« ベランダ菜園 | トップページ | 久しぶりに編み物 »

2010年10月31日 (日)

イギリス英語

9月から受講し始めた英会話の先生は

イギリス出身の若い先生です。

アメリカ英語とイギリス英語

地下鉄をアメリカではsubway

イギリスではtube または underground

gasolinepetrol (これはイギリス旅行のときに覚えました)

elevatorlift など

ごっちゃになっている単語もあって

まあ、どのみちたいして単語も知らないので

今からはイギリス英語を認識して

覚えていこうと思います。

(なかなか単語も覚えられません)

先日の授業の時

このイラストにあるように

普通のセーターのことをjumper というのには

クラスの皆でびっくり。

Img_new1_4

「これはセーターだよねsign02」と

みんなでハモッnoteてしまいました。

最初の授業のときに aubergine という単語が出てきて

途中から参加の私は何のことかわかりませんでしたが

eggplant 野菜のおなすのことでした。

このクラスは3年くらい前に開講して

続けて受講している人がほとんどで

新参者の私は毎回冷や汗をかいています。

リスニングも

もともとそれほど聞けていたわけではないし

イギリス人の先生の英語を聞き始めてやっと2ヶ月

先生はかなりゆっくり話してくださっているのだと

思いますがなかなか聞き取れません(。>0<。)

これはひたすらイギリス英語を聞くしかないと

Img_0002_basic_4

Img_0001_london_3

基礎英語を卒業するいい機会かな~と思い

この2冊で自主トレを始めました。

何か気になりだすと方向が決まるまでは

何も手に付かずに

試行錯誤を繰り返す性格は

なかなか治らずに

ああでもない、こうでもないと

思い煩っていましたが

この2冊の本に出会って

最近少し中だるみだった英語の勉強

また頑張ろうという気になりました。

いつの日か先生の言葉が

耳にスーと響いてくれる日が来ることを信じて

コツコツ

自主トレ

続けようと思います。

|

« ベランダ菜園 | トップページ | 久しぶりに編み物 »

日々のできごと」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

chisayobaabaさん、こんにちは♪
chisayobaabaさんはイギリス英語を勉強されて
いらっしゃるのですね。私が中学生の時は
「Jack and Betty」の教科書で、イギリス英語
だったと思います。私の先生はアメリカ人で、
イギリス英語を嫌います。
私は通じればどちらでも良いのですが、
時々イギリス英語が出て、先生から「それはイギリス英語」
といわれます。主婦になってからはアメリカ英語を
一貫して習っていruので、sweaterとjumperが
同じ意味とは混乱してしまいそうです。
でもズボンというとすぐに trousersを思い出し、
アメリカ英語のpantsはなかなか思い浮かびません。
完全に私の英語はごちゃまぜになっています。

投稿: hiro | 2010年10月31日 (日) 17時01分

(続き)
chisayobaabaさんは英語の自主トレを始めたのですね。
偉いな~・・・私は一時期ペーパーブックを読んだり、
英語番組、映画などをよく見て自分なりに勉強
していたのですが、今はさっぱりです。
頑張ってくださいね。私もあとを追いかけます。

投稿: hiro | 2010年10月31日 (日) 17時07分

同じ英語でも
少し違いますよね。
でも、ちょっと気分転換になって
ますますやる気がでてくるのでは・・?
自主トレですか
わたしも、頑張ってみます。

chisayobaabaさんをみならって
真向法とハーフスクワットは
続けていますよ。

投稿: くぅくぅの母 | 2010年10月31日 (日) 20時07分

hiroさん、こんばんは^^

めったに更新もできてない私のブログを
いつも気にかけて下さってありがとうございます。
中学時代の英語、先生の顔と名前ははっきり覚えて
いますが内容は全く覚えてないですね~。
hiroさんすごいです。
私はtrousersは出て来ませんでした。
pantsの方が普通に出てきます。
今はズボンはtrousers になりました(*^-^)

今は学校もNHKの番組でもほとんどがアメリカ英語
なのでイギリス英語の方が特別という感じですよね。
先日、新聞に英語教育のことで鳥飼玖美子さんが
「英語は世界の共通語なのだからthe がないとか
r の音が違うなどということは気にしないで
とにかく相手に何とか言いたいことを伝えることが
大事」というような記事がありましたが本当に
そうですよね。
英語初心者の私にはとてもうれしい言葉でした。

hiroさん、私がhiroさんの後ろを追いかけている
のですよ。なかなか遠いですが。

投稿: chisayobaaba | 2010年10月31日 (日) 20時29分

くうくうの母さん、こんばんは♪^^*

イギリス英語
ちょっと違うのが最近少~しわかってきました(^-^;
でも本当になかなかいいですよ。
先生の英語も最初は頭の上をスーと通り過ぎて
ほとんど聞き取れませんでしたがこのごろ少しは
ましになりました。
道は遥か遠いですが真向法の開脚と同じで1ミリでも
前に進めばと思っています。
最近では勉強という意識はなくて普通に趣味のように
楽しくやってます。

いつまで続くかと思っていた歯磨きスクワットもう
習慣になってしまって忘れることはなくなりました。

投稿: chisayobaaba | 2010年10月31日 (日) 20時42分

その知的好奇心と粘り強さ、テニスに共通するような・・
頭が下がるとともに、誇りに思います。Fight!

投稿: アジカン | 2010年11月13日 (土) 22時56分

アジカンさん、こんにちは(^^)v

英語はボケ防止くらいにしかならなさそうですが
少しずつは進歩しているのかなあ・・・と思いながら
頑張っています。そうです。そうです。未だに
走り回ってフーフー言いながらテニスしてますよー(^-^;

投稿: chisayobaaba | 2010年11月14日 (日) 15時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222685/37470612

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス英語:

« ベランダ菜園 | トップページ | 久しぶりに編み物 »