« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月18日 (水)

春休み 最後

4月2日

今日は電車で約30分程の海ノ中道ワンダーワールド

JRの最寄駅までは大人の足で約10分ですが

2歳から9歳までの子供5人

おしゃべりしながらお花を摘みながら

何分かかったのでしょう?

小さなごいんちゃんの足にみんな合わせて歩いてくれました。

電車の中も楽しくてあっという間に海ノ中道駅へ

電車を降りて10分程歩くとワンダーランドの入口に着きました。

クジラ雲のトランポリン・子供の砦・ローラースライダー・エジプト迷路

ちびっこ広場には様々な滑り台やブランコ・たくさんの小さな家が

組み合わされた遊具など「どこで遊ぶ?」と迷うほどでした。

お天気も上々で子供たちはTシャツ一枚になってもう夢中です。

特にお気に入りだったのが水辺のトリムという水上のアスレチックです。

浅く水が張られた池の上に丸太渡り・筏橋・うんてい・網のぼりなど

木や縄を使ったアスレチックが20近くもあって

見ている方はハラハラしましたが小学生3人は果敢に挑戦していました。

片足、水に落ちた子がいましたが幸い大事には至りませんでした(^-^;

W_03_2302


暖かな日差しに恵まれ思う存分遊んだ一日でしたが

4時を過ぎると少し空気がひんやりと感じられてきました。

「そろそろ、帰ろうねー」

遊ぶところがたくさんありすぎて

子供たちはまだまだ遊び足りなさそうでした。



フラワーミュージアムやシンフォニーガーデン・動物たちと触れ合える

動物の森なども施設内にあるのですが残念ながら

時間が足りずにたどり着けませんでした。


来年の春休みもワンダーワールドだね。



5人の姿をいつも目の端に入れておくのが大変で

あまり写真も撮れなかったのですが

なんとか迷子にもならず怪我なく元気に一日遊べました(* ̄ー ̄*)

Panelimg6



4月3日

今日はおじぃちゃんの誕生日

すごい大風の一日でした。



お昼にM ちゃんとA-ちゃんが東京から持参の

ポンデケージョミックスという粉でパンを焼いてくれました。

プレーンとチーズの2種類でプレーンにはジャムやバターを付けて

チーズはそのままいただきましたがもちもち感とふっくら感が

まじりあったとてもおいしい初めての感触のパンでした。



M ちゃん・A-ちゃんありがとうhappy01heart04

レシピもちゃんと残してくれました。

Panelimg7_5




4月4日

今日がいよいよ最後の一日です。

荷物を発送してから近くのホテルのバイキングに行きました。

S_lunchi_p_201201


から揚げ・ピザ・カレーライス・お肉にサラダに果物 アイスクリーム

チョコレートファウンティン・・・・


もう、びっくりするくらい食べましたlovelysign03

あの細い小さな身体のどこに入っていくのだろうと感心するくらいの食欲です。


お昼のバイキング 子供料金は900円。

元はじゅう~ぶん取れましたcoldsweats01sweat01


いつも定番の焼き鳥と中華に今度からはバイキングも追加です。



一度家に帰ってから空港へ



去年は来る時も帰るときも二人だけのVIP旅行でしたが

今年は途中から帰ってきたお母さんと一緒なので安心です。




「また大きくなって帰っておいでね」
と別れました。




空港では元気だった二人ですが飛行機の中では

メソメソだったとか。

「無事到着しました」のメールに

メソメソ顔のA-ちゃんの写真が添付されて

送られてきました。



いつまで喜んで来てくれるかわかりませんが

あとはオットと私の体力勝負です。

今年もつかれました~

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

春休み つづき

3月30日

今日はまご①M ちゃんとまご③A-ちゃんと一緒にお出かけです。

博多駅ビルにある博多Tジョイで「長靴をはいた猫」を見ました

You Tube に

私が好きだったシーンがギュッと詰まった動画を見つけたので

貼り付けてみました。

5分程ですが中ほどのダンスのシーンはなかなかの迫力です。

映画館では3D用のメガネをかけて見ましたので本当にリアルで

猫たちの口や手・足 体全体の動きは躍動感満点でした。


孫たちと一緒ですのでもちろん吹き替え版ですが十分楽しめました。


“屋上で遊ぶ” “映画を見る” “パフェを食べる”

三つのお約束を完了して家に帰ると

おじぃちゃん特製のハンバーグが待っていてくれました。


二人とも食欲旺盛なので

4人分で700グラムぐらいの挽肉をを用意して出かけました。

縦が約8センチ横が6センチくらい厚さも2センチほどもある

大きなハンバーグが7個できていました。


残念なことに写真を写すのを忘れてしまいましたが

1個が普通の2個分ほどの大きさでした。


お野菜と一緒にまずは1個づつお皿に乗せていただきましたが

M ちゃんはあっという間に完食して2個目に突入です。

Aーちゃんも2個目を頑張っています。

私は1個でお腹がいっぱいになりました。

オットも1個を食べて様子を見ています。

残った1個

「誰かまだ食べられる?」と聞くと

A-ちゃんはギブアップ

M ちゃんは「半分ならまだいける」

残った1個はじぃじと半分っこでした。

気持ちいいほどの食欲の二人

食欲も無限大∞heart01です。





3月31日

今日は夕方、近くに住む息子家族と一緒に食事をしました。


我が家の近くにある天満宮の桜はもう満開

途中、小学校の校庭や子ども図書館に寄りながら

中華料理のお店に到着しました。

今日はニューフェースのTくんも初参加です。

来年はもうあんよをしてることでしょう。


おいしくたくさんいただいて

帰りはお父さん・お母さん・Tくんと別れて

まご⑤が我が家に集合しました。


4月1日

今日はみんなの大好きな大きな滑り台のある公園へ

途中コンビニお弁当を食べて午前中から夕方までよく遊びました。

ばぁばはそろそろエネルギーが切れそうになって

夜は近くの焼き鳥屋さんへ

Panelimg5_3

  (一番上、真ん中の写真は3Dメガネをかけて映画鑑賞中の写真です。)




明日も朝から

今度は電車に乗って遊園地です。

| | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

春休み

やっと普通の毎日に戻りました。


だいぶ薹の立った話題ですがcoldsweats01

春休みが始まるとすぐ東京にいる孫たちが遊びに来てくれました。

近くに住む孫たちも後日 合流してにぎやかな楽しい日々でした。



3月26日

ANAのらくのりキッズサービスを利用して小4と小2になる孫二人が空港に到着しました。

Img_0093_9




3月27日

自宅から地下鉄で一駅の貝塚公園へ

広い公園を元気に走り回って大きなラケットでテニスに挑戦しました。

P1160192



その日は広い公園をぐるりと回れるゴーカートがお休みで

ちょっとガッカリの二人でしたが

「どうしても乗りた~いrvcarsign04」と後日再度出かけて念願が叶いました。

Img_0224_2





3月28日

お買いものデーの一日でした。

近くのお店でお気に入りのノートや鉛筆、欲しかったシールやシールノートなど

思う存分買って「ばぁば、大丈夫?」とばぁばのお財布を心配してくれました。




3月29日

原田琺瑯さん工場見学

我が家から徒歩5分ほどのところにある原田琺瑯さんの店舗です。

P1160324

町内会の仕事でオットがご原田さんと知り合いになり

「機会があったら工場を見せてください」とお願いしていたのが

運よく、まごたちの来訪と重なりました。




今ではあまり見かけませんが

鼻眼鏡の大村混さんがオロナミンCの宣伝をしていた看板や

お布団綿メーカーのカクイ綿やおたふく綿の看板は

昭和30.年代から40年代後半、ご主人のお父さまの頃に

この工場で生産されて全国に届けられたということです。

懐かしい原田琺瑯さん制作のさまざまな看板が見られます。



私が子供の頃、実家の店の看板の横にも

「たわくふたお」の看板がかかっていました。

001
          (原田琺瑯さんのパンフレット裏表紙より)



あの「おたふく綿」の看板が50数年前に

私が今 住んでいるこんな近くで作られてたなんて・・・sign03



お店で迎えてくださった奥さまが早速、工場に案内して下さいました。


ちょうど森の中の木に取り付ける標識を作成中でした。

P1160294_3

右側から

①切断してプレスしたステンレス板

②錆びとめの釉薬をかけて乾燥→焼成したもの

③上釉薬をかけて乾燥して焼成したもの

④その上にシルクスクリーンを使って職人さんが一枚一枚ロゴを印刷していきます。

P1160269



印刷が終わるとプレートを乾燥させ

745℃の窯に入れ焼成をして出来上がりです。

P1160276_2

詳しい制作工程はこちらから

他にも

Panelimg

自宅近くの教会の看板     自然公園の標識           バスの車体に取り付けた看板

店舗の看板            避難場所を知らせる標識      駐車場の看板

等々



琺瑯といえばやかんや密閉容器・食器などと思っていましたが

こんなにいろんな場所に琺瑯製品があったのですね。




原田さん・奥さま

ブログ内には書ききれませんでしたがたくさんのことを教えていただいて

お忙しい中 お時間を取っていただきありがとうございました。

孫たちにもきっと心に残るよい思い出になったことと思います。



原田琺瑯さんから帰り道

「ちょっとお散歩しようか」と大学のキャンパスへ行ってみました。

桜はまだ5分咲きぐらいでしたが

大きな松ぼっくりを拾ったり四葉を見つけたり

博物館でアンモナイトの標本を見たりパズルに挑戦したり

広い構内を元気に歩きました。



帰ってからシャワーをしてベランダのブロッコリーを収穫した後

「まだ遊びた~いと近くの小学校へ

子供のエネルギーは無限大∞なんでしょうか・・・(^-^;

Panelimg2


あっという間に4日目が終わりました。

| | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »