« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月22日 (日)

レトロな町の散策とコンサート

めずらしく暖かな日差しの一日

ローカル電車に乗って1時間ほどの直方市に行ってきました。

直方市は福岡市と北九州市の中程にある小さな町

町の中のあちこちに明治・大正時代に建てられた

古い木造洋風建築が残されています。

アートスペース谷尾

大正時代に旧十七銀行の直方支店として建築された洋風建築

現在は市立美術館の別館として使われています。

Artspace_tanio_2 

ボヘミアングラスや薩摩切子などの見事なガラスコレクションの

展示スペースとして利用されていて

P1150814

奥にはとても優雅な雰囲気のティースペースcafeがありました。

珈琲のいい香りとカレーの美味しそうなにおいが漂ってきて

ここでランチをいただきました。

Img_0149_4 P1150825_4 

喫茶店とギャラリーの中程の壁には銀行として使われていた頃の

大きな大金庫室のドアが残されていました。

P1150815_2 

アートスペース谷尾を出て5分ほど歩くと

かなり大きな洋風建築が見えてきました。

旧讃井医院

P1150836_2

ここは大正11年に内科・胃腸科・歯科も備えた

総合病院として開院されたということですが

現在は使われていないらしく残念ながら内部は見られませんでした。

当時はさぞモダンで立派な建物だっただろうと思います。

江浦医院

P1150837

現在も耳鼻咽喉科医院として使われているそうで

患者さんになれば内部も見られるそうです。

外観も内部も建築当初のままで保存されているそうで

明治34年に建てられた建物が今も医院として使われているなんて

本当に素晴らしいと思いました。

直方谷尾美術館

P1150840

直方が筑豊炭田の中心都市として発達した時代は

近代的な医療機関も数多く建てられこの建物もその中の一つで

奥野医院として大正・昭和時代と地域の医療に貢献したということです。

現在は直方市の市立美術館として利用されています。

P1150843_2 

内部にあるステンドグラスとシャンデリア

病院部分の建築は洋風ですが建物奥側は和風建築になっていて

住居部分の一番奥にはお茶室も併設されていました。

直方歳時館

P1150853

直方は明治の頃は多くの炭鉱が開かれて

旧産炭地の玄関口として栄えた町です。

その頃、炭鉱王と呼ばれた堀三太郎の旧宅がこの直方歳時館です。

明治31年に建てられたという木造平屋造りの格調ある建物でした。

炉が切られた12畳もある本格的な茶会もできる和室や

事務所として使われている洋室も昔のままに保存されています

P1150858

堂々とした蔵や広い庭も手入れが行き届き

P1150860

現在では蔵も含めて建物全体が市民のための

イベントスペース・お稽古ごとなどの教室として利用されているそうで

その日は子供たちのお琴の教室が開かれていました。

明治期に鉄道が敷設され 筑豊炭田の中心都市として発展を続けた直方市

そんな直方の町を3時間ほど散策のあとは

本来はこちらがメインなのですが

直方市にあるユメニティホールで

P1150869

・バンドネオンの小松亮太さん

・サクソフォンの須川展也さん

・ヴァイオリンの奥村愛さん

この三人のジョイントによる

ハッピー・タンゴ・アワーというコンサートに行ってきました。

バンドネオンとサクソフォンとヴァイオリンでタンゴupsign02

どんなコンサートなのか想像するのが難しかったのですが

とても楽しみにしていました。

小松亮太さんのトークがとても楽しくて

ハバネラ・奥様お手をどうぞ・リベルタンゴなどのタンゴの名曲ばかり

アンコール曲はとっておきの 〝ラ・クンパルシータ〟

小松亮太さんのバンドネオンのちょっと悲しげな音と

奥村愛さんのヴァイオリンの澄んだ音

須川さんのお腹の底から溢れ出るようなサックスの響きのハーモニーが

なんとも言えず心地よい時間でした。

ひと粒で2度おいしいアーモンドキャラメルのように(かなり古いですねcoldsweats01

直方の町巡りとタンゴのコンサート

小さな旅の気分を満喫できた楽しい一日でしたhappy01shine

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

今年の目標は?

昨日から新しいクールの英語クラスが始まりました。

このクラスに入って2度目の新年です。

今年最初のレッスンは

My New Year's Resolutions 2012  今年の目標 でした。

健康に過ごすための今年の目標

Resolutions to live a healthier life

とか

英語力を向上させるための今年の目標

Resolutions to inprove my English:

など

7つの項目の目標をお隣同士でミーティング(英語ですよ〜(^^♪)

そのあと発表の順番が回ってきます。

私の発表の項目は

楽しい毎日を送るための目標

Resolutions to live a happier life:でした。

まご達と仲良く遊べるのが一番楽しいのだけれど

去年から頑張ってきたテニスがもう少し上手くなればそれも楽しいかなと

I have tried to keep harder tennis puractice since last summer,so I hope

my tennis will be getting better this season. と答えましたが

うまく伝わっているかどうかは疑問ですcoldsweats01sweat01

でも・まあ

今年のGraeme's クラスの目標は

・ Confidence

・ Enjoy English

・ Make mistakes.

ということなので

少々間違えても もっともっと英語を楽しみたいと思います。

この英語では自信はなかなか持てませんけど・・・catfacesweat01sweat01

心配していたお嫁さんの容態も回復して来週には退院出来るそうだとのこと

よかったですconfidentscissors

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

嵐のような年末年始でした

あけましておめでとうございます fuji

ひと月ぶりの更新です

12月の英語

12月は英語クラスが中旬で終わり、1月は12日からのスタートです

冬休みの間 何かまとまった勉強をと思い何冊か本を準備しました

すべて安河内哲也さんの本で

「シンプルパターンの英会話」

「英語で思ったことが話せる本」

「英語で思ったことが書ける本」

どの本も私にちょうどいい中学英語が基本の本ばかりです

12月のテニスは

去年の夏すぎから夫にアドバイスをしてもらいつつ

練習にも付き合ってもらって

取り組んできたサーブのフォームがやっと形になり始めてきました

昨年は年賀状も例年以上に早く終わり22日にはポストに投函しました

そしてざーっと掃除もすませそろそろお節の買い物にと思っていた頃

突然お嫁さんが入院というアクシデントが起こり

年末29日からお正月の4日まで

息子とまご3人を我が家で預かることになりました。

今 思えば怒涛のような一週間でしたが

済んでみればまご達の可愛い姿ばかりが思い浮かびます

朝・昼・晩の食事・お風呂・冬休みの宿題・バイオリン・ピアノのお稽古

縄跳びの練習・暖かい日には公園にもと一日の過ぎるののなんと早いことcoldsweats02

でもまぁ 6泊7日 風邪もひかず ご飯もたくさん食べてくれて

大晦日には一緒に年越しそばを食べ除夜の鐘を聞き

元気にお正月を迎えてお節やお雑煮を一緒にいただき初詣にも出かけました

夜 寝る時やお風呂

お母さんが居なくて大丈夫かなーと

心配だったオーちゃんでしたが

ねんねの時はお父さんに本を読んでもらい

お風呂は毎晩「おばあちゃんと入る」とうれしいご指名でした(o^-^o)

おじいちゃんにもすっかり慣れて

おじいちゃんの姿がちょっとでも見えなくなると

「おじいちゃんは?」とおじいちゃんのお部屋まで捜しに行きます

すっかり達者になった日本語を駆使してお姉ちゃん達とも仲良く遊べました

P1150617_2

          (ブロックで作ったタワーの窓から「おじいちゃ〜ん」

面白いことに

お姉ちゃん達が「オリちゃん」と呼ぶのが

オーちゃんには「ごいんちゃん」とか「ごりんちゃん」に聞こえるらしく

自分のことを「ごいんちゃん」とか「ごりん」と呼ぶのです

例えば「このおもちゃは誰の?」と尋ねると

「ごいんの〜」と答えが返ってくるのです

それがまた可愛くて我が家ではすっかり「ごりんちゃん」が定着してしまいました

お嫁さんも順調に回復しているようでひと安心ですが

まだまだ無理はできないのでお嫁さんのお母さんと手分けをして

まご達と過ごさなければと思っています。

そんなこんなの大忙しの年末年始でしたが頼りにされると元気がでるものですね

まだまだ頑張れそうな気がしてきましたscissorshappy01

早々と準備した英語のテキストは・・・

              途中でストップしたままです catfacesweat01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »