« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月 5日 (土)

やってみるものです (^^)v

少し長くなりますが

「みなさんも気をつけてください」というクレジットカードのお話です

昨年6月の終りから7月にかけてのイギリス旅行のとき、

ちょっとした事件がありました

ウィンダミアは湖水地方の入口にある町で

そこでレンタカーを借りたときのことです

湖水地方をレンタカーで回るにはこのウィンダミアで

車を借りるのが一番便利なのですが

ウィンダミアには大手のレンタカー会社がないのです

多少の不安はありましたが

ウィンダミアの駅からも宿泊先からも近い地元の

Lakes Car Hire というレンタカー会社で車を借りることにしました

/

6月29日

エディンバラから電車でウィンダミアに着いた私たちは

宿泊先のB&Bに荷物を置き

地図を頼りにレンタカー会社を捜しに出かけました

大きな道から角を曲がった空き地に日本でGoogle地図の

航空写真で見たのと同じ会社の看板がありました

その看板の奥に向かうと

P1030158_3

事務所とは名ばかりの小さな建物でしたが

駐車場には5.6台の車が止まっていて

建物の中でオットがメールでやりとりをしたジムさんが待っていました。

P1030157_2

国際免許証を見せレンタル料・保険の確認をすませ

3日間のレンタカー料金 ¥15,800

デポジット料金 ¥20,500 という金額で契約をしました。

この時点で預かり金であるデポジット料金が引き落とされ

車を返した時点でデポジット料金からレンタル料が

引かれ差額が返金されるものと思っていました。

            

レンタカーで回った湖水地方

Panelimg

途中、雨にもあいましたがレンタカーのおかげで

遠くまで足を延ばすことができ湖水地方の自然を堪能し

3日目の夕方、車を返すためにレンター会社に行って見ると

P1030752

事務所には鍵がかかり入口のドアに

P1030755

車を返したら

キーを下のポストに投げ込んでおくように

と電話番号を書いたメモが貼り付けてありました

P1030753

車を返した時点で当然、返金の手続きを

してくれると思っていたのでおかしいなと思いながらも

事務所には誰もいないし、どうすることもできないので

取りあえず「車は無事に返しましたよ」という

証拠写真を写し(あまり証拠にはなっていませんが)

鍵をポストに入れてB&Bに戻り

宿の息子さんのニックさんに

「車を返して鍵をポストにいれた」という

確認の電話をしてもらいました。

そのときも差額はすぐに返金として

振り込まれるのだろうと思っていました。

2週間ほどの旅を終え日本に帰り

カードで払った料金がカード会社から次々に引き落とされる中

Lakes Car Hire からは

レンタカー料金¥15,800と

デポジットの金額¥20,500を足した

約¥36,000 が引き落とされました。

その時点でもまだ取りあえず全額、引き落として

すぐに返金があると思っていましたが

7月の終わりになっても返金がありません。

「これはちょっとおかしい」とカード会社に事情を話し

車を借りたときの書類を送って調べてもらいました

カード会社の担当の方が

「時間がかかるかも知れませんが請求をしますので時間をください」

言ってくださったのですが「これはもうだめかな・・・」

半分はあきらめていました。

その後なんの進展もなく日にちは過ぎて行きました

ところが10月になってカードの引き落としをチェックしていると

支払い予定のところにまた Lakes Car Hire

¥15,000が支払われるという記載がありました。

私たちは日本にいるのにです。

あわててカード会社の担当の方に連絡すると

まだ引き落とされる前だったのでストップをかけてくださり

このときは寸前のところで引き落とされずにすみましたsweat01

その後もなんの連絡もないので

「もう戻って来ないんだろうね

今度借りるときは大手のレンタカーを借りるようにしようね」

オットと話していた矢先にカード会社から「過剰に請求されていた

20,530円の返金の申請が成立しましたので報告します」

いう連絡があったのです

「やったーsign03」です(* ̄ー ̄*)

私は喜んだだけで

Lakes Car Hire とのやりとりもカード会社との交渉も

すべて我が家のツアコンさんのお仕事ですhappy01

昨年のイギリス旅行

最後に飛行機に乗り遅れそうになったことと

このカードのことがずーと気がかりだったツアコンさん

飛行機のことはまあ、そのおかげでロンドンから

ビジネスクラスで帰れたのですから

これはラッキーだったとしか言いようがありません。

海外でカードのトラブルなんて

私だったらすぐにあきらめると思いますが

やってみるものですね

それにしても使ってないお金まで請求される

なんて本当にびっくりです( ̄ヘ ̄)

この事件以来、私もカードの引き落としのチェックを

今まで以上にしっかりとするようになりました。

何事にもちょっといい加減な私にはとてもいい経験でした

そして

我が家のツアコンさん と

カード会社の担当の柴田さんに

感謝ですheart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »