« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月28日 (火)

砕氷船 しらせ

自転車で5分ほどの埠頭に南極観測船『しらせ』が停泊中で

船内も見学できるという新聞記事を見て出かけました。

P1070043

「この船が南極に行くのsign03

埠頭に着くと立派な船体が迫ってくるように停泊していました。

P1070124

この5003という数字は二代目『しらせ』の船体番号です。

一代目南極観測船 宗谷 艦番号 PL107

二代目南極観測船 ふじ  艦番号 AGB5001

三代目南極観測船 しらせ(初代)艦番号 AGB5002

四代目南極観測船 しらせ(2代)艦番号 AGB5003

※ AGB=Auxiliary Icebreaker の略で

氷を砕きながら進む船=砕氷艦(さいひょうかん)

言うのだそうです。

P1070117

船体の横には救命ボートと作業用のボートがしっかりと

取り付けられています。

地上から長い梯子を上って船内に入ると

P1070044

たくさんの自衛隊の皆さんがそれぞれに持ち場に待機して

質問にわかりやすく答えてくださいました。

何の予備知識もなく見学に行ったのでせっかくのチャンスなのに

あまり質問もできずオットと自衛隊の方の会話に横でうなずくばかりで

会話に参加できませんでしたcatface

『しらせ』後部の甲板にはヘリコプターが2機納まる格納庫がありました。

P1070059

横幅がとても広いです。体育館のような感じがしました。

P1070072

このヘリコプター

物資と人員を輸送するだけではなく

海水の状況を偵察したり

昭和基地で排出された廃棄物の持ち帰り輸送などの

目的に使用されて南極では大活躍だそうです。

操縦室にも入ることが出来ました。

砕氷艦の操縦室は艦橋と呼ばれていて

艦の運行や航海の全般指揮をとる指令所とされています。

P1070100

横に広い部屋です。

下の写真が操縦席です。

P1070094

氷の海を航海する『しらせ』

氷の厚さが1.5Mまでの時は推進力で

連続的に砕氷して前進しますが

氷の厚さが1.5Mを超えると200~300M後進させて

最大馬力で前進し、氷に乗り上げ

艦の自重で氷を砕いて進むそうです。

すごいですね。 どんな音がするのでしょうか?

艦橋(操縦室)は甲板の一番高い位置にあります。

P1070123

下の写真が船首

船首を見下ろしながら氷を砕いて進んでいくのですね。

P1070091

艦橋の内部は様々な航海計器が設置されていました。

P1070088

P1070093

艦橋をでて船内を歩いていると

P1070107

散髪やさん?

P1070108_2

そうでした。

お客様は一人限定です。

P1070111_2   

乗組員さんの個室

廊下の途中にはこんなものも

P1070106

安全第一

無事の航海をお祈りします。

地上に降りると

国際信号旗とよばれる海上での

通信に利用される世界共通の旗のパネルが展示していました。

P1070119

一つの旗にある特定の意味を持たせて

自船の行為や状況を他の船に知らせることで

危険を回避したり救助を要請したり

相手に警告したりとても大切な役目を

果たしているのですね。

ウィキペディアに信号旗の詳しい説明があります。

少し下まで見ると旗の意味の説明があります。

南極観測のことは今まであまり興味もなく

初代の宗谷が氷に閉じ込められて

ソ連の船に助けられたことと

タロとジロの話くらいしか

知ってることがなかったのですが(^-^;

こんな機会に恵まれたおかげで

とても身近に感じられました。

その日は最寄のJRや地下鉄の駅から

シャトルバスがひっきりなしにたくさんの乗客を運んでいました。

あと

南極の氷に触れたり

南極の近海にいる魚の標本が見られたり

Tシャツ・キーホルダー・携帯ストラップ・写真

マグカップなどの南極グッズも販売していて

とても人気があり人だかりができていました。

そして説明してくださる乗組員さんたちが

とてもよく勉強されていて

細かい数字まできちんと教えてくださり

まさに『百聞は一見にしかず』を実感した一日でした。

お騒がせのコンタクトレンズ

今日、交換に行ってきました。

今度は大丈夫なようでひと安心です。

コメントくださったみなさん

一緒に怒ってくださってありがとうございました

とても心強かったですheart

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

コンタクトレンズ騒動記

コンタクトレンズが真っ二つのブログからはや3ヶ月。

未だにしっくりしてません(≧ヘ≦)

割れてからすぐに眼科に行き

お勧めのレンズで作ってもらったのですが

最初からどーうもしっくりしませんでした。

久しぶりに作ったからこんなものかなーと

我慢しながら使っていたのですが

朝、きれいに洗って目に入れていても

すぐにくもってしまうのです。

目も疲れるしくもるので気分も悪くなっていたのですが

chi:「慣れるまで、時間がかかるのかなー・・・?」などと考えて

丁度、旅行の前で忙しかったこともあって

そのままそのコンタクトを持って旅行に行きました。

旅行中もコンディションが悪く、持って行った洗浄液を

使い果たし現地で一瓶調達しました。

そのときはchi:「イギリスの気候が私に合わないのかなー?」

(季節の変わり目にアレルギーがでることがあるので)

などと思っていました。

旅行から帰ってからもくもるのが解消されないので

眼科に行ってみました。

技師さん:「左側のレンズに少し傷が入っているみたいです

保障期間中なので取り替えます」と言われて交換してくれました。

これでスッキリと思ったのですが相変わらずですcatface

chi:「クレーマーみたいでいやだなー」と思いながらも、また眼科へ

技師さん:「コンタクト専門の先生がいる時間にもう一度来てください」

言われて後日、また眼科へ

chi:「そんな先生がいるのなら初めから言ってよdashと思いましたが。

その先生(には見えなくて多分メーカーの人らしかった)から

「今、使っている洗浄液にこの洗浄液を混ぜて洗ってください」

と言われて

念入りに洗って装着しても症状は同じ。

今まで40数年間コンタクトを使っていますが

こんな経験は初めてです。

そして今日また眼科へ

技師さん:《昨日の先生が「レンズの直径が少し大きいので交換する」

言っているので新しいのが来たら連絡します》

chi:「なにそれpout  えーbombちゃんと調べて作ってくれたんじゃないのsign02

って思いますよね。

「今、使っている洗浄液にこの洗浄液を混ぜて洗ってください」って

chi:「そんなあsign01直径が違ってたらいくら洗っても

目に合ってないんだからくもるでしょうannoyimpactannoyとは

言いませんでしたけど

chi:「違うメーカーのに取り替えてくださいsign04sign03と言ったら

あっさり

技師さん:「じゃあ、そうします」ですってcatface

何度、眼科に行ったことやら・・・

行く度に診察までされてそのたびに

診察料払わされて

本当になんだったんでしょうね。

★♪☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪☆♪★

20日は敬老の日

幼稚園に通う3人の孫からプレゼントが届きました。

Panelimg_2

ありがとうhappy01heart04

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

夏休みが終りました。

8月23日

東京に住む、娘・まご①まご③が帰ってきました。

空港に出迎えた私を見つけたまごたちが飛びついてきました。

まご①は目にいっぱい涙をためています。

空港でいきなり涙の対面になりましたweep

Panelimg4

その日は近くにいる まご②まご④まご⑤

仕事帰りのお嫁さんも来てくれて

久しぶりに まご ご が揃いましたhappy01heart04

我が家の近くには公園がたくさん、あるので

一緒に遊べればいいなと思っていましたが

この暑さでは朝早くか、夕方にならないと

外には出られませんcatface

早起きの孫たちは朝起きるとじぃじと一緒に

近くの大学のキャンパスにヴァイオリンの練習に出かけていました。

(真ん中の写真)

近くの小学校で逆上がりを見せたもらったり

少し曇った日には自転車で行ける公園で遊び

ゴーカートに乗るぐらいがせいぜいでした。

暑くて外ではあまりあそべませんでしたが

子供たちはどんなところでも遊びを見つけます。

本をよく読んで、折り紙・お人形遊び・綾取

それにあきればお母さんとクッキーを作ったり

(左端 真ん中・右端下の写真)

2人の時も4人の時も次から次に飽きることなく

笑い転げながらよく遊んでいました。

私もまごと一緒に

久しぶりに折り紙でくすだまをたくさん作りました。

P1060878ss

子供たちの一番のお気に入りはなんといってもテレビゲームのWiiでした。

定年退職をした私達が暇をもてあますだろうと

息子が買ってくれたのですが

ボーリングにサッカー・テニス・バランスゲームやフラフープなど

自分達でリモコンを操り、勝ったの、負けたのと

それはにぎやかでした( ̄▽ ̄)

退屈したときにと、DVDでアニメを何本か録画しておいたのですが

出番はありませんでした。

Panelimg3 

最後の土曜日は揃って水族館と併設のプールへ

プールでも手をつなぎ、うれしくてうれしくて・・・

いつになったら上がって来るのかと

カメラを持って追いかけながら見守りました。

水族館からの帰りは

息子の車に娘の子供達(まご①まご③)が乗り

娘は「電車に乗って帰りたいnotesという

息子の子供達(まご②まご④)を連れ電車で

バラバラに帰宅

それも又、うれしい光景でした。

みんなで集まった土曜日の夜は

パジャマ姿での

まご①まご②まご③のミニコンサートもありました。

まだ小さくて一緒には遊べなかった

オーちゃんですが

なんといっても一番人気

お姉ちゃん達みんなから

可愛がられてとてもごきげんheart04でした。

お姉ちゃん達がヴァイオリンを弾くときはキーボードを

たたいていました(笑)

最後の土曜日・日曜日は2日とも

お嫁さんがお料理を引き受けてくれて

エネルギーが切れそうになっていたばぁばは

とても助かりました(*^-^)

仕事・育児といつも忙しいお嫁さんですが

料理もとても工夫して作ってくれます。

8月30日

空港に今度は見送りです。

出発ロビーに着くと、

それまでは元気いっぱいだった

まご①の顔が雲ってまた涙があふれます。

「Mちゃん、大きくなってまたじぃじとばぁばに会いに

帰ってきてね」と声をかけるのが精一杯でした。

。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°°。°。°。

前回のブログでの昔の仲間とのテニスのあと

持病の腰痛が少し悪くなり

思うようにまごたちとも遊べなかったオットが

「元気なのが一番だなー・・・」

としみじみ、つぶやいておりました。

二人で元気で年をとりましょうね。ツアコンさん(*^.^*)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »