« 今年はBILLY ELLIOT(リトル・ダンサー) | トップページ | 夏の一日 »

2011年7月25日 (月)

コッツウォルズ レンタカーとホテル

6日目からは11年ぶりのコッツウォルズ

ロンドンから約1時間 電車に乗ってオックスフォードで下車

駅裏にあるエイビスでレンタカーを借りてコッツウォルズに向けて出発です。

イギリスのレンタカーはほとんどがマニュアル車

6年ほど前に車を手放してからは

オートマ車もまったく運転していないのでどうなることやらと不安でした。

それでもなんとか冷や汗をかきながらsweat01sweat01sweat01運転しましたが

隣で地図を見ていたオットはさぞ疲れたことだと思います( ̄○ ̄;)!

左側通行なので運転は日本と同じなのですが

交差点が信号ではなくて

ラウンドアバウト(Roundabaut)という時計回りに回る環状の交差点なので

私はなかなか慣れることが出来ずラウンドアバウトが近づくと

自分が運転してるわけでもないのにとても緊張しました。

私が運転したのは交通量が少なく左折・右折の道路だけです(*゚ー゚*)

おまけに借りた車がアルファロメオとかいうイタリアの車で小さい私は座席に

埋もれてしまい首も背中もしっかり伸ばさないと前を見るのも骨が折れました。

P1110707

コッツウォルズは美しい小さい村の集まりなので

本当にどこに行ってもどこを見ても美しいのですが

やはりロンドンに近いので

ボートン・オン・ザ・ウォーターやバーフォードなど

よく知られているところは観光バスも多くまさに観光地になっていましたが

通りの様子や建物は以前のままでした。

11年前に訪れた時は5月の連休の後でまだ少し寒く

バーフォードにあるお店でオットのベストを買ったのですが

その時のお店がそのままの佇まいで残っていて

「あっ、このお店ベストを買ったお店 昔のままだねー」

すぐに思い出して懐かしかったです。

P1110816 Img

左が今年の写真             右が11年前、お店の奥さんと

壁に取り付けた看板のデザインだけが新しくなっていました。

コッツウォルズのホテル

旅行の計画を立てるときはいつも同じ手順なのですが

まず、飛行機(最近はANAばかりです)のチケットを取り

大まかに行く場所と滞在日数を決めて4ヶ月くらい前に

BOOKING COM (ブッキング・コム)でホテルを予約します。

目的の場所と宿泊の日を入力すると詳細がすぐに見られます。

ほとんどのホテルは前日までキャンセル料もかからないし

空き状況・地図・料金・部屋の様子も見ることが出来るので

とても便利です。

今回のコッツウォルズの最初の2泊は

マナーハウス B&B という名前のB&Bでした。

B&B といえば家族経営の小さな宿というイメージがありますが

この宿は門から長いアプローチが続いて建物もとてもりっぱなB&Bでした。

P1110698 P1110473_2

この宿の奥さん、ミランダさん

とっても背が高いでしょう(私は157センチ)

もう本当にフレンドリーな方でさりげない心遣いがとてもうれしかったです。

2日目の朝、いいお天気だったので少し洗濯をして浴室の窓を開けて

洗濯物をスタンド型のタオル掛けに干したまま出かけていたら

「お天気がよかったから」と外に出しておいてくれました。

帰ってきてお部屋に入るとお洗濯ものがホカホカに乾いていました。

朝食のスクランブルエッグはお庭で飼っているニワトリの卵です。

私達が朝食の席についてからお庭にでて卵をとってきてお料理を作ってくれました。

P1110459

お部屋も広く清潔で朝食もおいしかったしお庭もとてもきれいでした。

帰る頃になってミランダさんもテニスが大好きだということがわかって

また会うことがあったら「今度は一緒にテニスをしましょう」と約束して別れました。

P1110457

お部屋の窓から見たお庭

心がほっこりと暖かくなって旅の疲れが癒された2日間の滞在でした。

コッツウォルズ2日目・3日目の宿は

ロウアーブルックハウス

ブルックリーという小さい村にある17世紀に建てたられたという

6室だけの小さなホテルです。

P1120011

古い内装ににマッチしたインテリアがとても素敵な建物の内部

P1110830

お部屋は思ったより狭かったのですが

窓から見えるお庭も自然のままで美しい風景が広がっていました。

P1110833

食事のスタイルもトラディッショナルで

伝統を大切にするイギリスを肌で感じることのできる落ち着いたホテルでした。

コッツウォルズ最後の宿泊は

ロウアースローターマナーホテル

生まれて初めて泊まる豪華ホテルです。

今 思えばおかしいのですが地図を見ながら近くまで来ているのですが

なかなかホテルが見つからずにすぐ前にあるホテルで場所を聞くと

わざわざ女性が表の道路まで来てくれて「あそこですよ」と教えてくれたのですが

そこの前を通っているのに入口がわからず

通りすぎてからまた近くにいる人に

「ロウアースローターマナーホテルはどこですか?」と尋ねると

「ほら、今 人が出てくるところが見えるだろう?あそこが入口だよ」と

言われて「う~ん??ここ?」と思いながら

「とりあえず入ってみよう」と入ったところがそのホテルでした。

P1120185

低い塀に囲まれた門があるだけなのでわからずにその前を

行ったり、来たりしていたのです。

あとでよく見ると門から少し離れたところにホテルの名前を書いた

地味な看板らしきものがありました。

P1120187

アプローチから外観

P1120200

ポーチ

P1120202

ホテル内

P1120099

お部屋から見た庭園

ゴルフ場とテニスコートがあるそうですが

ゴルフ場はどの辺にあるのかわかりませんでした。

2度とこんな豪華なホテルに泊まることはないと思いますが

これもコッツウォルズのいい思い出になりました。

ロンドンはホテルも高いのですべてビジネスホテルです。

ビジネスホテルを選ぶときは

お風呂が付いている事

朝食はビュフェ以上の食事が付いている事

そして何より地下鉄に近いこと

その中でより安いホテルを見つけるのが私の仕事です。

来年決まっている目標の一つは

ウィンブルドンに行くのに

朝食なしで

乗り換えなしの便利な地下鉄から近いホテルを捜すこと。

朝、5時にはコーヒーとサンドイッチを持って

QUEUE に並ばなっくっちゃ(*´σー`)

|

« 今年はBILLY ELLIOT(リトル・ダンサー) | トップページ | 夏の一日 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

先週、Chisayoさんから、ブログのアドレスをお聞きしてから、毎朝ブログの更新を見るのが、私の朝の日課になりました。
今日は、更新があり、すばらしい写真に見ほれています。私が英語を始めたきっかけは、ただ単に、英語が話せたらいいなというものでした。そして、たまたま、UK英語でした。でも、通いだして、来ているみなさんの、なんと、英国に対する思いの素晴らしい事か、、、
海外にも行きたい中には入っていたイギリスも、今では、一番になりました。Chisayoさんの影響、(大)です。毎回レッスンで、お人柄に引き込まれます。ご主人との仲もよくて、お孫さんも可愛くて、羨ましい限りです。
レンタカーも、アルファロメオなんて、素敵ですねー
また、沢山の写真や、お話聞かせてください。楽しみにしています。

FROM KIKKO KIDO

投稿: kikko kido | 2011年7月26日 (火) 09時58分

KiKKOさん、こんにちは*^▽^*
今週はGRAEME クラスお休みでちょっと淋しいようなホッとしたような気分ですね。
時々ブログなのに見ていただいてうれしいです。
UKは何か惹かれるものがあるのかそれほど多くない海外旅行の中で3回も行ってしまいました。元気だったら来年も多分UKです。
来年はロンドン・ウィンブルドンそれとスコットランドのエディンバラよりもう少し北の方かなーなどと思っています。アルファロメオは私には大きすぎて運転が大変でした。

GRAEMEクラス、私はKIKKOさんより1期早いだけですがKIKKOさんも もうすっかりクラスの
雰囲気に溶け込んでいますねshine道は遥か遠いのですが落ち込んだ時はGRAEME の10ヶ条を思い出しながらクラスの皆さんに会えるのを楽しみにこれからも英語の勉強を続けて行きたいと思ってます。KIKKO さんこれからもよろしく(*^-^)

投稿: chisayobaaba | 2011年7月26日 (火) 15時04分

chisayobaabaさん、おはようございます♪
レンタカーはchisayobaabaさんが一人で運転されていたのですね。
交通ルールが違う上に、大きなマニュアル車、
しかも何年も運転されていないのに堂々たる運転ぶり。素晴らしいです。
私は31年前に免許をとりましたが、怖くて
すぐに我が家の車をオートマ車に替えました。

個人旅行の計画を立て方、とてもよくわかりました。
4か月前から旅行は始まっているのですね。
旅立つ前あれこれと考えるのも楽しいでしょうね。
行けるかどうかわかりませんが、BOOKING COMと
マナーハウスB&Bをお気に入りに追加しました。

ロウアーブルックハウスもロウアースローターマナーホテル、
どちらもとても居心地の良さそうなホテルでした。
11年前とちっとも変らないchisayobaabaさんもとても素敵でした。

投稿: hiro | 2011年7月27日 (水) 09時47分

hiroさんおはようございます´∀`
レンタカーのところ、私が誤解するような書き方をしていますね。
ほとんどのところをオットが運転、私が運転したのは田舎道だけなんです。
マニュアル車は坂道でずるずる下がったりして後ろにいた車があわててバックしてくれてドッと汗が出ましたcoldsweats02でも車でないと行けないようなところにも足を伸ばすことができて、まあ事故もなくよかったです。

マナーハウスB&Bのミランダさん、本当に素敵な人でした。
もっと英語が話せたらとつくづく思いました。
飛行機とホテルを予約してしまうとホッとして何ヶ月も経ってしまい間近になって「日にち、間違ってないよね・・・?」と不安になったりします。
今年は大きな失敗もなく過ごせましたが本当に疲れやすくなっているのを感じました。
同じところにずーと滞在して市場にお買い物に行ってお料理を作ったり朝起きて散歩したり、そんな旅もしてみたいです。

投稿: chisayobaaba | 2011年7月27日 (水) 11時01分

どのホテルも素敵です。
理想的な旅のかたちですね。
アルファロメオはこの前まで10年近く長男の愛車でした。。(今はアメ車のジープ)

私も乗られるくらいの大きさでしたが、そちらのはそんなに大きかったですか?
りっぱだったのですね。
久しぶりに、しかもマニュアルを運転するなんて、立派!

投稿: アジカン | 2011年7月28日 (木) 22時41分

アジカンさん
今年はどのホテルも当たりでした。
一番居心地がよかったのはマナーハウスB&Bです。
レンタカーがなかったら行けないような場所でしたがお家はすごく立派なのにお庭の端っこには多分昔お子さんが使ったような壊れかけたブランコが置いてあったり私達が帰ってきたときも愛犬のトニーくんが迎えてくれたり、朝はニワトリの声で目覚めるしほんとにカントリーでした。

アルファロメオ、T君の愛車だったのですね。大きさも型もいろいろあるのでしょうが私達が借りたのはそんなに大きい車ではないと思います。
でもアジカンさんだったら座席に沈みますよ、きっと
オートマ車にも長いこと乗ってなかったので昔のことを身体が覚えててマニュアル車に対処できたのかもしれません。

投稿: chisayobaaba | 2011年7月28日 (木) 23時49分

chisayobaabaさん、こんばんば(*゚▽゚)ノ
コッツウォルズ、なんて素敵なのでしょう~~☆☆☆
うっとりと拝見しています(*^-^)
宿泊された3か所それぞれが素敵で、夢を見ているようです♪
B&Bのミランダさん、とてもあたたかいお人柄が本当に素敵ですね(o^-^o)
国内旅行でもそうですが、よその土地で受ける心遣いは本当に嬉しいものですね。
私は17歳で初めての海外、ロサンゼルスへ行きましたが、食事がどうしても合わなくて…(;ω;)
そんな時にホテルの方が精一杯作って下さったのが、お味噌汁とご飯でした。
きっと見よう見真似で?!作って下さった美味しさ、精一杯のお心遣いがとても嬉しかったです。
ミランダさんの心からのおもてなし、私もコッツウォルズに行く機会があれば、ぜひ宿泊したいです♪
chisayobaabaさんご夫妻のあたたかいお人柄が、また素敵な方たちとの出会いを引き寄せていらっしゃるのだなぁと、しみじみ思います(o^-^o)
慌しい日常生活の中で、こうしてchisayobaabaさんの旅のご様子を拝見することで、
私もとても素敵な嬉しいひとときを過ごさせて頂いています☆☆
どうもありがとうございます(*^-^)

ところで、私がおよめさんと同じ年齢とのこと、なんだかとても嬉しく思います(゚▽゚*)
3人のお子さんを育てられながらのお仕事、とても大変だと思います!
でも、お子さんたちが、一生懸命なお母さまの背中を見てお育ちになられることは、
とても素晴らしいことですね(o^-^o)
私も同い年の女性として、およめさんを見習って頑張らなければ!と思います!
とってもに素敵ですネ(*゚ー゚*)
およめさん、くれぐれもお体を大切になさってくださいね(*^-^)

それから、いつもYouTubeをついつい貼り付けてしまってすみません(゚ー゚;
前回の教会コンサートの組み合わせ、ほんとに!珍しい組み合わせですね♪
今回も同じギタリストさんの演奏で、岩崎宏美さんの歌です。
またまた…貼り付けてしまいました(゚ー゚;
被災された方々、それを見守り心を痛める世界の人々へのメッセージとして歌われているとのこと、とても胸がいっぱいになりました。

http://www.youtube.com/user/kizuna311?blend=3&ob=5#p/u/0/_XSXxgi0ZlU

投稿: ぴよみ | 2011年7月31日 (日) 22時01分

ぴよみさん
17歳で初めての海外旅行ですか・・・ いいですねー私にとっては大昔ですがその頃は遊んでばかりでしたねー
旅先でのお味噌汁とご飯、さぞおいしかったことでしょう。そんな心遣いをしてくださると本当にうれしいですよね。
ミランダさんのB&Bは近くのレストランやパブに行くのにも車でないと行けなかったし、飲むと車には乗れないので近くにあるスーパーを教えてもらってワインとハムやサラダ・果物などを買って帰ってきたらお部屋にワイングラスとお皿とナイフとフォークを用意して置いていてくれていたんですよrestaurantwineとてもうれしかったです。
私ももしもう一度コッツウォルズに行くことがあればまたミランダさんに会いに行きたいと思っています。

ところでぴよみさんの本棚にあった『カリフォルニアばあさんの料理帖』私はこの方のブログをずっと愛読していることに気が付きました。
お料理のことはもちろんご自身のことやお嬢さんのことタイムリーな社会情勢の話や時々でてくる“じいさん”ことご主人さまのことなど生きいきとした生活がさりげない語り口で綴られていて読んでいるだけで元気が出てきます。こんな風にお料理がつくれると楽しいだろうなーといつも思います。

今回のYou Tubeはあのギタリストさん(お名前は?)と私も知っている岩崎宏美さんとの
コラボでしたね。ずーと前から知っている曲でしたがこうやって聴いてみると本当に目の奥がジンとするようないい曲ですね。被災された方々のことを思うと胸が痛みます。
いつも素敵な曲ありがとうございますnotes
また教えてくださいね。

投稿: chisayobaaba | 2011年8月 1日 (月) 10時52分

コッツウォルズ・・行ってみたいわぁ~!
どの写真も、雑誌“BISES"に
載ってるような庭や景色ですね。
イギリス人は緑の指を持っている・・って
聞いたことがありますが
さすがガーデニングの国ですね。

アルファロメオに乗られたのですか?
わぁ~素敵scissors

投稿: くぅくぅの母 | 2011年8月 3日 (水) 09時18分

くうくうの母さん
コッツウォルズの蜂蜜色といわれる建物は自然のままの淡くくすんだピンクのバラの花が本当に似合います。建物がバラを殊更美しく見せバラは古い建物を本当に素敵に見せてくれます。

何も手をかけてなく自然のままに見えますがやっぱりイギリスの人は緑の指を持っているのだと思います。

アルファロメオは私にはとても乗りにくい車でした。夫が日本でレンタカー会社に予約を入れる時にランクが一番下では心配だったのか下から2番目のランクの車を予約したらしいのですがオックスフォードのレンタカー会社の事務所で「どうぞ」と鍵を渡されたのがアルファロメオだったのです。
11年前がプジョー・昨年がフォードだったのですがわりとコンパクトで運転も楽だったのですが今年は普段運転をしない私には大きすぎて疲れました。

投稿: chisayobaaba | 2011年8月 3日 (水) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222685/40952124

この記事へのトラックバック一覧です: コッツウォルズ レンタカーとホテル:

« 今年はBILLY ELLIOT(リトル・ダンサー) | トップページ | 夏の一日 »