« 今年もウィンブルドン | トップページ | ライの町並み散歩 »

2012年7月20日 (金)

指貫

旅行前

東京に住む

まご①(小4) Mちゃんからメールが来ました。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

 club ばぁばへ

イギリスのおみやげに、陶器のゆびぬきをかってきてくださいclub

0294

M ちゃんは手元に何個か指貫を持っているらしく

「かわいいから集めたい」とのこと

イギリスでの楽しみが一つ増えましたnote

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

陶器のゆびぬき

「そう言えば何度か旅先で見たことあるな~」

思いましたが

あまり手にとったことも

もちろん買ったこともありませんでした。

/・

1日目のウィンブルドン観戦を終え

7月1日 はグリニッジへ

グリニッジを訪れた日曜日は

私たちが乗った電車の路線で

線路の工事をやっているということで

途中からはバスに乗り換えることになりました。

ところが降りるところを通り過ぎてしまい

またバスに乗って戻ったのですが

降りるところをまた間違えてcoldsweats02

かなり時間をロスしてしまいました。

それでも

なんとかグリニッジ天文台にたどり着き

1884年の世界子午線会議で

「世界経度の0度をグリニッジとする」と定められたという

東半球と西半球の境界の子午線の上に立つことができました。

P1180177

グリニッジではメリディアン・ビルディングを見た後

セント・アルフィージ教会・王立海軍大学・グリニッジマーケットなどを

訪れました。

楽しみにしていたクィーンズ・ハウスはオリンピック終了後しか

見られないということでこれはとても残念でした。

・・

7月2日

2回目のウィンブルドン

P1180316

月曜日のウィンブルドンは雨も降って

気温も低く まるで冬に戻ったかのような寒さでした。

お客さんたちも完全な雨装備です。

土曜日は5時起きでしたが

この日はお天気も悪いし月曜日なのでホテルで朝食を取り

7時半ごろにホテルを出発しました。

Img_1084

会場に到着すると少年たちが

前日の試合後にコート上に掛けたシートを巻き取り

Img_1092

ネットを貼り試合の準備をはじめていました。

P1180345

曇り空ながらなんとか試合も行われそうです。

P1180343

私の席の前に座った親子連れのお父さん、

座るとすぐに大きなグラスを取り出し

携帯用のコニャックの入った箱からお酒をついで飲み始めました。

お嬢さんの方は食パンを袋ごと取り出し

用意していたハムやチーズ、お野菜であっという間にサンドイッチを作って

おいしそうに食べていました。

寒いながらもなんとか夕方5時ごろまでは

順調に試合が行われていましたが

5時を過ぎたころからはとうとう雨になり

どのコートも一斉にネットをたたんでシートがかけられ始めました。

上からの雨がやめばカバーが取られて

すぐに試合が再開となるので

屋内でしばらく待機していましたが

ついにあきらめてホテルにもどりました。

P1180379_2

会場内は今年もベチュニアがきれいに飾られていました。

今年は白いお花もたくさん混じっていていっそう華やかでした。

・・

・・

今年のウィンブルドンも終わりました。

我が家のツアコンさんに

「来年は1週間ほどウィンブルドンに通いませんか?」

という提案をしてみようと思っていますが

どんな返事が返ってくるでしょうね~(* ̄ー ̄*)????

ところでMちゃんからのリクエストの指貫ですが

7月3日

この日に訪れたウィンザー城内のショップで

こんな素敵な指貫が見つかりました。

表と

P1190850_4

裏です。

P1190851

色もとてもきれいです。

この指貫は

こんなかわいい箱に入れてあって

THE ROYAL COLLECTIONと書かれています。

(買うときは見なかったのですが)

ちゃんと説明書きもはいっていました。

P1190844

P1190845_2


This design is inspired by English fine bone china commissoned

by Queen Victoria for the Great Exhibition in 1851.

この指輪のデザインは1851年のロンドン大博覧会のために

ヴィクトリア女王より依頼され英国の陶器製作所で作られたものです。

というような(多分)由緒正しいデザインの指貫でした。

まずはりっぱな指貫を1個ゲットできてひと安心です。

次にウィンザー城からほど近い

イートン校近くの文房具のお店で

今風のデザインでM ちゃんの好きなト音記号の付いた指貫を見つけました。

お土産っぽいけどこれもありかな?とこちらもゲット

P1190853

気を付けて見てみると

お土産物やさんには必ずといっていいほど

たくさんの指貫がショーウィンドウにならべてあったり

箱にまとめてドンとおいてありましたが

なかなか好きな柄のものが見つかりません。

7月6日

とても美しい小さな街

Rye(ライ)に行きました。

今回の旅

おすすめNO1なのですが

それは次回に。

そのライの骨董やさんでとってもかわいい指貫がみつかりました。

P1190838_4

真ん中の赤のお花の指貫が欲しくて見せてもらうと

箱ごと、ポンと渡されました。

箱には£5と書いた紙が貼っていました。

「この中から好きなのを選んでいいですか?」と聞くと

「セットだから、全部いいよ」とのこと

よくよく見るとかわいい柄の指貫が10個入っています。

P1190856

「本当に?全部??」

「箱ごと£5ですか~up

「本当に?」

何度も聞いてしまいました。

・・

P1190839_2

その中の一つに

          Golden Jubilee

                      1952 - 2002

と書いたものが入っていました。

今年は

エリザベス女王の記念すべき在位60周年で

ダイアモンド・ジュビリー

この指貫は10年前のゴールデン・ジュビリー の時に

おみやげもののお店用に作られたものだと思いますが

なんだかとてもうれしいおまけでしたheart

在位60周年のダイアモンド・ジュビリー

ウィンザー城の中でも写真展が開催されていましたが

National Portrait  Gallery でも写真展が開催されていて

地下鉄の壁には

在位に就かれたころの女王の若い頃の写真と

現在のエリザベス女王の写真が

写真展のポスターとして貼られていました。

P1190726

メガネやさんの店頭にはメガネをかけた女王の写真もかざってありました。

(写真を撮るのを忘れましたが)

・・

・・

P1190860


そしてこの指貫たち

よくよく見てみたら指貫の一つひとつの内側に文字が書いてありました。

ほとんどの指貫にTRADITIONAL ENGLAND BONE CHINA か

            Made in England  Fine China の文字

あとSTOKE-ON-TRENTや

AYNSLEY(エンズレイ)などの文字も入っていました。

これはウエッジウッドやロイヤルドルトンなどの陶器の産地の名前

エンズレイは陶器のメーカーの名前です。

・・

・・

£5で楽しいお買い物ができ

帰ってからも見るたびにうれしくて

・・

もうひとつ

夏休みにMちゃんのうれしそうな顔を見る楽しみも出来ましたheart04

・・

・・

指貫を見ながら

イギリスのどこかで

Mちゃんのように指貫を集めていた子供がいたのかしら・・・などと

思いを巡らせました。

・・

・・

|

« 今年もウィンブルドン | トップページ | ライの町並み散歩 »

旅行」カテゴリの記事

イギリス」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
お孫ちゃんより早く、指貫見せていただいて、恐縮しています。
イギリスは、シェットランドやボビンレースで有名ですが、女性は昔から、生活の中でお針仕事をしていて、そんな生活の中に、ちいさな楽しみを見出して、こんな可愛らしい、すばらしいものを、いつしか、コレクションし始めたのでしょうね。
以前、体験でボビンレースとタッチングレースをやりましたが、難しくて~
クロス刺繍は、母もやっていて、好きでしたので、思い入れもあります。
指貫、沢山あるとまた、見飽きないですね。お孫さんは、素敵なコレクションを始められましたね。(◎´∀`)ノ

お話聞いたり、観たりして、自分も行った気分になりますね。
他のお写真も楽しみです。
お疲れが出ない程度に、見せて下さい。

投稿: kikko( w*=*w ) | 2012年7月21日 (土) 10時50分

Kikkoさん、こんにちは
今日は朝、曇っていたので久しぶりにテニスに行ったら
すごい蒸し暑さでその上だんだんとお天気になって
午前中3時間でもうクタクタになりました。

Kikkoさんは趣味が多いですね。いつか見せていただいた手毬も
とてもきれいでした。器用なんですね。
指ぬきのコレクションは場所も取らずに少しずつ集めると
綺麗で楽しいでしょうね。Mちゃんがこれからも楽しんで
集めてくれるとうれしいです。旅行のお買い物の楽しみも増えます。
いつか海外にも一緒に行けると楽しいだろうなと思います。

投稿: chisayobaaba | 2012年7月21日 (土) 14時25分

chisayobaabaさん、こんにちは~♪
イギリスの指貫、とても素敵ですね。
日本では皮でできていることが多いですが、
イギリスでは陶器、しかもおしゃれで
アメリカのようにmade in Chinaでないところが良いです。
指貫の使い方は日本のと違うので使いにくそうですが、
コレクションとしては最高ですね。
前のアメリカ人の英語の先生の趣味が、
陶器の箸置きのコレクションだったので、
旅行をした時はいつもお土産に買ってきた
ことを思い出しました。
素敵な指貫ばかりでお孫さん、さぞ喜ぶでしょうね。
子供の頃から良いものに触れているとセンス良い
素敵なお嬢さんに成長するでしょうね。

投稿: hiro | 2012年7月21日 (土) 17時25分

hiroさん、こんばんは~(^.^)
暑くなりましたね。

Mちゃんのおかげで楽しいお買い物ができました。
娘はあまり褒めるところはないのですが手先がとても器用で
編み物や手芸がとても上手です。
Mちゃんもそんな子供になるのかな~と思ったりします。

箸置きのコレクションも趣味と実用を兼ねてしかも
かさばらずとてもいいですね。

指ぬきを見つけた骨董品のお店があったライは
旅行の日程の中で時間がなかったらやめようかと
言っていたのですが行ってよかったです。
教会が一つあるだけなのですが古い建物が街の中に生活の場として
あちこちに残っていて街を歩くだけでもとても素敵なところでした。

Mちゃんには夏休みには会えるのでその時に持って行って
喜ぶ顔を見るのが楽しみです。

投稿: chisayobaaba | 2012年7月21日 (土) 20時19分

指貫のコレクションをなさってるなんて
Mちゃん、いい趣味を持ってますねscissors
陶器の指貫は、女性に幸せを運ぶ・・って
聞いたことがありますから
きっとMちゃんも幸せになれますよ。
お土産の指貫は
どれも素敵な絵柄でいいですね。

グリニッジ天文台へ行かれたのですね。
世界の国の標準時を決めてる
グリニッジの子午線
わたしも見たいです。

投稿: くぅくぅの母 | 2012年7月22日 (日) 00時19分

くぅくぅの母さん、こんにちは
毎日、暑いですが今日は窓から少し涼しい風が入ってきて
過ごしやすいです。

指ぬきは欧米では結婚のお守りや幸せをもたらすアイテムとしても
人気があるそうですね。
形もかわいいしいろいろな柄があるので集めると楽しいでしょうね。
あまりかさばらないのもいいですね。
こういうお土産ならこちらも助かります。
骨董やさんで見つけた指ぬきは柄がかわいくてうれしい出会いでした。
Mちゃんが幸せになってくれるのが一番うれしいですheart

グリニッジ天文台はたまたま日曜日で電車の路線で工事があったとかで
途中でバスに乗らなくてはいけないことになって予定が狂いました。
メリディアン・ビルディングはゆっくり見学できたのですが
クィーンズハウスとカティサーク号が見られなかったのが残念でした。

投稿: chisayobaaba | 2012年7月22日 (日) 13時31分

Mが後ろにたまたまいたので、「見る?見ない?」と聞いたら見る見るというので一緒にみました。すごく楽しみにしてますよ。

2002年はMの産まれ年です。10年お店で待っててくれたのね。

投稿: ムスメ1 | 2012年7月23日 (月) 16時15分

ムスメ1さん

Mちゃん、見たんだね~
ばぁばも会えるの楽しみにしてるよ。
あーちゃんにもおみやげあるからねhappy01

投稿: chisayobaaba | 2012年7月23日 (月) 22時09分

Mちゃんの素敵な趣味のお陰で、旅の楽しさが倍増しましたね。
どれも素敵です。
お店の人との会話も楽しみの一つですしね。
レッスンの成果が表れてるよう。

投稿: アジカン | 2012年8月 3日 (金) 12時17分

アジカンさん
旅行に行ってもあまり買い物はしませんが
今回はMちゃんの指貫を捜すという目的があったので
楽しかったです。
骨董やさんであの指貫のセットを見つけたときは
とっても嬉しかったです。
自分の言いたいことはなんとかかんとか伝えられるように
なりましたがペラペラ早口で言われるとちっとも
わかりません。

投稿: chisayobaaba | 2012年8月 4日 (土) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222685/46388743

この記事へのトラックバック一覧です: 指貫:

« 今年もウィンブルドン | トップページ | ライの町並み散歩 »