« 指貫 | トップページ | 最近、はまっているもの »

2012年7月27日 (金)

ライの町並み散歩

今回の旅の日程は

1日目から5日目までロンドンに宿泊

その間ロンドンのホテルを基点に

ウィンブルドンに2回・グリニッジ・ウィンザーにそれぞれ日帰り

その後 カンタベリーに移動

カンタベリーに4泊

カンタベリーの街でゆっくり2日すごし

こちらでもカンタベリーのホテルを基点に

リーズ城に1日・ライに1日 

電車で日帰りをしました。

その後ロンドンに戻って

ケンジントン宮殿・ダイアナ妃ゆかりの公園を歩いて

ロンドンに1泊  

最後の日はオリンピックのロゴを付けたロンドンブリッジを見物

ナショナルギャラリーとコートールド美術館を時間まで見て

ヒースロー空港に向かい帰国という日程でした。

今回も

地球の歩きかた・イギリス街物語・個人旅行イギリス・わがまま歩きなど

10冊以上の本を読んだりネットで調べてリサーチをして出かけました。

その中で

ここはもし時間がなかったらパスしようと話していた

Rye(ライ)の町

地球の歩きかたには

3時間もあれば回れるほど小さな町

と書いてありました。

ライ駅で降りて駅前の道を歩いていくと

小さな通りがたくさんあって

「ここ 入ってみようかな~」とのぞいてみると

セカンドショップというか

普通に家庭で使ってたパイ皿とか

ティーカップとか胡椒引きとかプレートとか

ちょっとレトロな

でもとっても素敵な

手に取ってみたくなるようなものが雑多に置いてあったり

P1190086

「持って帰ってベランダに置くといいよね~

というような古い陶器が転がっていたり

P1190083

そんな通りを歩いてどんどん下って行ったら

骨董品のお店がならんでいたり

P1190283_2

木組みが組まれたお家にはカーテンがかかって

路地の奥にも緑が見えて誰かが住んでいるのがわかります。

「どんな人がすんでいるのかしら?」

P1190256_2

 

鉢を置いた台とグリーン 

いつからここにあったのでしょうか・・・

P1190257_3

レンガの壁にお花が映えます。

P1190273

・・・

時が止まっているようなひと時でした。

P1190288_2

/

/

旅の本にも多分、出てこない小さな路地です。

P1190276_2

町を歩いていると小さな坂の上に小さな教会が見えてきました。

P1190076

聖メアリー教会です。

とても小さな町の教会です。

P1190247

教会の中に入ってみると

小さいけれどどっしりと大きな柱のある

こじんまりした素朴な雰囲気のチャペルです。

P1190214_3

堂内のあちこちに生花が飾られ

お掃除も行き届いていて

町の人たちの大切な教会だということが伝わってきます。

P1190199_3

聖メアリー教会のステンドグラス

教会自体が小さいので

ステンドグラスを間近に見られたことと

ほどよい日差しがあって

淡い色合いの美しいステンドグラスが

太陽の光を浴びて 

いっそう輝いて見えました。

美術館で絵画を見ているときと同じような

なにかに包まれるような感覚がしました。

Panelimg

玄関から入ってすぐのところに塔に上る階段がありました。

狭い階段を上って行くと

P1190096_2

外に出られる

これもすご~く狭いドアがあります。

通れない人がいるんじゃないかしらと思えるぐらい

細いドアでした。

P1190114

ドアの外に出ると

ライの町をぐるりと見渡すことができます。

苔むした屋根の色に歴史の流れを感じます。

塔がそれほど高くないので町が本当に目の下に見えます。

P1190139

遠くには羊が草を食べている小さな丘や

その向こうには海も見えます。

P1190141_2

教会の横の通りには木組みの家が並んでいます。

P1190115

そして教会の周りからすぐに素晴らしい町並みが広がっています。


Img_1475

教会から一歩外にでるとこんなかわいい店が点在していて

P1190223

そこからまた小さな路地が始まります。

P1190224

途中、食事をしたり

お買い物をしたり

なんだか

まだまだ

行ってない路地がありそうだなー

 

「でもそろそろもどろうかー」

日はまだまだ高いけど

そろそろ体力の限界が・・・

ライ駅にもどりました。

ライ駅からみたライの町

P1190299


いつか

また

来れるかなー・・・

行って本当によかった

ライの町でした。



 

|

« 指貫 | トップページ | 最近、はまっているもの »

旅行」カテゴリの記事

イギリス」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
たぶん膨大な数の写真の整理は尽きないと思いますが、少しずつ旅の回想と同時進行で、余韻を楽しむ時間が、又いいですよね。o(*^▽^*)


外国の町並みは、屋根や壁の色が統一していて、落ち着きますよね。
壁にアイビーやつる薔薇が絡まって、窓辺には花があって、何処をとっても、絵になる風景で、心も落ち着きますね。
こんなのんびりした町に住んでみたいですね。
住民の方は、何処でお買い物しているんでしょうか?
自家菜園とかで、パンやお菓子は、自分たちで焼いたりしているのでしょうね。


ゆっくりと時間が過ぎていくのが、素敵ですね。

続編も楽しみにしていまーす。


投稿: kikko( w*=*w ) | 2012年7月28日 (土) 09時58分

chisayobaabaさん、こんにちは~♪
苔むした屋根にレンガ造りの家・・・
教会や木組みの建物の窓枠、細い石畳の道。
どこも歴史が感じられて素敵ですね。
町は隅みから隅みまで手入れが行き届き、この町の
人がいかにこの町を愛しているのかよくわかります。
こんな町でゆっくり暮らせたら幸せでしょうね。
chisayobaabaさんの大好きなアンティーク
のお店も多く、寄り道も楽しかったでしょうね。
素敵な町のご紹介、ありがとうございました。
次の記事も楽しみにしています。

投稿: hiro | 2012年7月28日 (土) 12時15分

ライの町並って
中世がそのまま残ってるようで
きれいですね。
教会から見下ろした木組み家は
これぞ、イギリスって感じがします。

chisayobaabaさんの旅行記を拝見してると
イギリスへも行ってみたくなります。

7月の1日~9日まで
チビ太のパパはイギリスへ出張してましたが
カンタベリーへ行っていたのですよ。
もしかして
どこかですれ違ったりしてるかもしれませんね。

投稿: くぅくぅの母 | 2012年7月28日 (土) 21時25分

Kikkoさん、おはようございます(^^)
毎年、旅行の後は写真や切符やパンフレットをファイルに作っているのですが
今年はまだ全然できてません。
やっと体調も回復したのでこれからぼちぼち整理しようと思います。

ライの町は歩くのがとても楽しい町でした。
あまり観光地という感じではないところがよかったです。
もう、本当に普通の町です。
小さな教会も路地も坂道もバラの花もすべてが日常って感じでした。
駅の前に結構大きめのスーパーがありました。
住民の方もとても親切で何か尋ねるととても丁寧に教えてくれます。
そして「Have a nice day!」と言ってくれます。

もう来年は行かないかもしれないですがもしまたイギリスに行くことが
あればもう一度訪れてみたいと思っています

投稿: chisayobaaba | 2012年7月29日 (日) 09時21分

hiroさん、おはようございます(^^♪
ライの町
時間がゆっくり過ぎていくような素敵な町でした。
観光客らしき人もそれほど多くなくて日本の人とは全く会いませんでした。
町を歩いるとライの町の人たちが自分たちの町に誇りをもっているのが
よくわかりました。
新しいものはいくらでも作れますが歴史は買うことができませんものね。
荷物に制限があるので重たいものも値段が高いものも買えませんが
見ているだけで楽しいお店がたくさんありました。
Mちゃんの指ぬきを買ったお店は本当にピンからキリまでの
骨董品やらガラクタやらが置いてありました。
でもその中から宝物が見つけ出せてよかったですhappy01

投稿: chisayobaaba | 2012年7月29日 (日) 09時30分

くぅくぅの母さん、おはようございます!(^^)!

1昨年のNO1はハワース
去年は湖水地方
今年のお奨めはライです。

小さなイギリスの町は住んでいる人たちもとても素敵です。
だから歩いていてぬくもりが伝わってくるんだと思います。

チビ太くんたちのパパさんもイギリス出張だったのですね。
私たちもカンタベリーに7月4日から8日までいましたので
ばっちり重なっていますね。
あまり日本の人には会いませんでしたがカンタベリーの駅には
何度も行ったしカンタベリーの町はかなりウロウロしたので
どこかですれ違ってるかもしれませんねsign03

投稿: chisayobaaba | 2012年7月29日 (日) 09時42分

まるで中世の街に迷い込ん出ような、イタリアのベローナを明るくしたような、素敵な街ですね。
街のちょっとしたところに教会があって、人々のこころの拠り所なんですね。
ついつい、ずい分歩くので、疲れたでしょう?
でも、満足感の方が多いよね。

投稿: アジカン | 2012年8月 3日 (金) 11時53分

アジカンさん
ライは本当にゆっくり時間が流れているような
歩くことがとても楽しい町でした。
テニス同窓会でいつか行けるといいと思います。

最近、私も日曜日に家の近くの教会に行ってます。

投稿: chisayobaaba | 2012年8月 4日 (土) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222685/46345670

この記事へのトラックバック一覧です: ライの町並み散歩:

« 指貫 | トップページ | 最近、はまっているもの »