

春が、そこまで来ていて、我が家の庭の梅も、ずいぶん咲いて、目白が来て鳴くんですよ・・・

新居や進学など、春が待ちどうしいですね。

投稿: kikko( w*=*w ) | 2013年2月14日 (木) 16時04分

Kikkoさん、こんばんは。
今日はS子さんも外国の方と一緒になったって話してましたね。
今だったら話しかけられても何とか答えられるかもしれませんね。

伊豆本店の酒蔵開きは9・10・11日の3日間だったようです。
でも酒まんじゅうとか酒粕は買えるんじゃないかと思います。
酒まんじゅうが本当においしそうでしたよ。
A美さんもご主人と行かれたって今日のフリートーキングの時に話してました。

梅の花は若い時はあまり好きではなかったのですが最近は梅が咲くと
香りもよくてお花も可愛いなと思うようになりました。
春が近づいてくるとなんだかうれしいですね。

投稿: chisayobaaba | 2013年2月14日 (木) 21時59分

chisayobaabaさん、こんにちは~♪
歴史のある蔵元さんのようですね。
酒まんじゅうの美味しそうな香りが
こちらまで届きそうです。
初しぼりもにごり酒もとても美味しそう。
この時期が限定なのでフレッシュで
しぼりたての旨みが存分に味わえるでしょうね。
こちらにも丹沢の方に行くと蔵元さんが
あるのですが、なかなか中までは見せて
頂けないようです。
昨年は蔵で試飲と甘さけを頂きましたが、
3月中頃に行ったのでにごり酒は売り切れて
いました。しぼりたてのお酒はまだあったの
で小さい方の瓶を買ってきましたが、
とても美味しかったです。

投稿: hiro | 2013年2月15日 (金) 16時28分

立派な酒蔵ですね。
主人の家もその昔お酒を造っていて
わたしが結婚した頃も
冬場は杜氏さんがいらしてて
chisayobaabaさんが
写真に写されてような光景が
酒蔵で見ることができてて
懐かしいです。

田舎の小さな造り酒屋で
30年前に廃業しました。
分家に酒蔵があって
今はがらーんとしています。
原酒やにごり酒美味しいですよね。

ちなみに酒屋に生まれた主人は甘党で
わたしの方がお酒は好きです(笑)


投稿: くぅくぅの母 | 2013年2月15日 (金) 23時47分

hiroさん、おはようございます。
伊豆本店さんは280年とういう長い間お酒を造り続けているという
古くて立派な伝統を持つ酒蔵でした。
まず建物が大きいのにびっくりしました。
どの建物も柱が大きく高い天井に立派な梁を持つりっぱな建物ばかりでした。

酒まんじゅうは匂いだけで食べられなかったのがとても残念でした。
英語の時間に話していたら同じ日に蔵開きに行った友達がいましたが
彼女も酒まんじゅうは買えなかったそうです。
昨夜夫と二人でにごり酒を飲みましたがまだ中で発酵してて
栓を開けるとシューと音がしました。
濃厚でとてもおいしいお酒でした。

投稿: chisayobaaba | 2013年2月16日 (土) 11時34分

くぅくぅの母さん、こんにちは
ご主人さまのご実家が造り酒屋さんなんですか~
結婚された頃もまだ造られていたのですね。
なのにご主人さまは甘党なんですねnote

いつもお二人でビールをグイグイかと思っていました。
私は結婚前はまるで飲めなかったのに主人に付き合って
飲んでいるうちにそこそこ飲めるようになりました。
ちなみに我が夫はお酒も甘いものも大好きです。

宗像大社のお神酒もここで造られているそうで
伊豆本店さんは建物を見るだけでも楽しかったです。

にごり酒を昨夜いただきましたが
さすが出来たてで中でまだ発酵してました。
熱処理をしていない本当の生酒ということで
濃厚な味であまり日本酒の味がわからない私でも
とてもおいしいと思いました。

投稿: chisayobaaba | 2013年2月16日 (土) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222685/49374711

この記事へのトラックバック一覧です: お天気に誘われて:

« 「表現発表会」とエジプト料理 | トップページ | ハッピーバレンタインデー »