« 今年の目標は? | トップページ | 引越し中 »

2012年1月22日 (日)

レトロな町の散策とコンサート

めずらしく暖かな日差しの一日

ローカル電車に乗って1時間ほどの直方市に行ってきました。

直方市は福岡市と北九州市の中程にある小さな町

町の中のあちこちに明治・大正時代に建てられた

古い木造洋風建築が残されています。

アートスペース谷尾

大正時代に旧十七銀行の直方支店として建築された洋風建築

現在は市立美術館の別館として使われています。

Artspace_tanio_2 

ボヘミアングラスや薩摩切子などの見事なガラスコレクションの

展示スペースとして利用されていて

P1150814

奥にはとても優雅な雰囲気のティースペースcafeがありました。

珈琲のいい香りとカレーの美味しそうなにおいが漂ってきて

ここでランチをいただきました。

Img_0149_4 P1150825_4 

喫茶店とギャラリーの中程の壁には銀行として使われていた頃の

大きな大金庫室のドアが残されていました。

P1150815_2 

アートスペース谷尾を出て5分ほど歩くと

かなり大きな洋風建築が見えてきました。

旧讃井医院

P1150836_2

ここは大正11年に内科・胃腸科・歯科も備えた

総合病院として開院されたということですが

現在は使われていないらしく残念ながら内部は見られませんでした。

当時はさぞモダンで立派な建物だっただろうと思います。

江浦医院

P1150837

現在も耳鼻咽喉科医院として使われているそうで

患者さんになれば内部も見られるそうです。

外観も内部も建築当初のままで保存されているそうで

明治34年に建てられた建物が今も医院として使われているなんて

本当に素晴らしいと思いました。

直方谷尾美術館

P1150840

直方が筑豊炭田の中心都市として発達した時代は

近代的な医療機関も数多く建てられこの建物もその中の一つで

奥野医院として大正・昭和時代と地域の医療に貢献したということです。

現在は直方市の市立美術館として利用されています。

P1150843_2 

内部にあるステンドグラスとシャンデリア

病院部分の建築は洋風ですが建物奥側は和風建築になっていて

住居部分の一番奥にはお茶室も併設されていました。

直方歳時館

P1150853

直方は明治の頃は多くの炭鉱が開かれて

旧産炭地の玄関口として栄えた町です。

その頃、炭鉱王と呼ばれた堀三太郎の旧宅がこの直方歳時館です。

明治31年に建てられたという木造平屋造りの格調ある建物でした。

炉が切られた12畳もある本格的な茶会もできる和室や

事務所として使われている洋室も昔のままに保存されています

P1150858

堂々とした蔵や広い庭も手入れが行き届き

P1150860

現在では蔵も含めて建物全体が市民のための

イベントスペース・お稽古ごとなどの教室として利用されているそうで

その日は子供たちのお琴の教室が開かれていました。

明治期に鉄道が敷設され 筑豊炭田の中心都市として発展を続けた直方市

そんな直方の町を3時間ほど散策のあとは

本来はこちらがメインなのですが

直方市にあるユメニティホールで

P1150869

・バンドネオンの小松亮太さん

・サクソフォンの須川展也さん

・ヴァイオリンの奥村愛さん

この三人のジョイントによる

ハッピー・タンゴ・アワーというコンサートに行ってきました。

バンドネオンとサクソフォンとヴァイオリンでタンゴupsign02

どんなコンサートなのか想像するのが難しかったのですが

とても楽しみにしていました。

小松亮太さんのトークがとても楽しくて

ハバネラ・奥様お手をどうぞ・リベルタンゴなどのタンゴの名曲ばかり

アンコール曲はとっておきの 〝ラ・クンパルシータ〟

小松亮太さんのバンドネオンのちょっと悲しげな音と

奥村愛さんのヴァイオリンの澄んだ音

須川さんのお腹の底から溢れ出るようなサックスの響きのハーモニーが

なんとも言えず心地よい時間でした。

ひと粒で2度おいしいアーモンドキャラメルのように(かなり古いですねcoldsweats01

直方の町巡りとタンゴのコンサート

小さな旅の気分を満喫できた楽しい一日でしたhappy01shine

|

« 今年の目標は? | トップページ | 引越し中 »

日々のできごと」カテゴリの記事

コメント

chisayobaabaさん、おはようございます~♪
レトロな町の散策と素晴らしいコンサート。
素敵な一日を過ごされましたね。
私もご一緒させて頂いているつもりで拝見しました。


直方市、名前だけは知っていましたが、
歴史と文化の香りがする、こんなに素晴らしい
町とは知りませんでした。
私が思っていた炭坑の町とイメージが大分異なりました。
ネットで調べたのですが、遠賀川、竜王峡
等、自然も豊かなようですね。
私が時々食べている「もち吉」の本社が
あることもわかりました。
永住しても良い位、素敵な町でした。

投稿: hiro | 2012年1月23日 (月) 09時32分

おはようございます。
本当に、土曜日は久しぶりの青空が見られました。
そして、少し温かさも感じました。

毎月両親のお墓参りに、飯塚まで行くので、今度、少し遠回りして、直方へも寄ってみたいと思いました。筑豊は、最近では、田川の炭鉱画家さくべいさんも、有名ですね。
いろんな土地それぞれに、探せば、見所があることに気づかされました。

ランチも美味しそう!

投稿: kikko( w*=*w ) | 2012年1月23日 (月) 10時52分

Kikkoさん、こんばんは('∀`)

今日は寒かったですね。
明日はまた一段と寒くなるそうで、いやですねcatface
Kikkoさんはご実家が飯塚なんですね。
だったら直方は近いですね。
そうですね最近は山本作兵衛さんがすっかり有名ですね。
ランチを頂いたアートスペース谷尾は本当に素敵なお店でしたよ。
ガラスのコレクションを見るだけでもお勧めです。
いろいろなイベントも多いみたいなので
それに合わせて出かけるともっと楽しい
かもしれませんね。

投稿: chisayobaaba | 2012年1月23日 (月) 21時02分

hiroさん、こんばんは('∀`)

直方市で一番有名なのは残念ながら引退
してしまいましたが歴代の勝ち数一位を
誇る元大関の魁皇かもしれません。
小さな町でどちらかというと北九州市の
方が近いので福岡に住んでいてもめったに
訪れることのない町です。私は2度目です。
炭鉱で栄えていた頃があるから今でも
これだけの建物が残っているのでしょうね。

JRの直方駅も古い駅舎がとても素晴らし
かったのですが住民の反対運動にも
かかわらず3年ほど前に壊されてしまって
本当に残念でした。
「もち吉」のおせんべい
hiroさんもご愛用なんですね。
直方市にはユメックスというとても素敵な
コンサートホールがあるので機会を
見つけてまた訪れたいと思います。

投稿: chisayobaaba | 2012年1月23日 (月) 21時03分

こんばんは!
北九州市出身なのに
実は直方には行ったことがなくて・・coldsweats02
直方ってこんな素敵な街なんですね。
炭鉱町でちょっとすすけた町・・なんて
勝手に決め付けてましたわ。
直方の方に叱られちゃいますね。

chisayobaabaさんは
福岡からどのようにして行かれたのですか?
もしかしてJRで折尾から
筑豊本線に乗ってtrain
折尾駅には昔懐かしい
駅弁売りの名物おじさんが
いらっしゃるのですよ。

タンゴのコンサート付きのミニ旅行
いいですね。

投稿: くぅくぅの母 | 2012年1月23日 (月) 23時55分

くぅくぅの母さん、こんばんは('∀`)
直方の町、炭鉱で栄えた時代は隆盛を
極めたのだと思います。
耳鼻咽喉科の江濱医院、保険証を持って
いれば耳のお掃除だけでもお願いして
中を見たかったです。

直方はJR吉塚駅から鹿児島線で折尾まで
行って筑豊線に乗り換えるルートと
JR吉塚駅から篠栗線に乗る方法があります
が篠栗線に乗ると途中桂川という駅から
そのまま筑豊線に乗り入れているので
直方まで乗り換えなしで行けます。
で・今回は篠栗線を利用しました。
行きは超ローカルの普通電車でしたので
1時間ちょっと 帰りは快速に乗れたので
50分位でした。

折尾駅の駅弁はかしわご飯ですよね。
学生時代を小倉で過ごしましたので折尾駅
は懐かしい駅です。
コンサートと小さな町歩き
お天気もよくて楽しい一日でした。

投稿: chisayobaaba | 2012年1月24日 (火) 22時46分

chisayobaabaさん、こんにちは(◎´∀`)ノ
直方、とっても素敵なところですね☆☆
私の大好きな魁皇関の故郷でもある直方、
考えたら一度も行ったことのない土地です。
なんと素敵なレトロな町でしょう♪
同じ福岡県内にも様々な魅力溢れる町がたくさんあるのだなぁと、改めて思いました☆
そしてまた素敵なコンサートに行かれましたね☆☆
タンゴのコンサート♪私も一度参加してみたいです♪♪
バイオリンにサックス、素敵だったことでしょうね♪♪
chisayobaabaさんはいつも素敵なコンサートに行かれていらっしゃいますね☆

私はこの週末、とっても素敵な映画を観てきました。
私の大好きな俳優・大泉洋さんと、原田知世さん主演の『しあわせのパン』という、北海道を舞台にした映画です。
とってもとってもあたたかくて、優しくて…たくさん癒されたせいか、エンドロールが終わってもなお涙が溢れてとまりませんでした(;ω;)
福岡ではキャナルシティでのみ上映されていますので、もし機会がありましたら観てみられてくださいね♪
http://shiawase-pan.asmik-ace.co.jp/intro.html

投稿: ぴよみ | 2012年1月29日 (日) 18時05分

ぴよみさん、こんばんは(^O^)
ぴよみさんはテニスの試合をテレビでみたりしますか?
先々週からテニスの4大トーナメントの全豪オープンが始まって
今日がいよいよ男子の決勝戦なのですよ。
毎日何時間もついついテレビを見てしまって家事が滞っています

直方にはユメニティホールというとてもりっぱな施設があって
以前も千住真理子さんのリサイタルに行ったことがあるのですが
直方の町自体は小さいのですが石炭産業が盛んだったころの
名残があちこちに見られてなかなか素敵な所です。
タンゴのコンサートも不思議な楽器の取り合わせでしたが
知っている曲がたくさんでとても楽しい時間でした。

原田知世さん、いつまでも若くて清々しい感じの女優さんですね。
「しあわせのパン」素敵な映画みたいですね。
泣ける映画大好きです。

投稿: chisayobaaba | 2012年1月29日 (日) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222685/43830903

この記事へのトラックバック一覧です: レトロな町の散策とコンサート:

« 今年の目標は? | トップページ | 引越し中 »