« 奈良から高野山へ | トップページ | 奈良・高野山の旅 最後 »

2011年10月28日 (金)

高野山 つづき

同窓会旅行 最後の朝は

高野山総持院の朝の勤行で始まりました。

早朝5時半起床、6時から始まる朝のお勤めに参加させていただけます

標高900m程の山々が連なる高野山

明け方の気温は8度 板張りの冷たさがつま先に感じられます。

P1140683

本堂にはひざ掛けの毛布が用意されていましたが

それでも足元からしんしんと冷えてきます。

コート以外に羽織るものを何ももってきてなかった私に

アジかんさんが暖かいカーディガンを貸してくれました。

このカーディガンがなかったらどんなに寒かったことか

アジかんさん、ありがとうspa

P1140684

ご住職さまや修行中のお坊さん達の読経が続き

そのあとご住職さまが法要の忌日についてお話をしてくださいました

「どうして2年目なのに3回忌なのか?」とよく聞かれますが・・・

「亡くなった日を1回目の忌日と数え、

丸1年目を2回目の忌日といい

丸2年目を3回目の忌日と数えるので

2年目の忌日を3回忌と呼びます」ということでした。

「亡くなった霊に対して2年がすぎたというよりも

これから3年目が始まるんだというような考え方で

亡くなった人を法要する」というようなお話でした。

勤行が終わり外に出ると思わず手をこすり合わせるような冷気

掃き清められたお庭に出るととても清々しい気持ちになりました

P1140682

そして朝食

今日もとても豪華版です。

昨夜、あんなにお腹いっぱいだったのに

早起きしたせいか とてもおいしくいただきました。

P1140686

今日は弘法大師の御廟がある奥の院に向かいます

奥の院まではバスを利用しそこからは歩いて奥の院御廟を目指します。

奥の院の参道は左右に杉の大木が聳えるような高さに立ち並び

暖かかった日差しが遮られて薄暗く冷やりとした空気が漂っていました。

P1140693

奥の院前バス停から左側の小道に入ると

「汗かき地蔵」というお地蔵様を祭ったお社がありました。

『常に人々の犯した罪に苦しみ その苦しみを慈悲によって

代わって受けそのために汗をかいている』というお地蔵様だそうです

「これからもご迷惑をかけますがよろしくお願いします」と皆で手を合わせました。

P1140691

お地蔵様の横には「姿見の井戸」がありました。

井戸を覗き込んで自分の影が映らなければ3年以内に

亡くなってしまうという怖い言い伝えがあるそうです。

P1140690

参道の両側には織田信長と明智光秀、豊臣家と徳川家など

命をかけて争った武将達の墓や法然上人や親鸞聖人の供養塔など

20万基を越すという墓碑が並んでいました。

豊臣家の墓所↓

P1140694_2

参道はかなり急な山道かと思っていましたが平坦でとても歩きやすい道でした。

いよいよ弘法大師の御廟に入り ます

これからはカメラは一切撮影禁止でした。

真言密教の聖地といわれる高野山

また来ることがあれば117もある寺院や歴史ある建物を

一つひとつ訪れてみたいものだと思いました。

お昼前に下山し 昼食のあと

高野山真言宗の総本山 金剛峰寺に参詣しました。

P1140672

大主殿↓ 東西54m 南北63mというとても大きな寺院です。

P1140701

入口に×カメラの貼り紙がないので

ダメ元で「あのー・・写真は・・」とお尋ねしたら

写してもいいですよ但し襖絵は写さないでくださいという

ありがたい指示がありました。

で・紅葉の始まった見事なお庭を写すことができました。

雲海の中で雌雄一対の龍が奥殿を守っているように表現されているそうです

龍に見立てられた石は四国産の青い花崗岩が140個使われていて

雲海を表現している砂は京都の白砂だそうです

P1140697

石庭から続いている回廊に近いお庭の紅葉も少しだけ色づき始めていました

P1140698

金剛峰寺内部のお部屋は

奥書院・大広間・上壇の間・柳の間・別殿と

どの部屋も豪華絢爛 特に襖絵はとてもきれいでした

パンフレットから別殿の写真を一枚だけお借りしてみましたが

画像が小さいようであまりきれいに写りませんでした。

花の間が4つ続いていて四季の花や鳥が描かれていました。

Img_newsiki

台所↓

1000人ものお坊さんが今でも修行・勉学に励んでいるという

金剛峰寺の台所 今は使われていないそうですが

ご飯用の大きな釜や煮炊きの釜など約2000人分のご飯の用意ができるそうです

P1140700

最後は金剛峰寺の南西にある壇上伽藍です

弘法大師が高野山で密教を伝えるために建てた堂塔伽藍です

|

« 奈良から高野山へ | トップページ | 奈良・高野山の旅 最後 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

高野山はもう寒いのですね。
奥ノ院、大好きです。
豊臣、徳川、織田、敵も味方も関係なくお墓があるところがいいですね。

投稿: Lisa | 2011年10月28日 (金) 10時24分

お早うございます。
昨日は、レッスンもありましたのに、ブログの更新、また、今朝も早くから、更新、頭が下がります。
福岡も急に、朝晩寒くなり、今日は雨模様で、ひんやりですね。山は、紅葉が美しいでしょう。
四国の巡礼も、伊勢神宮も高野山も行ったことがありません。だんだんそういう、古くからの神話の世界や、先人の教えを請う場所へのあこがれが、強くなるのは、なぜなんでしょうか?煌びやかな物より、侘び・寂のものへの慈しみの気持ちが、生まれる年頃??でしょうか?

Chisayoさんの、お写真やコメントで、なんだか、同時に体験した気持ちになります。

いつか、訪れる日がきたら、お写真を思い浮かべながら、散策したいと思います。

投稿: kikko( w*=*w ) | 2011年10月28日 (金) 10時48分

Lisaさん

お天気がよかったので昼間は暖かかった
のですがその分、朝型はもう寒かったです。
高野山は一日だけだったので
あまりゆっくりはできなかったのですが
もう一度行ってみたいと思います。
日本人の総菩提寺ですね。

投稿: chisayobaaba | 2011年10月28日 (金) 14時18分

Kikkoさん

昨日は久しぶりのホットシートで少し
緊張しましたが我ながら口から出任せでも
なんとか単語が出てくるようになったなーと
変なところで感心してましたcoldsweats01
ブログは写真を小さくしたりパンフレット
を読み直したり結構、時間もかかるの
ですがやはり一度自分の中で整理すると
旅行の総まとめになってすっきりします

今回はお天気にも恵まれて仲良しの
お友達と一緒でしたので奈良の
お寺めぐりも高野山も思い出に残る
いい旅になりました

投稿: chisayobaaba | 2011年10月28日 (金) 14時38分

chisayobaabaさんへ~♪
宿坊では朝の勤行にも参加されるのですね。
こちらでも大分朝晩は冷え込んできましたので、
標高900メートルにある総持院では相当寒いでしょうね。
御住職のお話も興味深く拝見しました。
朝食もヘルシーで美味しそうですね。

井戸を覗き込んで自分の影が映らなければ3
年以内に無くなるという言い伝えは怖いですね。
なかなか覗きこめる人はいないでしょうね。
金剛峰寺は建物もお庭も立派ですね。
私もchisayobaabaさんとご一緒させていた
だいているつもりで楽しませていただきました。

投稿: hiro | 2011年10月28日 (金) 21時47分

hiroさん☆☆☆

勤行は初体験でしたが宿坊によっては
座禅や写経などもできるようです
お天気がよかったせいもあって朝は
本当に寒かったです。
でも修行中のお坊さんのお経の声は
とても大きくて毎日のお勤めの成果が
よくでていると思いました。
朝食の暖かいお味噌汁が胃にしみ込む
ようでした。

井戸は覗いてみましたよ。
初めは暗くてよく見えなかったので
ちょっとドキっとしましたが方向を少し
変えたら大丈夫でしたconfident
金剛峰寺は本当にさすがという感じでした。
金剛峰寺のウェブサイトにきれいな襖絵の写真
が載っていましたので是非見てくださいshine

投稿: chisayobaaba | 2011年10月28日 (金) 23時35分

旅の行程が良く判りました。
説明のお話、和尚さんのお話、
そういうことを言っていたのですね。
九品、そういえばそういうことを言っていましたねぇ。
chisayoさんのブログを見て、あ~そうだったんだ、って、勉強になりました。`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

投稿: アジカン | 2011年10月29日 (土) 10時18分

アジカンさん
こちらこそ ですよ
私もアジカンさんのブログ見て
「そうなんだねー」って思いました
特に歴史の話
写真も「へーこんなとこあったの」って
思ったところが多々ありました
猫ちゃんの写真もかわいかったです

こうして一緒に行って別々にブログ書くって
面白いなーと思った次第です


投稿: chisayobaaba | 2011年10月29日 (土) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222685/42636186

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山 つづき:

« 奈良から高野山へ | トップページ | 奈良・高野山の旅 最後 »