« イングランド&スコットランドの旅 | トップページ | イングランド&スコットランドの旅 »

2010年7月16日 (金)

イングランド&スコットランドの旅 

湖水地方その①

England&Scotlandの旅は湖水地方から。

湖水地方はロンドンから電車で約4時間

イングランドの北部にあります。

6月25日、ロンドンから飛行機でエディンバラまで飛んだ

私たちは最初の訪問地エディンバラで、

エディンバラ城・ホーリールード宮殿・カールトンヒル

などを見て、エディンバラ城とホーリールード宮殿を結ぶ

ロイヤルマイルと呼ばれる旧市街の大きな通りを

散策しながら、エディンバラ市内で2日間過ごし

次の訪問地湖水地方に向かいました。

エディンバラから湖水地方の入口ウィンダミアまでは

電車で約2時間でした。

Img_new123_2   

①湖水地方

湖水地方は

自然保護運動によって

鉄道の敷設が阻止されてきたおかげで

美しい湖と緑の木々に囲まれた

何百年も前の

美しい自然の風景が保たれていて

そこに立っているだけで、

自然の心地よさに浸ることができ

目の前に息をのむような

美しい光景が広がっていました。

湖水地方、第一日目は

レンタカーを借りてのドライブです。

レンタカーの話はまた後日。

湖水地方の町と町を結ぶ山道

車のフロント硝子を通して見る緑がまぶしいほどでした。

P1030164

突然、絵のように美しい湖が目の端に飛び込んできます。

P1030346

ツアコンさんの運転で私は周りの景色を堪能しました(*^-^)

 その①  ヒル・トップ ★

湖水地方を愛してやまなかった

ピーター・ラビットの作者ビアトリクス・ポター

最後まで暮らした家ヒル・トップ

ポターが暮らしていた約100年程前と同じように

ニア・ソーリー(Near Sawrey)の町に

今も保存されています。

現在のヒル・トップ

Hilltopnow_2

1902年ポターが撮影したというヒル・トップの玄関

Hilltopold

内部は写真を写すことができませんでしたが

台所や応接間など当時のまま、保存されていました。

保存されている現在のヒル・トップの台所

Hilltopkichin

ヒル・トップの前に広がる牧草地。抜けるような青空でした。

P1030259

湖水地方の民家

P1030171_2 P1030271_2

P1030199

・            お土産のお店も素敵でした。

ヒル・トップの庭に咲いていた花とオブジェ

P1030244 P1030223

P1030221 P1030237

P1030236 P1030240

※30歳の頃、まだ結婚をしていなかったポターは

家族で訪れたニア・ソーリーの町に魅せられ、

「いつの日か何とかしてこの美しい田舎の一部を

自分の物にしたい」と決意したそうです。

それから9年後、「ピーターラビット」シリーズの驚異的な

ヒットの印税でヒル・トップの農場を購入したポター

これがポターが一生を通じて自然保護に

深い関心を持つきっかけになったということです。

次回も湖水地方です。

|

« イングランド&スコットランドの旅 | トップページ | イングランド&スコットランドの旅 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

chisayobaabaさん、こんにちは^-^
湖水地方は森や湖が多く、とても素敵なところですね。
私は湖水地方と言うとワーズワースを真っ先に
思いだしますがピーターラビットの作者・ビアトリクス・ポター
もこの地に住んでいたのですね。
ポターが100年前に暮らしていた家は、今でも
十分暮らしていけそうですね。
台所も庭のお花もとても素敵です。

投稿: hiro | 2010年7月18日 (日) 11時09分

hiroさん、こんにちは。
おかげんはどうですか?
梅雨が終り、急に暑くなったのでお庭の手入れが
大変ですね。あまり無理をされないように気を
つけてください。
湖水地方はお天気がよくて多分、時期もいい時
だったのでしょう。自然の美しさを満喫して
きました。「こねこのトムのおはなし」や「妖精の
キャラバン」など、ポターの本にはポターが住んでいた
ヒル・トップや周りの風景がそのまま出てきます。
ポターにとっては絵をかくこともお話をつくる
ことも生活の一部だったのでしょうね。

投稿: chisayobaaba | 2010年7月18日 (日) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222685/35748420

この記事へのトラックバック一覧です: イングランド&スコットランドの旅 :

« イングランド&スコットランドの旅 | トップページ | イングランド&スコットランドの旅 »