« まご ろく になりました(^^)/~~~ | トップページ | 春休み つづき »

2012年4月15日 (日)

春休み

やっと普通の毎日に戻りました。


だいぶ薹の立った話題ですがcoldsweats01

春休みが始まるとすぐ東京にいる孫たちが遊びに来てくれました。

近くに住む孫たちも後日 合流してにぎやかな楽しい日々でした。



3月26日

ANAのらくのりキッズサービスを利用して小4と小2になる孫二人が空港に到着しました。

Img_0093_9




3月27日

自宅から地下鉄で一駅の貝塚公園へ

広い公園を元気に走り回って大きなラケットでテニスに挑戦しました。

P1160192



その日は広い公園をぐるりと回れるゴーカートがお休みで

ちょっとガッカリの二人でしたが

「どうしても乗りた~いrvcarsign04」と後日再度出かけて念願が叶いました。

Img_0224_2





3月28日

お買いものデーの一日でした。

近くのお店でお気に入りのノートや鉛筆、欲しかったシールやシールノートなど

思う存分買って「ばぁば、大丈夫?」とばぁばのお財布を心配してくれました。




3月29日

原田琺瑯さん工場見学

我が家から徒歩5分ほどのところにある原田琺瑯さんの店舗です。

P1160324

町内会の仕事でオットがご原田さんと知り合いになり

「機会があったら工場を見せてください」とお願いしていたのが

運よく、まごたちの来訪と重なりました。




今ではあまり見かけませんが

鼻眼鏡の大村混さんがオロナミンCの宣伝をしていた看板や

お布団綿メーカーのカクイ綿やおたふく綿の看板は

昭和30.年代から40年代後半、ご主人のお父さまの頃に

この工場で生産されて全国に届けられたということです。

懐かしい原田琺瑯さん制作のさまざまな看板が見られます。



私が子供の頃、実家の店の看板の横にも

「たわくふたお」の看板がかかっていました。

001
          (原田琺瑯さんのパンフレット裏表紙より)



あの「おたふく綿」の看板が50数年前に

私が今 住んでいるこんな近くで作られてたなんて・・・sign03



お店で迎えてくださった奥さまが早速、工場に案内して下さいました。


ちょうど森の中の木に取り付ける標識を作成中でした。

P1160294_3

右側から

①切断してプレスしたステンレス板

②錆びとめの釉薬をかけて乾燥→焼成したもの

③上釉薬をかけて乾燥して焼成したもの

④その上にシルクスクリーンを使って職人さんが一枚一枚ロゴを印刷していきます。

P1160269



印刷が終わるとプレートを乾燥させ

745℃の窯に入れ焼成をして出来上がりです。

P1160276_2

詳しい制作工程はこちらから

他にも

Panelimg

自宅近くの教会の看板     自然公園の標識           バスの車体に取り付けた看板

店舗の看板            避難場所を知らせる標識      駐車場の看板

等々



琺瑯といえばやかんや密閉容器・食器などと思っていましたが

こんなにいろんな場所に琺瑯製品があったのですね。




原田さん・奥さま

ブログ内には書ききれませんでしたがたくさんのことを教えていただいて

お忙しい中 お時間を取っていただきありがとうございました。

孫たちにもきっと心に残るよい思い出になったことと思います。



原田琺瑯さんから帰り道

「ちょっとお散歩しようか」と大学のキャンパスへ行ってみました。

桜はまだ5分咲きぐらいでしたが

大きな松ぼっくりを拾ったり四葉を見つけたり

博物館でアンモナイトの標本を見たりパズルに挑戦したり

広い構内を元気に歩きました。



帰ってからシャワーをしてベランダのブロッコリーを収穫した後

「まだ遊びた~いと近くの小学校へ

子供のエネルギーは無限大∞なんでしょうか・・・(^-^;

Panelimg2


あっという間に4日目が終わりました。

|

« まご ろく になりました(^^)/~~~ | トップページ | 春休み つづき »

まご ろく」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222685/44877461

この記事へのトラックバック一覧です: 春休み:

« まご ろく になりました(^^)/~~~ | トップページ | 春休み つづき »