« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月26日 (土)

NHK基礎英語をipodで聴く

NHKの基礎英語を聴き始めて約1ケ月。

基礎英語は同じフレーズを何度も繰り返して

くれるので覚えられない私にはピッタリです。

基礎英語1・2・3と一日3回ずつ放送される

のですがなかなかその時間には聴けません。

今は一週間遅れでNHKのHPからPCで聴くことが

できるのですがPCの前で45分聴くのも結構

大変でついつい違うことをしてしまいます。

そんな時、オットが

「基礎英語がipodでも聴けるというのを何かで見たよ」

と言って有限会社 高梨IT製作所というところが作って

いるキャプチャーツールというのを捜してくれました。

高梨製作所のHPからNHK語学番組キャプチャーツールを

ダウンロードしてget-flv.exeをクリックするとキャプチャーツール

画面が出るのでキャプチャする講座を選んでください:

というところから基礎英語を選んでキャプチャすると

mp3に変換されてitunesに移すことができます。

料理を作りながらジムで筋トレしながら寝む前の

ちょっとの時間に聴いています。

なかなか成果は表れませんcatface

やさしく、たくさんをコツコツと頑張ろうと思ってます。

高梨製作所の高梨 忍さま ありがとうございました。

見つけてくれたオットにも感謝です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

ミニ同窓会inアジカン家

短大時代のテニス部の仲間4人でブログ先輩&友達

もちろん元テニス仲間のアジカン家に押しかけました。

テニス部といってもどちらかというと部室で過ごした時間の

方が多かったかな・・・ぐらいのテニス部ですがそれでも

合宿をしたり、地元のインカレに出場したり、よその大学と

合同練習をしたり、みんなで遠征に出掛けたり、たのしい

思い出ばかりです。その頃の遠征って40数年前なので

移動は電車、宿はコートの近くの旅館で雑魚寝でした。

で、そのアジカン家は吹き抜けの明るい、広い玄関に

ご主人さま作製の縦長の大きなステンドグラスのフィックス窓が

あり、ホールにはフラワーアレンジメントが趣味(プロ?)のアジカン

さんのお花とかわいいナナちゃんの姿がありました。

ほぼ、9ケ月ぶり再会のミニ同窓会はアジカン家の2階まで

探検?してナナちゃん・ロコちゃんに会って(メイちゃん出てきて

くれませんでした。) 『ちょっとうるさすぎたのかしら。』

12月に予定している京都旅行の話に始まってお互いの

家族の話、プチパソコン情報の交換から最後は健康の話

までアッというまに夕方になっていました。

おしゃべりの合間には杏仁フルーツいちじくのコンポート

マロングラッセとアジカンさん手作りのおもてなしが次々と。

何よりの贅沢でした。confident

デジカメしっかりリュックに入れて行ってたのですがいただいて

いる間写真のことは思い出しもしませんでした。

で、マロングラッセいちじくのコンポートの件はアジカンさんのブログ

の方に詳しく載っています。coldsweats01

そしてミニ同窓会の「あまり食べすぎないように適度な

運動を続けて元気でいつまでも一緒に遊ぼうね」でした。

年を重ねる毎に友達の大切さ・ありがたさ感じます。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年9月20日 (日)

花畑園芸公園

まご②(5歳)が幼稚園の遠足で行ったという「花畑園芸

公園」(はなたえんげいこうえん)。もう一度行きたいという

リクエストがあったらしく、じいじとばあばも誘ってもらい一緒

に出掛けました。山を切り開いた大きな公園で駐車場の

方角を間違えて裏側の入口についてしまいました。

「幼稚園のバスが停まった駐車場にはりんごとみかんが

あったよ」まご②が言いますので反対側に廻ってみると

ありました。りんごみかんの駐車場

Dscn9496

駐車場のすぐ近くに芝生公園があり、走ったり、高~い

滑り台を一気に滑り降りたり、ブランコをしたり真っ青な空に、

風がさわやかに吹き渡り、元気に飛び回っているまごたち

を見ているだけで、幸せな気持ちで満たされました。

Cimg9461

芝生公園の後は噴水のある広場へ。階段を上がった途端、

噴水がジャーと上がり始め、まご④(3歳)が噴水の前を

うれしそうに走り回っていました。

Dscn9520 

まご②は初めての竹馬に挑戦です。お父さんに竹を持って

もらって広場の端から端まで往復しました。

Cimg9564

レストハウスの上をどんどん上がっていくと展望台がありました。

展望台から見ていると水が流れている階段が見えました。

二人とも流れに沿って走ったり、まご②は小さな流れの上を

何度も飛び越えたりしていました。

Cimg9515a

園内には栗・かき・ぶどう・いちじく・胡桃・アケビ・ヤマモモ・花梨

などの花樹が1600本も植えられているということでした。

Dscn9568

このどんぐりは「あまりおいしくないけれど少し待ってれば

おいしくなるよ。」ということで「マテバシイ」という名前が付いた

らしいです。

も落ちていてイガイガを足で踏んで少し拾いました。

Dscn9492

コブシにはこんな赤い実が付いていました。

Cimg9524

温室の中にはこんなきれいな花も咲いていました。

日本の桜には葉も花も似ていませんが「テイキンザクラ」

という名前で西インド諸島原産の常緑低木ということ

です。

Cimg9536

マダガスガル・ジャスミン

普通にジャスミンとも呼ぶようですが普通見るジャスミンより

花が少し大きくて区別するためにステファノティスと呼ぶのが

正しいとか。結婚式の花束によく使われるそうです。

気持ちのいいお天気の中でいつも忙しいお父さんと一日、

元気に遊んだ二人は大満足のようでした。

じいじとばあばもとっても楽しかったよ。ありがとう。happy01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

御神幸行列(ごじんこうぎょうれつ)

放生会の期間中、2年に1度の御神幸行列。

今年はその年にあたっており9月12日は御下りと

14日は御上りの御神幸行列が行われました。

Cimg9329a

12日の御下りは 午後6時にお宮を出発し、旧街道と

呼ばれる馬出・水茶屋・御所内・宮小路・帝大前・

網屋立筋を通り、約4時間行列は続きます。

Cimg9451

裃・烏帽子をつけた神官さんでしょうか、氏子さん

でしょうか・・・。馬が3頭、お神輿も3基。

延べ人数は500人にものぼるそうです。

Cimg9391a

御神幸行列が近づいてくるとや太鼓で到着を知らせます。

Cimg9317

火王水王(かおうすいおう)と呼ばれる御神具。 

御神幸行列の案内役の意味を持つとされています。

Cimg9441a_2

行列を構成する神具の威儀物と呼ばれる

紫指羽(むらさきのさしは)と管指羽(すげのさしは)

Cimg9335

お賽銭箱を担ぐ若者達。お賽銭を入れると賽銭箱を

上下に大きく揺らしてお礼をしてくれる。

Cimg9360

行列の中にはお稚児さんも含まれていて自分で

最後までしっかり歩いていました。草履がかわいい。

Cimg9353

町内の家の軒には「献灯(多分・・)と書かれた

ちょうちんが下げられている。

Cimg9456f_3

仕事を終えた3基のお神輿・絹傘・小鉾などが放生会の

期間中は宮内の廻廊の中に納められています。

放生会がすむと再来年の出番までは頓宮と呼ばれる

大きな建物に保管されるのではないかと思います。

又、筥崎宮の境内では月に一度の骨董市

春の桜から始まって牡丹・芍薬・ゆり・あじさい・

秋の七草の萩や桔梗の山野草など四季折々の

花々が楽しめる。「神苑花庭園」もあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

放生会

筥崎宮の秋のお祭り、放生会が始まりました。

『万物の生命をいつくしみ、殺生を戒める』神事として

今から千年も前から行われていたといわれます。

本殿から海に向かって真っ直ぐ参道が伸びてお汐井浜

と呼ばれる海岸まで約800m続きます。

Cimg9437a_2

夜になって御神幸行列を見に行きがてら境内まで足を

運びました。水笛、焼きとうもろこし、綿菓子、名物新ショウガ

などを売るお祭りならではの露店が並んでいました。

700軒を越しているとか。すごい人出でした。

Cimg9460

境内に入ると絵馬殿の中に大絵灯篭の展示が

ありました。箱崎の網屋町という町内で疫病が

流行った時に供養のために描かれたものという

ことでした。ちなみに筥崎宮はこはこちらの

町名箱崎はこです。

Cimg9435a_2

本殿に入り、お参りをして廻廊の方に向かうと博多の

知名士の方達のぼんぼりの献灯といけばなの作品が

並んでいました。

Cimg9423a_2

さらに進んでいくと管(くだ)の先端から息を吹き込むと

「チャン「ポン」と音がするという放生会名物の「チャンポン」

を展示していました。仕上げの絵付けをするのは

巫女さんです。

Cimg9425a_2

これも放生会名物の直径2センチほどの素焼きのおはじき

12日の朝、8時からお札所で売られるんですが毎年、

徹夜で並ぶ人がいるほどの人気です。

今年も12,000セットがアッというまに売り切れたそうです。

Cimg9427a_2

18日までお祭りは続きますが、神にぎわい」と呼ばれる

さまざまなイベントも境内で毎日行われます。

明日、14日は昨夜御下りをした御神幸行列の御上り行列

を見に行くことにしています。

放生会の楽しみはまだまだ続きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

大逆転でした。

福岡ソフトバンクホークスと東北楽天のナイターゲームを

見に行ってきました。

Cimg9208a

今回は飛行機の早割りのようなチケットで5,500円の

A指定席が2,000円でした。

9回の表まではソフトバンク1点リードで球場も盛り上がって

Cimg9278_2

ソフトバンク携帯CMのお父さんも通路や

Cimg9270

ダイナミックスクリーンで応援してくれていたのですが

Cimg9241

なんと9回の裏、2アウトから楽天の三郎にスリーランホームランを

打たれて逆転されてしまいました。catface

その途端、足早に帰る人達。

渋滞するのはわかりますが・・・・。

Cimg9284

しかし、9回の裏ヒットもでて球場も盛り上がりました。

Cimg9294

お父さんも必死の応援です。

Cimg9293a_3

勝利の花火を楽しみにしていたのですが・・・。

負けてしまいました。

家路を急ぐ人達の背中もちょっとガックリしてました。

Cimg9301

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

やさしく、たくさん ③

夕食後、公民館の英語クラスへ。

いつものように大リーグの応援歌

「私を野球に連れってて」を歌って始まりました。

先週くらいからやっと見ないで歌えるようになりました。

台所仕事をしながら、洗濯物を干しながら

~Take me out the ball game~notes 

ついつい口ずさんでしまいます。

やさしく、たくさんを実行すべく、中学の教科書を

見たり、基礎英語やCDを聴いたりを繰り返していますが

今、読んでいる「英会話なんてかんたんじゃん中学英語」

ビジュアルに書かれているのでとてもわかりやすいです。

Cimg9200  Cimg9206_3

覚える端から忘れるのでホントに繰り返しですが、それでも

少しずつ、頭の中が整理されてきてるような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

阿修羅展in九州国立博物館

九州国立博物館で開催中の阿修羅展に行ってきました。

10時40分に博物館に到着。

同行の友人が西鉄天神駅から大宰府までの

往復切符と阿修羅展の入場チケットセットになった

九州国立博物館切符」というのを買ってきてくれてました。

Ticket

切符売り場も長蛇の列でしたのでこのチケットのおかげで

待ち時間もかなり短かくてすみました。

別々に買うより300円お得です。それでも70分待ちでした。

西鉄大牟田線の最寄駅で買えるという事です。

そろそろお腹もすいてきた頃にやっと入館できました。

会場に入って阿修羅像を目指して進んでいくと暗い照明の

下にスリムな阿修羅像の姿が見えました。

Thumb7_2

上記の写真は国立博物館からの提供です

実際には阿修羅像の周りにサークルがあって、

その周りをつめかけた観客が監視員さんの号令の下に

2・3分おきに12歩だけ時計回りにグルグルと廻って

阿修羅像の全体を見ることができるというものでした。

私の後ろの方から

「阿修羅像を廻してくれるといいのにね。」

という声がきこえましたが

「横顔はどんなだろう?」

「後ろはどうなっているのだろう?」

六本の手はこんなふうになっているんだ。」

「お腹の辺りに筋肉がある」

などと思いながらくるくると廻って行くのは結構、

楽しくてワクワクしました。

とてもスリムで顔が小さくて「なんとも美しい今風の若者」

のような阿修羅像です。

作られた当時は真っ赤だったという正面の顔

何か考え事をしているような目とちょっとしかめ面に

見える眉の形が印象的です。

Asyuramaru95

向かって左側の顔

唇をキッと噛んだ顔は負けず嫌いだった阿修羅の

子供時代の顔なんじゃなかろうかと想像してしまいました。

Asyurahidarikao95_2

とても冷静で少し冷たそうな印象の向かって右側の顔

Asyuramigikao_2

そして足元を見るとなんと素足にサンダルです。

Asyurasandal_2

ちょっとドレープのある膝下までのスカートのような着衣や

デザインが素敵なネックレスやブレスレッドなど。

本当にファッショナブルな阿修羅像でした。confident

上記4枚の写真は九州国立博物館の季刊情報誌

アジアージュより取込み使用しました。

・記3枚は国立博物館の季刊雑誌アジアージュから込んで使用しました

木彫りよりも繊細で柔らかな表現ができるという

「脱活乾漆造(だつかつかんしつづくり)という阿修羅像の

製作過程がイラストを使いパネルで展示して

ありましたがこのパネルはとてもわかりやすくて

あの細やかな表現のわけが納得できました。

これから行かれる方、会場でこのパネルを

見逃さないようにしてくださいね。

九州国立博物館の「阿修羅展」のこの人気はなんと

いっても阿修羅像がホントに間近にそのままの姿で

見られるということだと思います。

待ち時間はもう覚悟の上でできるだけ早い時間に

会場に着くようにお出かけください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »