« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月22日 (土)

あと10日

ことしもあと10日になりました。

昨日はベターホーム主催の「おせち料理講習会」に行って来ました。

121221_002_2

メニューは

①  だて巻き

はんぺんをフードプロセッサーに入れてまぜ玉子を加えて

玉子焼き器で焼いたあとコンロのグリルに卵焼き器ごと

いれて表面を焼きました。

グリルにもこんな使い方があったのかと目からウロコでしたsign01

厚焼き卵がふわふわとまるでスポンジケーキのように

とてもきれいに焼けました。

あとは切れ目を入れて くるくる巻いて出来上がりです。

② 鴨の柚香みそ

鴨肉をお料理したのは初めてで

お肉屋さんでもあまり見かけないので

先生にお尋ねしたら

冷凍で売っているとのこと。

帰りにデパートの食料品売り場で見つけることができました。

③ 花れんこんの甘酢漬け

酢蓮もちょっとした切り方の工夫で華やかになるものです。

④ 栗きんとん

今までは蒸かしたさつまいもを裏ごしして

この裏ごしが結構大変でしたが

昨日教えていただいた栗きんとんは

さつまいもが柔らかくなったら煮汁ごと裏ごしして

その後煮詰めるというやり方だったので

裏ごしがサラサラ状態だったのでとても楽でした。

あとは

⑤ 田作り(ごまめ)

⑥ 門松きゅうり

ここ何年かは近くのお料理屋さんのおせちでしたが

今年はこれに黒豆・数の子・昆布巻き

オットが筑前煮を作ってくれるというので

なんとなくおせちの献立が決まりました。

そういえば

12月はじめに日英協会恒例の

クリスマスパーティが

キャナルシティのグランドハイアットホテルで開催されました。

キャナルシティのクリスマスイルミネーションは

年ごとに華やかさが増して

今年もとてもきれいでした。

Panelimg2

パーティーは

クリスマスにちなんだ合唱隊のコーラスや

ピアノリサイタルなどの音楽イベントで始まります。

今年はピアノ・クラリネット・チェロトリオのジャズ演奏でした。

第2部は各スポンサーから提供された

ディナー券、ホテルの宿泊券・コンサートチケット

映画試写会のチケットなど

豪華賞品が当たる抽選会があります。

その抽選会でNO25の私の入場券で

北海道産のりっぱなズワイガニが当たりましたscissorshappy01

おせちに飽きたらかに鍋かカニ焼きでもと思っていますが

二人では食べきれないかもしれません。

P1230561

我が家の小さなベランダガーデンの野菜たちも

今年は

何度か食卓を賑わせてくれました。

Panelimg_2


寒くなってからはなかなか大きくなってくれませんが

外から葉をちぎって使うと中から新しい葉が顔を出してくれてhappy01

朝のグリーンスムージーの材料に活躍してくれています。

もうひと月以上前になりますが

短大時代からの友達、今はブログ友でもある

アジカンさんのお誘いで

「悼む人」の舞台公演を観ることができました。

詳しくはアジカンさんのブログ

Panelimg1

天童荒太さんが2009年に直木賞を受賞した本で

話題になったころに読んでいた作品でした。

向井 理さん主演で

チケットが即日完売という人気の舞台でしたが

アジカンさんの息子さんがチケットをゲットしてくださり

私がその恩恵にあずかったというわけです。

「あの本を舞台で・・・???どんなふうに」と興味深々でした。

難しいテーマを取り上げた舞台でしたが

とてもいい演出で

5人の役者さん一人ひとりが

自分の役柄を演じきっているなかで

全体のバランスを保っているという

「なるほどね~」と思わせながら

じんわりと感動が伝わってくる舞台でした。

舞台を観たあと もう一度本を読み返したのですが

舞台を見る前と後とではイメージがまるで違いました。

読んでいる間ずっとそれぞれの役者さんが現れて

特に主人公の母親役を演じた

伊東蘭さんの姿がとてもリアルに感じられました。

今年一番の心に残る1冊の本 そして舞台でした。

アジカンさん・Y君ありがとうございました。

舞台といえば

ヴァイオリン 千住真理子さん

チェロ 長谷川陽子さん

ピアノ 仲道郁代さんの

3人の女神たちの“愛のうた”コンサートに行ってきました。

それぞれのソロあり

弦楽の2重奏あり

ピアノも入っての3重奏ありと

とても多彩なプログラムで

曲の合間の3人の音楽トークがとても楽しいコンサートでした。

Scn_0007_3

来年も新春に

ヴァイオリン 川久保腸紀

チェロ 長谷川陽子

ピアノ 三浦友理枝のコンサート

その後

錦織健さんとスロヴァキア室内オーケストラの

コラボコンサートの予定もありとても楽しみです。

ところで年賀状の締切の日にちも近づいてきましたね~

毎年の年賀状

いつもは会えないけれども

元気な様子や環境の変化など

年賀状だけのお付き合いの方も多く

毎年一人ひとりの顔を思い出しながら

一枚一枚書いています。

お正月にいただく年賀状もとても楽しみです。

ことしのブログも多分今日で最後です。

今年もあまり更新できませんでしたがcatface

ほそ~く

なが~く

これからも自分のペースで

書き続けていきたいと思っています。

 Fkli1 

 それでは 

 皆さまよいお年を

    そ して来年もよろしくお願いします

 Fkli1





     

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

福岡国際マラソン

昨日の日曜日

福岡市の平和台競技場をスタートして

福岡市を西から東に縦断する

福岡国際マラソンが行われました

福岡国際マラソンは今年で66回目とのこと

1回目は1947年

なんと同い年でしたsign01

(私は今のところ、まだ?65歳です あまりかわらないですね~sweat01

今年の福岡国際マラソンは

ロンドンオリンピックに出場した藤原 新選手

公務員ランナーの川内 勇輝選手がエントリーしてるというのを聞いて

応援に行って来ました

13時30分

我が家から歩いて5分ほどの

国道沿いのマラソンコースに行ってみると

警察官の方や係りのおじさんたちが道路規制の準備をしていました

P1230391

幹線道路なので交通規制が大変です

P1230387_4

そろそろ選手が近づいてきたのでしょうか

警察官の方が信号機の下の箱を開けて

信号を手動で青に変えています

P1230382_3

先導のパトカーがやってきました

P1230392_2

地元のテレビ局 KBC放送の報道車が続きます

P1230393_3


13時38分

白バイに先導された先頭集団がやってきました

真ん中あたりの小柄な黒いウエアが藤原選手

先頭のオレンジ色のウエアの選手の左後ろあたりに

川内選手の姿も見えました

右端の背の高い選手が堀端選手

この集団はさすがに

速いですeyesign03

アッという間に通り過ぎました

P1230396_5



先頭集団から10分程何人かの選手がバラバラと続いて

第2集団の選手が通過しました

P1230404_3


14時20分

私たちが見ているすぐ近くで

電光掲示板の時計を乗せた車が道路を塞いで

後続の選手を止めました

Time - Out です

P1230417_3


完走できる最後の選手が通過しました

周りにいた人たちの間から自然に拍手が起こり

「がんばれー」の声援が飛びました

P1230419_3

最後の選手が通過してすぐ

対向車線に

折り返し地点まで行って

戻ってきた選手の姿が見えました

1位で折り返してきた選手は

ケニア出身のギタウ選手です

今、走り出したかのような軽快な走りで

通り過ぎました

はや~~いsign04dashsign04dash 脚がなが~い

P1230424_2

続いて

今回のマラソンで日本人選手の中で1位だった

身長189センチの堀端選手

豪快な走り方でまるで飛んでいるようでした

P1230428

14時3分

藤原選手も続きます

藤原選手の走りも背筋がスッと伸びたきれいなフォームで

快調に飛ばしていました

P1230430_4

下の写真

右端の人は藤原選手の走りを写している報道カメラマン

仕事とは言え命掛けですね~sweat01sweat01

P1230431_4

少し遅れてちょっと苦しそうな川内選手も続きました

小さな子供たちから

「がんばれ~~」の大きな声援が聞こえました

P1230437_4

14時5分

やっと往路側の車線の交通規制が解除され

止められていた車が一斉に動き出しました。

P1230436_3

大相撲の福岡場所と並んで

博多の冬の風物詩となった

福岡国際マラソン

これで福岡の街もいよいよ本格的な冬に突入です。

マラソンの結果は

1位 ギタウ選手

2位 堀端選手

藤原選手は30キロ過ぎでフクラハギの痙攣を起こして4位

川内選手は6位でした

多分

近くにお住まいの

見ず知らずの方たちと

沿道に並んで

一緒に旗を振って声援を送っていると

そのあたりだけ

なんだか一体感が生まれて

結構楽しい雰囲気でしたhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »